11361001.png
にほんブログ村 マタニティーブログ 胎教へ
にほんブログ村
086661.png
Copyright コピーライトマーク 2019-2022Asterlist
最新記事
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
9999911584pb4(200p).jpg
FC2 ブログランキング
写真ギャラリー
記事ランキング
タグクラウド
RSS取得
QRコード
maternitymark_25.jpg 260101.png maternitymark_21.jpg

2022年11月01日

【自然が教える子育て術】ママが子育てでドンと構えている理由とは?


24810322_s.jpg


エコビレッジビルダーの銀ちゃんをご存知ですか。

自然と共生する生活が正しいことを証明しているのが山納銀之輔 (さんのう ぎんのすけ)さんです。

じつは、むかし実業家だった銀ちゃんは、借金・離婚・自殺未遂とドン底の人生でした。

そこで、一念発起して森の中で狩猟生活をし始めると、徐々に奇跡が起こり始めたのです。


都会で暮らす一般の人間は、コンクリートの中で暮らしています。

自然と繋(つな)がることができません。

自然の中で生活することは、人間が自然界と共生することです。

持ちつ持たれつ支え合って生きることです。


とりあえず、銀ちゃんの体験したエピソードを聞くのが早いので、ご紹介いたします。

銀ちゃんが就農訓練校で畑を教えていた時のお話しです。

学校には、毎年20人の生徒が入学してきました。

一人ひとりの生徒には、畳(たたみ)二畳分の畑が割り当てられます。

自分の畑として好きな野菜を育てるためです。

すると、不思議なことに、毎年2名の畑だけがモリモリに作物が育つようになりました。

土は同じ、雨の量も同じ、太陽の当たり方だっていっしょです。

毎年、なぜか2名だけの畑がボワッとデカイ野菜が育ってしまうのです。


銀ちゃん:
「なに、これ、なにしたの」

生徒
「・・・・」


もう誰が見ても、明らかに差があるのです。

となりどおしの畑がジャングルと芝生(しばふ)くらい違いました。

ボワッーと現象が1年、2年、3年、4年と続きました。

やっと、5年目になったときに原因が判明しました。



なんでか・・・!

毎年、二人の生徒は何をしていたのか?



「何をしていたの!」

「何もしていませんでした」

「えーーーーーーー」



毎年2名の生徒は、何もしていませんでしたが、じつは、共通の問題を抱(かかえ)ていました。

人生ドン底に落ちた生徒たちだったのです!


・振られた彼女が親友と結婚してしまった。

・お父さんと裁判中だった。

・病院で半年の余命宣告をされた。


人間の世界で、これはヤバいという状況に陥(おちい)っていた方の畑だけが、ボワッーとなっていました。


「なんで、なんで、五年連続でしょ!」


人間界では、もうやっていけない。
生命が、枯(か)れかかっている。
弱っている人の畑には、自然界がエネルギーを注(そそ)いできたのです!


弱っている方たちが自然の中にいると、自然界がエネルギーを送ってくれる仕組みが分かったのです。


じつは、毎年畑がボワッーとなる2名の方は、食欲がなくて、いつも体が飢餓状態にありました。
ぎゃくに、お腹いっぱに、ご飯を食べていた方たちの畑は、ひょろひょろの作物しか育ちませんでした。



自然界は、バランスで繋がり合っています。

全自動で自分の目の前に、丁度良い現象がおこるようになっています。

自然動物は、だれも何も教えていないのに子供を産んで巣作りをして子育てをしますよね。

2021年の世界人口は、約78億7500万人です。

不思議ですが、どんな方でも、生活が成り立っているのです。


最近、世の中で成功している方の間でファスティングが流行しています。

一定時間、何も食べないで体を飢餓状態にする方法です。

飢餓状態になっていると、自然がエネルギーを注いでくれるというわけです。


ちなみに銀ちゃんがタンザニアに45日間いったときには、体脂肪が高い状態でした。

したがって、毎日、海にいって魚が取れませんでした。

とれたのは、ワカメだけです。

ワカメ生活が一カ月間つづきました。
体脂肪も落ちてシュッとした体になりました。
なんと、一カ月でウエスト−8pです。
標準体重になってからは、必要な分だけの魚が取れだしました。


