検索
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
あこさんの画像
あこ
のんびりノロノロマイペースな性格。何カ国も一人海外旅行を経験しているバーのマスターに「一人でも大丈夫だよ!」と背中を押され、一人旅を経験してきました。一人旅が「人生を豊かにする」という何となくの感覚で。準備不足、リサーチ不足で大変なこともありましたが、その経験は全部自分の大切な宝物です☆一緒に旅した気分になれるようなブログを書けたらと思っております。よろしくお願い致します。
プロフィール

2018年07月19日

@イタリア一人旅へ出発

入職4年目、当時30歳

10代の頃から憧れだったイタリア

その頃はまさか一人で行くなんて思っていなかった^^;

イタリアに行けるとも思っていなかった^^;;;

ですが、ここまで来たら行きたい国ベスト1の国に行きたい!

と念願のイタリア一人旅を計画



塩野七生先生は「ローマを知るにはまずギリシアから」

とおっしゃっていますので

ギリシャへ行ってからのイタリアは

とっても良い順番!

ローマ人の物語 (1) ローマは一日にして成らず

新品価格
¥2,484から
(2018/7/12 17:52時点)





死ぬまでに目の前で見たいと思っていた絵画、芸術作品を

見られるように旅行ルートを計画

ローマ2泊→フィレンツェ2泊→ミラノ→ヴェネチア2泊

→ローマへ戻って1泊の予定で

航空券、各ホテルと鉄道チケットを予約しました

イタリア地図1.png
※注:こちらの地図はおおよその位置を示すもので正確ではありません


航空券が1番安かったので

またトルコ航空にお世話になります^^

22時30分発トルコ、イスタンブール行で出発

1.jpg

前回は無かったような

フットレスト助かる

2.jpg

トルコまで12時間のフライト

安定の美味しさ、機内食

3.jpg

4.jpg

4時20分トルコ、イスタンブール着

トランジット約4時間

何回か見て回って知っている空港なので

今回はただベンチで寝て過ごした記憶

8時35分イスタンブール発、ローマへ

5.jpg

右手に見える滑走路まで

飛行機の行列に並び中

6.jpg

ようやく離陸

8.jpg

もうすぐローマの地面を踏めます

わくわく^^


読んでいただきありがとうございます!

次回、イタリア一人旅ローマ1日目書きます☆

ワイキキでビザなし英語留学【Hawaii Palms English School】





にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング

2018年07月10日

N2回目トルコ一人旅旅行費内わけ

今回は5泊で少な目だし

自炊もしてたし

航空券も安めなので

いつもより安いのでは!?

と思いきや

エフェスのツアー代が

航空券込みでけっこう高かった。。


エフェス行かないなんてあり得なかったので

後悔はありませんが^^;



☆2回目トルコ一人旅旅行費内わけ☆
 
 無題.png

お酒飲まない方はその他の部分をもっと抑えられるかと思われます。。

ご参考まで^^

あ、そして海外旅行保険は

毎回入ってますが

1万円いかない位で

旅行費に入れてません^^;



読んでいただきありがとうございます!


次回から

イタリア旅行1人旅を書き始めたいと思います☆

水着を"水着"ではなく、"ドレス"として提案【SEA DRESS】(シードレス)





にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング

2018年07月09日

M2回目トルコ一人旅最終日

本日、日本帰国予定

飛行機が19時25分発なので

丸1日動けます^^



まずは腹ごしらえ

前回のトルコ旅行で

美味しくて3回行ったお店へ!

DSC_0088.jpg

上にのっているのはマッシュポテトのようなもの?

自炊なんてしてないで

毎回ここへ来れば良かった。。

と今更

このお店へ行くためだけに

またトルコへ行きたいレベル




大満足して

ぶらり

前回観光したアヤソフィア

DSC_0089.jpg

なんだかんだ

中には入っていないブルーモスク

DSC_0091.jpg

そして

今回は買って帰りたいと思っていたランプ探しへ

たくさんあるランプ屋さんを巡り

グランドバザールを歩き回って大捜索の末

最安値を発見

ランプ4つとスペアグラスを購入

こちらのお店です↓

グランドバザール地図.png

グランドバザール、ランプのお店.png

荷物をまとめて

飛行機までの残りの時間

エジプシャンバザールの近くのお土産屋さんに寄ったり

さらにぶらぶら

DSC_0095.jpg

DSC_0096.jpg

DSC_0097.jpg

お土産を購入し終え

いろいろあった2回目トルコ一人旅も終了

2時間前に空港へ向かいます

19時25分発トルコ

0時45分着ドバイ

2時50分発成田

機内食のラムミートボール

DSC_0098.jpg

17時25分、無事日本に帰国

いろいろ書けていない部分も多々ですが

旅行を振り返らせて頂ける機会に感謝です^^



読んでいただきありがとうございます!

次回、旅行費内わけを書いて、イタリア一人旅を書き始められたらと思います☆



水着を"水着"ではなく、"ドレス"として提案【SEA DRESS】(シードレス)





にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング

2018年07月02日

Lエフェス観光その3

エフェスの遺跡から移動して

レストランへ

DSC_0072.jpg

バイキングだったと思われます

トルコ料理美味しい^^

DSC_0070.JPG

DSC_0071.jpg

レストランからの眺め

DSC_0073.jpg

たくさん食べて満腹です^^

レストランを出てまたまた大型バス移動

アルテミス神殿へ

DSC_0076.jpg

DSC_0082.jpg

こちらはアルテミス神殿?

というか神殿があった場所^^;

現在は原形がほぼないとのこと

そしてまたガイドが英語で詳しくはわからない

見つけた説明書きも英語

DSC_0079.JPG

ウィキペディアに

アルテミス神殿を見た方の

感想がのっていたので

引用失礼いたします

世界の七不思議のリストの編纂者である、
紀元前2世紀後半のシドンのアンティパトレスは
次のように表現している

『私は戦車が通りうるほど広いバビロンの城壁を見、
・・・中略・・・空中庭園も、・・・中略・・・
多くの人々の労働の結集たる大ピラミッドも、
はたまたマウソロスの巨大な霊廟も見た
しかし、アルテミスの宮
はるか雲を突いてそびえているのを見たとき、
その他の驚きはすっかり霞んでしまった
私は言った、
「見よ、オリンポスを別にすれば、
かつて日の下にこれほどのものはなかった」』
− アンティパトレス、『パラティン詩選集』9巻58

【wikipedia、「アルテミス神殿」、最終更新 2018年3月18日 (日) 15:02より引用】


えぇーーーーー!?

バビロンの城壁より

空中庭園より

ピラミッドよりすごかったんですか!?

アルテミス神殿

そこまで言われると見たかった!!

そしてその時代にあちこち行っている

世界の七不思議リスト作った方、

すごい!

本当の冒険ですね

今とは違って命懸けだったのだろうな



エフェスのツアーはここまで

大型バスでイズミールの空港へ向かいます

DSC_0085.jpg

エフェス.png

トルコは広いですね

イスタンブールに戻ったのは

けっこう日が暮れた時間だった記憶です


明日は2回目トルコ1人旅最終日^^

のんびり過ごしてしまって

買ってなかったお土産を買ったり

最後かもしれないので

美しいイスタンブールの街をうろうろする予定です^^


ここまで読んでいただきありがとうございます!

次回、トルコ2回目旅行最終日書きます☆


ホテル予約最大16%割引 Booking.comカード





にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング

2018年06月22日

Kエフェス観光その2

聖母マリアの家からまた大型バス移動

外国っぽくはない景色が続きます

バスに揺れるのは心地いい

遺跡が楽しみです^^

P1030862.jpg

エフェスの遺跡に着いて

真っ直ぐの道を進みます

見えてきたのは

え??

劇場??

P1030864.jpg

P1030870.jpg

トルコにもあるんだ!!

ギリシア・ローマ時代の遺跡!!

ローマ帝国、地中海沿岸全域を支配

の地理的感覚を身を持って知ります



劇場を見て回って

1本道に入りさらに進みます

左右には重要な遺跡と思われる瓦礫が続きます

ガイドさんの説明、全て英語なので全くわからない^^;

P1030882.jpg

P1030884.jpg

そして遠くに見えてきた

図書館の門

わくわく

これを見たかったのです!!

P1030906.jpg

P1030911.jpg

P1030916.jpg

途中、左右の遺跡に目を奪われながら

ガイドさんは脇道へ入ります

ローマ時代の遺跡?公衆トイレです

ガイドが英語でいつの時代のものかわからない

申し訳ないです。。

P1030919.jpg

公衆衛生が発達していて

市民の健康が守られていたことは

文明の発展にとっても重要ですね

そして建築技術すごい


脇道から出ると

もうすぐそこに

見上げる程大きい図書館の門

P1030925.jpg

P1030926.jpg

こちらはレプリカで

本物は博物館にあるのだそうです



そして私、勘違いしていたのですが

こちらはミレトスの市場門ではないらしい

(2年前にベルリンの博物館で見たミレトスの市場門だと思っていたのでした。。
 →ベルリン博物館島観光その2



帰りにまた、劇場を通ります

劇場から見た真っ直ぐな道

DSC_0050.jpg

こーゆー真っ直ぐな道が好きです^^

P1030933.jpg


最後に振り返った劇場

英語の説明がわからなかったので

只々肌で感じられたな

という遺跡群でした^^


大型バスに乗り込み

エフェス観光は続きます

読んでいただきありがとうございます!!

次回、エフェス観光その3書きます☆





にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング

2018年06月17日

Jエフェス観光その1

まだ暗い時間から出発

イスタンブールの空港から

何時間かで

イズミール空港へ

エフェス.png
※注:こちらの地図はおおよその位置を示すもので正確ではありません


空港からツアー会社の待機所?で待つ

長かった気がするのですが

この旅行、記録が無いのでうろ覚え

P1030843.jpg

イスタンブール発のエフェスツアー

大型バスで出発です

バスの移動が長めです

が、乗り物好きなので苦にはなりません

そして遺跡が楽しみ^^

P1030846.jpg

エフェスの遺跡観光の前に

聖母マリアの家へ

何でしょう???

聖母マリアの家って

初耳です

ガイドさんの説明、全て英語なので全然わからない

P1030851.jpg

P1030853.jpg

P1030857.jpg

こんなところに日本語の説明が

助かります^^

P1030856.jpg

読んだけどよくわからない


ここは聖母マリアが最後に住んでいたといわれる場所らしいです

エルサレムからわりと離れているけど

ありえない距離ではないのか



イスラム文化圏だけどキリスト教的観光地

トルコ人ガイドさんに聞いたら

宗教の違いは関係ないとのこと

無宗教の私と同じようにお互いの文化、宗教に興味を持つようです

そりゃそうですよね^^;



聖母マリアの家を出て、大型バスでエフェスの遺跡へ向かいます

読んでいただきありがとうございます!

次回、エフェスの遺跡観光書きます☆






にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング

2018年06月12日

Iイスタンブール散策

前回は行かなかった

ガラタ橋の向こうへお散歩

イスタンブール地図2.png
※注:こちらの地図はおおよその位置を示すもので正確ではありません


途中スィルケジ駅に立ち寄る

P1030822.jpg

橋の向こうに見えるガラタ塔へ向かいます

P1030825.jpg

橋を渡ると

お店がたくさん

こーゆー市場のような感じが好き

P1030829.jpg

P1030832.jpg

階段、坂を上がって

ガラタ塔へ

P1030835.jpg

P1030837.jpg

P1030839.jpg

P1030841.jpg

ガラタ塔へ到着

P1030838.jpg

上へは上がらずに一周しただけの記憶

帰り道、ガラタ橋から見えるジャーミー

P1030842.jpg

本当に美しい街です


只々気ままに過ごしてしまった

次の日も只々のんびり


読んでいただきありがとうございます!

2日後位にエフェスに行ったので

次回はエフェス観光から書きたいと思います☆





にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング

2018年06月10日

Hイスタンブールで買い出し&お昼ご飯

博物館に長居して

お腹が減ったので

お散歩の前にお昼ご飯を作ります^^

スーパーに買い出しへ

見たことない物たくさん^^

DSC_0020.jpg

バケツのような容器に入ったヨーグルト

大きい

ヨーグルトたくさん食べるのですね

DSC_0021.jpg


猫さんがたくさんの道

DSC_0026.jpg

意志が強そうな猫さん

どうも、おじゃましてます

DSC_0025.jpg

何軒かお店を回っていろいろ購入

P1030808.jpg

パスタを茹でます

普通のことが楽しい^^

P1030811.jpg

窓の外の鳥を見ながら茹で上がるのを待ちます

P1030812.jpg

完成♪

P1030817.jpg

いろいろ切ったり

切った野菜他.png

盛り付けた写真を撮ってない^^;

非日常の中の日常的作業

買い物も料理も楽しいな

いつもそう感じられたら良いのに^^;



腹ごしらえも済んだので

お散歩へ行ってきます^^


読んでいただきありがとうございました!

次回、イスタンブール散策書きます☆





にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング

2018年06月08日

Gイスタンブール考古学博物館観光その5

2階はギリシア・ローマ時代の展示物が中心でした


目を引く装飾↓

P1030713.jpg

P1030714.jpg

不思議な形なので印象に残ります^^



年代別のコインの展示コーナー

「紀元前5世紀から紀元後268年のコイン」↓

P1030719.jpg

P1030727.jpg

2000年以上前から精巧なコインが使われていたことに驚きです

「ビザンツ時代、491−741年」↓

P1030726.jpg

「オスマン帝国時代?」↓

P1030724.jpg

コインの変遷から支配の歴史がうかがえます





「石棺、使徒の教会のそばの帝国の墓地から
4世紀後半から5世紀前半」↓

P1030728.jpg

「皇帝Arcadiusの彫像
ベヤズィットの遺跡より、4世紀後半」↓

P1030736.jpg

P1030737.jpg

「戦う鶏を生き生きと描写したエロテス(ギリシャの神様)
タルサス(地名)、ローマ時代、2世紀」↓

P1030740.jpg

P1030742.jpg

P1030743.jpg

おそらく改修工事中で

当時は見られない展示があったのだと思われます

一通り見終えたので
(見られる部分は)

やっと外に出られる^^;

P1030795.jpg

外の空気がおいしい

5月のトルコは日本の真夏並みに暑いですが

湿気が無いのでカラっとしていて気持ちが良い


P1030704.jpg

こちらはタイル博物館

その日陰で気持ちよさそうな猫さん

P1030798.jpg

P1030797.jpg

DSC_0015.jpg

私も日陰のベンチで休憩

長かった。。

大満喫しました^^

午前中いっぱいかかりました^^;

お腹が減ったのでお昼を食べに帰ろうかな



読んでいただきありがとうございました

次回、イスタンブールで買い出し&お昼ご飯、書きます☆

スカイ・シーの格安航空券モール





にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング

2018年06月05日

Fイスタンブール考古学博物館観光その4

1階の展示は

棺に次ぐ棺

素敵だったのでもう少し載せさせてください


「パイドラ、hyppolite(ギリシア神話の神)の記述のある石棺
トリポリ、ローマ時代、2世紀末」↓

P1030775.jpg

「Sidamaraの石棺
コンヤ、ローマ時代、3世紀後半」↓

P1030777.jpg

「モザイクの床
様々な色の石とモルタル(レンガ)
イスタンブル、ローマ時代」↓

P1030782.jpg

P1030781.jpg

P1030786.jpg

すごかった。。

こんなに棺が美しいとは



1階部分を見終えて

写真↓とは違う階段を上がって2階へ進みます

P1030784.jpg



薄暗い1階の展示室とはガラリと変わって

展示物に陽がさして素敵です

「ヘレニズム、ローマ時代
紀元前3−1世紀、紀元後1−2世紀」↓

P1030707.jpg

「アーカイック、クラシカル、ヘレニズム時代
紀元前6−1世紀」↓

P1030708.jpg

P1030709.jpg

「ヘレニズム時代、紀元前4−1世紀」↓

P1030710.jpg


良い物があり過ぎてへとへとですが

展示はまだ続きます^^;;;

2度と来られないかもしれないので

この目でしっかり見ておかなくては

という気持ち



読んでいただきありがとうございました!

続きは次回、イスタンブール考古学博物館観光その5で書きます☆

Gイスタンブール考古学博物館観光その5

ZAQROBACCA トルコ製 鍋敷き タイル Artnicea社製 花柄 青色 サイズ 18cm×18cm

新品価格
¥1,200から
(2018/6/2 22:24時点)




にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング