2016年07月29日

第308回 入獄前のO氏









文●ツルシカズヒコ

 一九二〇(大正九)年四月三日と四日、牛込区の築土八幡停留所前の骨董店・同好会で、第一回黒燿会展覧会が開催され、大杉は自画像「入獄前のO氏」を出品した(大杉豊『日録・大杉栄伝』)。


「入獄前のO氏」を、望月桂はこう評している。

 かつて曙町の家に行つた時、壁にフクロウか狸の面のような、自画像とも思はれるが自らは猫だと云ふものが筆太にぬつたくつてあるのに気づき、大杉は絵も描かせれば描く男だなと思ひ、黒燿会の展覧会の時にウンとおだて揚げたら、これが民衆芸術の見本だ、商売人には批評出来まいと力んで、二三ども説明を要する自画像を描いた。

(望月桂「頑張り屋だつた大杉」/『労働運動』一九二四年三月号)

noe000_banner01.jpg


 四月六日、大杉は和田久太郎と魔子と船で関西に旅立った。

 四月七日に神戸着、二日間、安谷寛一が間借りしている家に宿泊した(安谷寛一「大杉の憶ひ出」/『自由と祖国』一九二五年九月号)。

 安谷寛一「晩年の大杉栄」によれば、船で関西入りしたのはひとり分の汽車賃しかなかったからで、船だとひとり分の汽車賃でふたり乗れて食事つき、魔子は船賃も食事も無料だったからだ。

 トルコ帽をかぶった大杉は、この季節には寒そうは茶のレインコートを着、上着なし、女ものの肩かけを首に巻き、コートの襟を立ててボタンをはめていた。

 大杉は「うまいものを腹一杯食わして貰うため」に安谷を訪問したのだが、和田が大阪に向かった後、安谷は大杉と魔子にすき焼きを奢った。

 安谷の家に戻ると、大杉は安谷が欧州大戦の前ころから講読していた外国の新聞雑誌などに熱心に目を通し始め、その作業は徹夜になった。

 大杉はその中から借りていくものをチョイスしていたのである。

 
 朝早く雨戸をくる音がしたかと思うと、ザアザア水の音がする。

 やっと眼をさまして見ると、大杉が二階の廊下から戸外の道路に向って小便を放っていた。


(安谷寛一「晩年の大杉栄」/『展望』一九六五年九月・十月号)





 四月八日は朝九時ごろ、大杉、和田、安谷、大杉の弟・進、魔子の五人で、神戸のスラム街にある賀川豊彦宅を訪問した。

 大杉と賀川がド・フリースの「激変説((Mutation Theory)」など生物学に話に花を咲かせているときに、賀川が大杉にある質問をした。


 『大杉君、君の学説は何と云ふて定義すれば善いのだね?』

 それに対する大杉君の答は簡単であつた。

『インデヴヰヂユアリスチツク(個人主義的)・サンヂカリスチツク・アナキズム』

 大杉君が「個人主義」と「サンヂカリズム」とを並行せしめているところに彼の面目がある。


(賀川豊彦「可愛い男 大杉榮」/『改造』一九二三年十一月号)


 大杉は賀川からファーブル『昆虫記』の英訳本を六、七冊借りた。

 大杉はその後、大阪や京都で組合活動家たちなどに会い、四月十二日に帰京した。


賀川豊彦 



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



【このカテゴリーの最新記事】
posted by kazuhikotsurushi2 at 13:32| 本文
ファン
検索
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(433)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)