自然界は、あなたにとっての最適化現象を起こしています。

起こることに、良いこと悪いことのレッテルはありません。

全部、普通です。

良いことが起こったときこそ普通だと思ったほうが特です。

だって、その基準が普通になるわけですからね。


モスバーガーを注文したら、フィレオフィッシュがやってきた。
→しかし、結局2個食べられた。
→「今体に必要な栄養素なんだわ」

バスに乗ろうとバス停にいったら3分早く出発していた。
→ 次のバスで席に座った。
「ゆっくり休めなさい!」ということなのね


何か現象が発生したら、意味を考えてみましょう。

自然が、あなたにとっての最善を運んでいます。

自然が教える子育てとは、あなたへの最適化現象です。

自然がみんなの命を生きています。

流れに逆らわないで自然に任せる子育をしましょう。

自然が起こしていることを信用します。

できる限り干渉しないで本人たちに任せます。

安全に配慮した上で見守る子育てです。

その変わり、ギリギリのところで支えてあげます。

結局、最後は自然が解決してくれます。

これが、ドンと構えているママたちです。




3881666_s.jpg



財布って、よく置き忘れますよね。

携帯電話は、GPS(全地球無線測位システム)があるので、探すのは簡単です。

しかし、財布は、どうしようもありません。

一時期、胎教から英会話の管理人は、電気メーカーの会社員でした。

友たちがフランスにスキーに旅行に行くと言ったので、餞別(せんべつ)を渡しました。


「フランスと言えばルイヴィトン」
「本国だと、そうとうブランド品が安く買えるんじゃない」
「スキーに行ったついでにルイヴィトンの財布も買ってきて!」
「選別あげるからさ、お願い!」


帰国した友人からは、ルイヴィトンのお店が空港から遠かったらしく、探すのに苦労したと言われました。
その当時は、バカでかいデスクトップパソコンを電話回線につないでネットを使う時代でしたから・・・

現代のようにスマートフォンでググるなんて週間は、ありませんでした。


結局、二つ折りのルイヴィトンの財布を買ってきてもらいました。

お気に入りの財布なので、クレジットカード、免許証、保険証、ポイントカード・・・

お金以外に大事なものは、全て入れていました。

その大事なお財布をサウナに行ったときにロッカーの上に置き忘れてしまいました。

戻って見たのは、約3分後くらいです。

パンパンに膨らんだルイヴィトンの財布は無くなっていました。

結構1万円札も入っていたのでショックでした。


会社の先輩に話すと、自分も同じように財布を無くしてクレジットカードを使われてしまった話しをしてくれました。

クレジットカードの被害額は、約20万円だったと言っていました。

しかし、弁護士に相談して約20万円を支払う必要がなくなったそうです。

20万円を払わなくて良いようにするのに20万円払うのですから意味がありませんよね。


自分の無くしたルイヴィトンの財布の話しですが、お金のことよりも様々な更新作業の方が大変でした。

それ以降、財布を持つ習慣がなくなりました。

また、同じ思いをしたくないからです。

お金は、今でも必要な分だけ銀行でおろして、札束と小銭をポケットに入れています。

クレジットカードは、スマートフォンに登録できますし、スイカも入れられますしね。


無くさない財布1.png


しかし、最初から強力な紛失防止タグを搭載できる財布が登場しています。

そのブランドは、「LIFE POCKET ライフポケット」 です。

「IoTテクノロジー」と「デザイン」を融合させたブランドです。

世界中にない新しいモノづくりをする会社です。


無くさない財布2.png


究極の安全性と、使いやすさを兼ね備えたお財布を販売しています。

次世代の革製品ブランドは、「なくさない財布」を実現しました。

なんと紛失防止タグを搭載したレザーバッグも取り扱っていますよ。

もう、財布やカバンを無くしても、すぐに位置がわかります。


無くさない財布3.png


気になった方は、今すぐチェックしてGPS革製品を体感してみてください!


詳細は「LIFE POCKET STORE」公式サイトから




>>LIFE POCKET STORE(ライフポケットストア)


「未来のレザーグッズ!」




スポンサーリンク









posted by taki13 at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11669595
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
The education in mum's tummy
胎教から英会話
Why can babies learn in the womb?
赤ちゃんは何故お腹の中で学習できるの?
This is called Taikyo(fetal education) in Japan.
それを日本では胎教と言います。
プロフィール
taki13さんの画像
taki13
 @ 胎教英会話レッスンで赤ちゃんがバイリンガルになり、物心つくまでにはスムーズな学習体制に入れるように A ママが安産で母乳育児にスムーズに移って子育てがしやすいように、B パパが休日には家族で出かけて子供に将来の夢を探させてあげられるように、以上のような情報の配信を心がけております。 Taikyou-Eng.
プロフィール

胎教ランキング
152127 (3).png 1543204 (5).png 1611344.png
133822.png
【月刊 のむシリカ 】 ーBack numberー
【表紙モデル】メッセージ

鈴木 砂羽(女優)
・今の自分のまま、自然体で生きていきたい

ケンブリッジ飛鳥(プロスプリンター)
・自分のリズムがあると、体調の変化に氣づきやすい

上田 まりえ(タレント)
・年を重ねた今、若い頃よりずっと自由でいられる

小田 茜(女優)
・ルールは作らず柔軟に過ごすのが今のスタイル

鈴木奈々(モデル)
・美について考えた努力することが楽しい

浅田 舞(フィギュアスケート選手)
・憧れるのは、愛情深くパワフルな母のような女性

美村 里江(女優)
・自分の体をよく観察して、いつも調子のいい状態にする

比留 川游(モデル)
・体の中からキレイにしたほうがモチベーションを保てる

内田 朝陽(俳優)
・好きなことに、丁寧にシンプルに向き合っていきたい

関根麻里(タレント)
・できることにマインドを向けて、楽しく過ごす

ヒカル(YouTuber)
・今年の目標は美しくなること

水 夏希(女優)
・今の自分を好きになるように、ポジティブに捉える

DaiGo(メンタリスト)
・自分を整えるために水を飲む

渡辺 美奈代(タレント)
・自分と向き合って、自分に合うものを選んでいく

朝倉 未来(総合格闘家)
・身体能力を高めて、もっと進化していきたい

石川 恋(女優)
・自然と触れ合っているとポジティブになる

久保 佳那子(ミュージカル俳優)
・歌う上で、潤すことはとても大切

清川 あさみ(アーティスト)
・集中力を維持するためには水分は必要

松浦 悠士(競輪選手)
・長く走り続けるためにシリカは必要

窪塚 洋介(俳優)
・腸が整うとすべてが整う
 
稲村 亜美(タレント)
・自分の体に入ってくるものだから、食事が一番大事

城田 優(エンターテイナー)
・我慢をしすぎず、緩急をつけて生きていきたい

紺野 彩夏(女優・モデル)
・食事や睡眠、基本的なことを大切にしています

枡田 絵理奈(アナウンサー)
・食事はおいしく楽しくがモットー

生稲 晃子(女優)
・食事は自分が自然と口に入れたいものを選びます

宇垣 美里(フリーアナウンサー)
・食事は意志を持っておいしいものを選びたい

長谷川 理恵(ファッションモデル)
・何歳になっても体は無限に応えてくれる

優木 まおみ(タレント)
・自分を見つめる時間を作ってあげると、心も体も変わる

田丸 麻紀(女優)
・体にいいものは前向きに摂っていきたい

永井 大(俳優)
・体を動かして汗をかくと、水も美味しく飲める

杉浦 太陽(俳優)
・よく食べよく働き、目指すのは健康寿命を延ばせる体

南明 奈(俳優)
・水を飲むと体が気持ちいい

吉田 明世(アナウンサー)
・家族のために自分の健康を守りたい

田中 美保(モデル)
・規則正しく、そして息抜きしながら、が大事

魔裟斗(元キックボクサー)
・現状維持。当たり前のことをずっとやっていく。

新山 千春(女優)
・こだわりを持つようになってから、毎日が楽しい!

芦名 星(女優)
・体に正直に生きると整っていく

矢田 亜希子(女優)
・水分で体を潤しておくと美も健康も保たれる

荻原 智子(元水泳選手)
・ずっと水にふれてきたからこそ、その大切さをつたえたい

田中 雅美(オリンピック水泳銅メダリスト)
・1日1日を丁寧に過ごすことが充実につながる

篠崎 愛(グラビアアイドル)
・そのときほっしているものを素直に取り入れている

大石 絵里(モデル)
・体の内側から潤うと全てが上手くいく

中山 エミリ(タレント)
・おおらかで愛らしい大人の女性を目指したい

藤本 美貴(タレント)
・一生続けられるようなことを毎日積み重ねていく

三船 美佳(女優)
・いつも笑顔を絶やさないことがハッピーのカギ

内山 理名(女優)
・バランスをとって気持ちよく生きる

工藤 政英(キックボクサー)
・水は、格闘家を救ってくれる

スザンヌ(タレント)
・息子と日々暮らす中で、食への意識も変わった。

佐藤 あいり(モデル)
・あの空と海のブルーは宮崎でしか味わえない

今宿 麻美(モデル)
・モデルになるきっかけをくれた宮崎は、私の原点

西島 数博(バレエダンサー)
・今の自分には宮崎の穏やかさが丁度良い

オカリナ(タレント)
・にはふいに恋しくなる魅力がある

工藤 綾乃(女優)
・日南の海辺で波の音を聞くのが幸せ

浅香 唯(女優)
・宮崎にはいつも穏やかな空気が流れている

川口 ゆりな(アイドルグループX21)
・海も山も空気も水も、宮崎の全てが好き

宮崎 宣子(アナウンサー)
・パワーチャージをしに宮崎へ

最新コメント
462428.png