2016年08月04日

第314回 航海記






文●ツルシカズヒコ


 一九二〇(大正九)年六月十五日に開かれた労働運動同盟会の例会で、岩佐作太郎尼港事件パルチザンを話題にした。

 大杉はパルチザンについてこう書いている。

noe000_banner01.jpg


 パルチザンの首領が何んとか云ふ無清酒主義者で、其の秘書官がやはり何んとか云ふヒステリイ性の食人鬼、女無政府主義者だ、と事ふ(ママ/※「云ふ」であろう)やうな事も、誰も問題にはしなかつた。

 厄介な手に負へない奴は、何処ででも皆な無政府主義者にして了ふのだ。

 ただ、皆んなの注意をひいたのは、パルチザンと云ふ戦術の一形式だ。

 パルチザンは正規軍ではない。

 即ち、ちやんとした組織のある、旗鼓堂々の、立派な軍隊ではない。

 二人でも三人でも、或は五人でも十人でも、一種の自由軍を形づくつて、敵のすきを窺つては不意打ちをし、それが済めば又知らん顔をして、家に帰つて働いてゐる、と云ふ、実際厄介な、ちよつと手に負へない奴等だ。

 嘗つてナポレオンがロシアに侵入したとき、モスコオで大火に会つて……遂に退却を余儀なくされた際……此の自由軍の不意打ちに会つて、散々悩まされた。

 其の事はトルストイ『戦争と平和』なぞにも詳しく書いてある。

 ロシアのボルシェヰ゛キは、赤衛軍と云ふ正規軍を造つて、外国軍や反革命軍に対抗してゐる。

 しかし、若し此のパルチザンが十分に発達すれば、革命にはそんな常備軍の必要ななくなるだらう。

 又、革命政府などと云ふものの必要もなくなるだらう。

 尤も、其のパルチザンで、こんどのやうな虐殺ばかりやるようでは、甚だ困りものだが。


(「パルチザンの話」/北風子の筆名で『社会主義』一九二〇年九月号に掲載/大杉栄全集刊行会『大杉栄全集 第四巻』)


 また大杉豊『日録・大杉栄伝』によれば、橋浦時雄が「大杉君は日頃無政府主義ではなく大杉主義だ、と言つているとのことだが説明してほしい」と質問すると、大杉は「僕は無政府主義だ。ただ外国の主義そのままではないということだ。多少はクロポトキンの思想を基にしているが」と答えた。





 この年の六月から七月にかけて、安谷寛一が大杉宅に寄寓していた。

 大杉豊『日録・大杉栄伝』によれば、大杉が安谷を呼び寄せたのは、安谷の勉強も兼ねて『昆虫記』の翻訳の手伝いをさせるためだった。

 大杉はこまめに辞書を引く主義だった。

 大杉が鎌倉に引っ越したのは贅沢をするためではなく、債稿(原稿料を前借りしてまだ仕上げていない原稿)を片づけるためだった。

 同志の出入りが多い本郷区駒込曙町の労働運動社では、集中して仕事ができないからだ。





 村木は、毎日お勤めのように出かけては夕方になると、私にとビールを一本持って帰って来た。

 材木座の氷屋とかに手伝いに行くのだと云っていた。

 私は辞書ひき、そして野枝さんの話し相手、つまり私達に仕事を持たせて話しかけさせない手段だった。

 それに野枝さんもダアウィンの『航海記』をひねりまわしていた。


(安谷寛一「晩年の大杉栄」/『展望』一九六五年九月・十月号)





 大杉の訳稿「蟷螂の話」は『新小説』七〜八月号に掲載され、「行列虫の話」は『改造』九月号に掲載された。

 ダーウィン の『航海記』を翻訳中の野枝について、安谷はこう記している。


 丁度その頃、野枝さんはダァヰンの航海日記の翻訳をしてゐたが、その傍で寝はらばつて雑誌を読んだり午睡したりしてゐる私に、その難解なヶ所をよく尋ねた。

 それが余り熱心なので、つひ引き入れられて、ほかの字引をひいて見たりもしたが、なんでもそれは船や航海上の専問(ママ)語のやうなものなので、たいてい好い訳語は見つからなかつた。


(安谷寛一「野枝さんを憶ふ」/『自由と祖国』一九二五年九月号)





 七月二日、野枝と大杉は新橋駅の楼上にある東洋軒で開かれた、山川均・菊栄夫妻の帰京歓迎会に出席した。

 山川夫妻は均の老母が重体のため、前年十二月に一家で倉敷の均の実家に帰省、四月に老母の死を看取り、半年振りに帰京したのである(山川菊栄『おんな二代の記』)。

 七月五日『読売新聞』(朝刊)に与謝野晶子、堺真柄、山川菊栄、望月百合子、伊藤野枝、岡本かの子、堺為子の集合写真が掲載されている。



『ビーグル号航海記』


●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 17:54| 本文
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)