ファン
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ

2017年11月07日

ジム・ホールの話からトゥーツ・シールマンスのハーモニカの話へシフト

jim hall.jpg

ジェームズ・スタンリー・ホール(James Stanley Hall)ことジム・ホールは、1930年12月4日ニューヨーク州バッファローに生まれ、ニューヨークとオハイオで育っている。ニューヨーク、コロンビア、クリーヴランドと移り住んだジムは、ピアノを演奏す母から音楽の洗礼を受けている。祖父はヴァイオリン、叔父はギターを演奏していたという音楽一家だった。ジムが10歳の時、クリスマス・プレゼントに母からもらったのがギターだった。

 真剣に練習したジムは、3年後の13歳の時にはクりーヴランドの地元のバンドでプロとして演奏するようになっていた。アコーディオンやクラリネットを擁したこのバンドのクラリネット奏者からベニー・グッドマンのレコードを聴かされたジムは即座にチャーリー・クリスチャンの演奏にひきつけられることになる。ジャンゴ・ラインハルトを聴くのは大分あとになってからだったようで、初期ジム・ホ−ルにとっての一番大きな影響はクリスチャンだった。
 
 1999年には後輩パット・メセニートとの共演盤『Jim Hall & Pat Metheny』をリリースし、若いファンを惹きつけた。2000年代に入り、ベーシストたちとの共演盤『Jim Hall & Basses』を発表。ギタリストとしての健在ぶりとともに、時代を超えた存在であることを印象付けた。

 ジム・ホールはハードバップ期から現在まで、一貫してギターに対するアプローチとギターの音色そのものにこだわりつづけ、その影響はパット・メセニーをはじめ数え切れないギタリストに及んでいる。ギターという楽器の可能性を、ギターの音色そのものの中に追求しつづけたジム・ホールは時代を超えジャンルを超えた“ギターの求道者”であった。2013年12月10日、マンハッタンの自宅で死去
ジム・ホールのギター演奏は静寂、控えめさ、忍耐に特徴があるとの事!!私もそうですがロックメギタリストには無理だと思います
共演者でもあるジョー・ロヴァーノによるとホールのギターには聴衆を引き込む力があり、そのハーモニーとリズムの美しさに匹敵するのはビル・エヴァンスやエド・ブラックウェルくらいしかない。との評価まで頂いております
-----------------------------------------------------------------
1・「SUBSEQUENTLY」・5:41 https://www.youtube.com/watch?v=3quU2Qr4ktQ

2・「MISTER BLUES」・5:30 https://www.youtube.com/watch?v=jtHMXMD5Mr8

3・「PANCHO」・8:17

4・「THE ANSWER IS YES」・6:45 https://www.youtube.com/watch?v=_SNyn0JvqOg

5・「WAITING TO DANCE」 5:24 https://www.youtube.com/watch?v=Xxx9TbOGfOI

6・「I’M IN THE MOOD FOR LOVE」・6:12

7・「WHAT’S IT LIKE TO LOVE?」・ゴールディングの曲トゥーツ・シールマンスのハーモニカが聴ける。切ないなこの音色.....やるせないなぁこの音色 5:02

8・「WALTZ FOR SONNY」・トゥーツ・シールマンスのオリジナル 3:45 https://www.youtube.com/watch?v=u4YIJtPdRz0

9・「MORE THAN YOU KNOW」・7:12
---------------------------------------------------------------------
1992年オーディオ専門雑誌「STEREO」CD優秀録音 総合点9.4
----------------------------------------------------------------------

JIM HALL(g)
LARRY GOLDINGS(p、org)
TERRY CLARKES(ds)
STEVE La SPINA(b)
TOOTS TIELEMANS(harmonica)
RASMUS LEE(ts)
アマゾンで1曲につき30秒試聴できます
https://www.amazon.co.jp/Subsequently-Jim-Hall/dp/B000000FNZ/ref=sr_1_86?ie=UTF8&qid=1509935945&sr=8-86&keywords=cd+jim+hall
ジャズという枠を超えたイメージで古参の方の演奏とは信じられない「THE ANSWER IS YES」は今聴いても全く古くない時代先取りの曲です、お亡くなりになられたのは残念です、トゥーツ・シールマンスとラリー・ゴールディングのオルガンが最高!!聴いているうちに主役のジム・ホールよりもこの二人が気になってしまう(-_-;)ちなみにトゥーツ・シールマンスはジャコ・パストリアスのアルバムにも参加したこともある、もともとはギタリストとの事ですが存在感のあるハーモニカですよね、2016年8月22日、ケガのため入院していたベルギーの病院で、老衰のため死去。94歳でした、
私はハーモニカを吹けなかったがリー・オスカーといい、このトゥーツ・シールマンスといい、哀愁のあるメロディを奏でる楽器ですよね、なんなんでしょうこの寂し気な音色は?
この人のCD欲しいなと思うようになったので探してみたらいろいろ出ているんですね、
-------------------------------------------------------------

ブラジル・プロジェクト [ トゥーツ・シールマンス ]

価格:1,080円
(2017/11/7 18:16時点)
感想(0件)




トゥー・ジェネレーションズ [ トゥーツ・シールマンス ]

価格:1,007円
(2017/11/7 18:16時点)
感想(0件)




ベスト・オブ・トゥーツ・シールマンス [ トゥーツ・シールマンス ]

価格:1,944円
(2017/11/7 18:17時点)
感想(1件)




風のささやき〜ベスト・オブ・ハーモニカ・ムード《マーキュリー・フォーエバー・コレクション》 [ トゥーツ・シールマンス ]

価格:1,887円
(2017/11/7 18:17時点)
感想(1件)




ザ・ソウル・オブ・トゥーツ・シールマンス [ トゥーツ・シールマンス&レイ・ブライアント・トリオ ]

価格:1,296円
(2017/11/7 18:18時点)
感想(0件)




CD/カレイドスコープ(万華鏡) (解説付)/松岡直也 feat.トゥーツ・シールマンス&松木恒秀/WPCL-12498

価格:1,620円
(2017/11/7 18:22時点)
感想(0件)




トゥーツ [ トゥーツ・シールマンス ]

価格:1,377円
(2017/11/7 18:22時点)
感想(0件)




(LP)オスカー・ピーターソン・アンド・トゥーツ・シールマンス・ライヴ’80

価格:3,218円
(2017/11/7 18:23時点)
感想(0件)




【中古】ブラジルの水彩画/エリス・レジーナ&トゥーツ・シールマンスCDアルバム/洋楽

価格:635円
(2017/11/7 18:23時点)
感想(0件)






この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6943061
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
カンレキッズさんの画像
カンレキッズ
プロフィール

人気ブログランキングへ
楽器 ブログランキングへ 人気ブログランキングへ