2015年08月08日

世界貿易センタービルに登って

 浜松町の世界貿易センタービルは1970年に建てられた。その頃の私は東京に住んでいたのでいつでもそこに行けたが、いつでもと言う近い存在からそのビルに登ることはなく時は過ぎていった。今回、ある機会によって40年を遡り初めて40階にある展望台へと登ってみた。このビルの竣工時は日本一の高さを誇っていたが、今では辺りを見渡すとこのビルより高いものはいくらでもある。それだけ時間は過ぎたと言うことを改めて感じ、考え深い事柄を思い出していた。このブログに載せている写真は携帯電話で撮ったものであるが、そもそも携帯で写真らしいものを撮ったのは初めてである。未だ携帯で会話とメールとお財布携帯以外使ったことがない。そもそも携帯にそれ以上の機能を望んではいない。この携帯の写真機能の画素数は大きいものであると思われるが、細かい部分の画素は一部つぶれている。写真としては、一時的な記録に留める程度であろうか。ちょっと偉そうに言ってしまいました。

 新橋方面を望むと、汐留ビルディング、汐留シオサイトが見える。右のビルの後ろに見える緑は、浜離宮である。写真を撮った時には全然気がつかなかった。後での確認時に判明したことである。解っていればもっと写真を撮ったにと、悔やまれる。

DCIM0027b.JPG



 右に回転し東京湾方面へと望むと、写真の下に見える緑の庭園は「旧芝離宮」である。家に帰って調べるまでは「浜離宮」だと勘違いしていた。昔何度か訪れたことがあり、確か駅の裏手にあったと記憶していたが、「浜離宮」は裏は裏でもちょっと左方向にあった。静かな趣のある庭園で、心を落ち着けるには良い場所であった。東京湾から隅田川へと高速船が登ってきた。「旧芝離宮」の裏手に竹芝桟橋があり、今も伊豆の島々への定期船が出ている。この竹芝桟橋にも想い出がある。

DCIM0028-2-40b.JPG



建物の間に竹芝桟橋が見える。


DCIM0028b.JPG



この庭園は浜離宮と勘違いしていた、「旧芝離宮」。


DCIM0030b.JPG



品川方面を望む。眼下には山の手、京浜東北、東海道線、東京モノレールが見える。


DCIM0035b.JPG



もう少し右に回ると世田谷方面、視界が良ければ奥の方に富士山が見えるはず。


DCIM0036b.JPG



 中央に見えるはかの有名な東京タワーである。この時代の建物や塔には夢がある。これから未来に向かってと言う思いが感じられる。今の建物はと言うと「まぁこんなものか」、未来なんてあってないようなもの。昔は、21世紀はいろいろな意味ですごく良い時代になる筈だと思っていたが、現実の世の中は上り坂でなく下り坂のように思える。

DCIM0044b.JPG



右に目を向けると、こちらは赤坂方面かも。


DCIM0045b.JPG



 この展望台では結婚式も行うようで、窓にはこんな飾りがしてあった。ブログには掲載しないが、もちろんこの前で写真を撮った。

DCIM0047b.JPG













※画像をクリックすると拡大表示します






この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/4033442
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク
access:
online:
ファン
検索
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
最新コメント
オレンジ色の猫が by オーナー (02/06)
オレンジ色の猫が by 翠星石 (01/23)
ドローンを修理する by kaz (03/14)
ドローンを修理する by obayashi (03/10)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール