2019年05月30日

5/31。ふるさと納税が変わる前の最後の日です。



広告
ふるさと納税は新しいステージへ

 ふるさと納税に関する話題です。

 一連のふるさと納税の問題は、法制化により一応の決着を見ました。
 以下の自治体では、6/1以降寄付を行っても節税はできなくなりますのでご注意下さい。

  ・静岡県小山町
  ・大阪府泉佐野市
  ・和歌山県高野町
  ・佐賀県みやき町


 処分を受けたこれら自治体側も、納得しているわけではありません。
 例えば泉佐野市は今回の措置に納得していないようで、5/31のギリギリまで寄付金を受け付けるキャンペー
 ンを開催したり、総務相に質問状を投げたりしているようです。

  ・300億円限定キャンペーン (泉佐野市)

  ・石田総務相宛てに質問状送付へ=ふるさと納税除外で−大阪府泉佐野市 (時事通信)


 他の自治体についても、6/1以降節税に使えなくなるのは分かっていますが、その処分がいつまで続くのか
 そもそも、これら自治体が「復活」することがあるのかなど、決まっていないことは山積しています。

 とはいえ、一つの決着には違いありません。ふるさと納税は今後、総務省がある程度管轄していく新しいス
 テージになることが予想されます。
 お得度は多少減っていますが、それでもまだふるさと納税が「利用しなきゃ損」の仕組みであることに代わ
 りはありません。
私も、これからも利用を続けるつもりでいます。


  s-steps-388914_960_720.jpg

どうせやるなら5/31までに

 「悪い子」の自治体がふるさと納税から弾かれるのは6/1から。
 そして同様に、6/1からいくつかの仕組みが変わるものと思われます。

 その一つは、「ふるさと納税におけるポイント還元」
 総務省はふるさと納税の返礼率を3割に規制していますが、ふるさと納税ポータルサイトから配られる各種
 のポイントやギフト券についても、この3割に入る可能性があるかもしれません。
 つまり、どうせふるさと納税をするなら5/31までに、ということです。

 5月末では年間収入がまだ未定で、自費負担2,000円で済む納税の上限額も分からない場合が多いです。
 今後の収入がどうなるのか予測もしつつ、効率的な納税を行っていきたいものです。

ふるなびでのAmazonギフト券

 まずは「ふるなび」の話題。
 ふるなびでは、Amazonギフト券の追加キャンペーンが実施中です。

 プレゼントの率は最大4%ですが、これは「ふるなびクラウドファンディング」から寄付した場合。
 通常のふるさと納税については、3%の還元率になります。

  20190403FNV3.jpg


 ふるさと納税におけるAmazonのポイント付与も、総務省が問題視しているものの一つ。
 このAmazonギフトキャンペーンも5月末までです。
 何か気になる返礼品があるのなら、今のうちということでしょう。

  ふるなび(広告リンク)
  20190530FNV1.jpg

楽天ふるさと納税では楽天ポイント

 楽天ふるさと納税でも、その人の状況によって変わりますが数%の還元があります。
 これは楽天市場で買い物をした場合と同じ還元率なのですが、Amazonギフト券と同様にこれも「還元率」
 の中に数えられる可能性があります。

 もちろんポイントが継続になる可能性もありますが、どうせなら5/31までという合い言葉は楽天ふるさと納
 税でも有効でしょう。


  楽天ふるさと納税 (広告リンク)
  

さとふるのキャンペーン

 さとふるの場合はポイント還元はありませんが、その代わりにキャンペーンが行われています。
 全員にポイントやギフト券が還元されるような仕組みは返礼率の制限に引っかかる可能性が高いと思います
 が、抽選でプレゼントが当たるようなものはどうなのか、まだ分かりません。

 もしかしたらこちらは継続する可能性がありますが、気になる返礼品があればとりあえず5/31までにという
 考え方はここでも通用すると思います。

  20190530STF1.jpg


  さとふる (広告リンク)
  さとふる




 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



2019年05月26日

明日5/27の午前10時まで! 今なら8,000円分のポイントがもれなくもらえます。



広告
楽天カードでキャンペーン中

 これは見逃していました。
 楽天カードでお得なキャンペーンが実施されています。
 期間が5/27の午前10時までと短いので、ご注意下さい。

 楽天カード(広告リンク)
 


 通常、楽天カードの発行プレゼントポイントは5,000ポイントです。
 上記のバナーでも5,000ポイントになっていますが、これが8,000ポイントに増額されています。

  20190526RAK1.jpg


 お買い物パンダトートバッグはともかく、年会費が永年無料のカードで8,000ポイントは破格。
 もしまだカードを持っていない方がいましたら、この機会に検討されてはどうでしょうか。

楽天証券+楽天カードで使える無限ループ

 昨年より楽天カードを用いて楽天証券でクレジット決済を行うと、決済額の1%がポイントとして付与される
 という画期的なサービスが始まりました。

 投資信託では現在も熾烈な手数料値下げが起きていますが、楽天証券のこれは「ポイントを考えると実質的に
 手数料がゼロ以下になる」
という衝撃的なもの。
 上限は月あたり50,000円(500ポイント)に制限されているとは言え、やらなきゃ損の仕組みです。


  20181101RAK1.png


 なお、このポイントバックが受けられるのは「楽天カードのクレジット決済による投信積立」に限ります。
 設定方法については、下記の記事もご覧下さい。

  ・画期的な楽天カード投信積立、今月の〆は11/12。積立方法を説明します。


 そしてさらに、先ほどのクレジット決済で手に入れた楽天ポイント。
 この500ポイントを再度投信購入にあてることで、楽天市場の買い物ポイントがアップします。
 クレジット決済でポイントゲット、それを投資してポイント増額、さらにポイントゲット。
 これが現在の楽天関連で使える、無限ループ技だと思っています。


  20181130RAK2.png


 詳細については、下記の記事もご覧下さい。
 なんだか都合良く楽天の経済圏に組み込まれている印象はぬぐえませんが、どうせ現在の日本ではどこかの
 経済圏に組み込まれないで生活をするのは簡単ではありません。
 それならせめて、外国ではなく国内企業の経済圏を選びたいと思っているわけです。

  ・積立投資→ポイントもらう→ポイントで投資→ポイントが増える、のループはオススメです。

マネーブリッジのキャンペーンも継続

 楽天銀行のページから楽天証券口座申込を行い、さらに口座連携(マネーブリッジ)を行うことにより、
 1,000円がもらえるキャンペーンも継続しています。

  hdg-03.png


 まずは楽天銀行、次に銀行ページから楽天証券への申し込みが必須となりますので、順番にご注意を。
 楽天銀行には下記のバナーより申し込みができますので、興味のある方はご利用いただければ幸いです。


 楽天銀行の口座開設は、こちらからどうぞ。(広告リンク)
 


 楽天カード(広告リンク)
 


 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  





<ピックアップ広告>
「実名化案件」を扱うSAMURAI
日本保証との提携により、債務保証の
付いた案件も登場!
会員登録方法はこちらをご覧下さい。
SAMURAI_banner.jpg

ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

s-SAMURAIバナーA.jpg
SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント