2015年08月11日

ドローン、朝日に向かって海を撮る

 初めての屋外撮影に挑戦してみた。家の中での飛行に少し飽きたし、外の映像も撮ってみたい。
 朝、目が覚めるとまだ外は薄暗い。そうだ、朝日を撮ろう。目覚め直後のぼんやりした頭の中でひらめいた。早速ドローンを用意し外に出て見ると、太陽は既に昇っていた。まあ、いいか。左手にドローン右手に送信機を持ち、海岸に向かって歩き始める。仕事が夜型なので早朝に行動するのは久しぶりだ。空気がひんやりして気持ちいい。涼しい風がほんのわずかだが吹いているが凪の状態だ。この位の風ならドローンを飛ばしても大丈夫だ。海岸に到着すると、辺りはガスってる。早朝の朝靄だ。朝靄を見るとキャンプを思い出し懐かしくなる。早々にドローンをセットし、さあ上昇だ。地上は微風だが上空へ行くとやはり風は吹いている。機体をよく見てないとすぐに風に流される。機体が小さいので余り遠くへはもって行けない。飛行機と違い外観で機体の前後を判別できないので、遠く離れて小さくなるとパニクってしまう。ホバリングばかり練習していたので、通常の飛行はちょっとぎごちない。やはりドローンの機能としては撮影がメインなんだなと感じた。上空で機体を落ち着かせ早速カメラをスタートさせる。撮れた映像を見て頂きたい。静止画はそれなりに撮れている。朝日に向かって撮っているので上方が光を受けて白くなっている。左に砂防の為の防風林、右に遊歩道と堤防と海岸線が続く。



PICT1507260000b.jpg



PICT1507260004b.jpg


やはり、画素が少し物足りないが、これが九十九里の海岸線だ。



PICT1507260015b.jpg



ここは先の大震災で波の被害に遭った所だ。写真に写っているところは少し高台になっているので木は残っているが、低いところは波に洗われてしまい、全て枯れて無残な姿になってしまった。現在は少しづつではあるが回復して来ている。



PICT1507260016b.jpg



右上の海に伸びる防波堤の向こう側は、サーファーが良く集まって来る。



PICT1507260019b.jpg



 次にムービーをいくつか載せるが、撮影に慣れてないので大分映像が暴れている。ちゃんとした映像は営業メディアで見慣れているだろうから、こんな映像の方がかえって新鮮かもしれない。朝日を撮るはずだったが、カメラの取り付け角が上空からの地上撮影となっているようで、水平以上の角度の撮影が難しい。頭上げ状態で後退するような飛行をすれば撮れるのだが、その前にこのカメラで太陽が撮れるはずがない。画素は粗めだが雰囲気は撮れたような気がする。操作中のモニターができないので持ち帰ってからの映像確認だが、思った以上に良く撮れていると思った。次は何を撮ろうか。頭の中で次の映像プランを模索している。






















※画像をクリックすると拡大表示します





posted by kaz at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドローン
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/4044864
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク
access:
online:
ファン
検索
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
最新コメント
オレンジ色の猫が by オーナー (02/06)
オレンジ色の猫が by 翠星石 (01/23)
ドローンを修理する by kaz (03/14)
ドローンを修理する by obayashi (03/10)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール