2016年06月07日

第244回 世話女房






文●ツルシカズヒコ



 七月初めに北豊島郡巣鴨村宮仲に引っ越して来た大杉と野枝だが、九月末に野枝が大杉との第一子、長女・魔子を出産する直前のころの野枝について、大杉が『女の世界』に書いている。

 懇意の編集者である安成二郎に依頼されたようで、大杉は安成に話しかけるようなスタイルで書いている。

 まず、冒頭にこう記している。

noe000_banner01.jpg


 もう今日か明日か知れない産月の大きなお腹を抱へて、終日ごろ/\して呻つてゐるあいつに、何んの近状などゝ書き立てる程の大した事があるものか。

 そりや、書けば、いくらでも書ける。

 しかし、『ねえ、ちよいと、又こんなに動いてゝよ』などと、媚笑(びしよう)の中に一寸(ちよつと)眉をしかめて、そつと手を引きよせて擦(さす)らせて見る、と云ふやうな光景ばかり詳かにされちや、君の方で迷惑だらう。


(「野枝は世話女房だ」/『女の世界』一九一七年十月号/日本図書センター『大杉栄全集 第14巻』には「世話女房」として収録 ※『女の世界』から引用)


 なお、「野枝は世話女房だ」は「世話女房」と改題されて、安谷寛一編『未刊・大杉栄遺稿』(金星社・一九二七年十二月二十日発行)に再録されている。『未刊・大杉栄遺稿』は大杉栄全集刊行会『大杉栄全集 』(全十巻)の補遺にあたるもので、同書を含めた『大杉栄全集 』(全十一巻)は世界文庫から復刻版が発行(一九六三年〜一九六四年)されている。







 大杉は野枝の世話女房ぶりと近状を結びつけたものを書くことにした。


 あれで、君、随分世話女房なんだ。

 僕の身のまはりの事だとか、家事の事だとかには、あいつには何方(どつち)の期待も持つてゐなかつたんだ。

 勿論こんなに長い間一緒に暮らしてゐようとも思はなかつたね。

 ところが、君、すつかり当てが違つちやつたんだ。

 前の保子だつて、君も知つての通り、随分いゝ世話女房だつた。

 そして其の世話女房ぶりに僕は惚れこんだのだつた。

 しかしあの女には、それ以外に、牛を殺す的の賢夫人気質があつた。

 あいつにはそれがない。

 そしてより以上に世話女房的なんだ。


(同上)





 女中もいなかったので、水汲みと掃除は大杉が受け持って、あとの万事は野枝が大きなお腹を抱えながらやっていた。


 随分無性者のなまけ者なんだが、いざ庖丁を持つとなると、うるさいとか面倒臭いとか云ふ事はまるで知らない人間のやうになる。

 よつぽど喰ひ意地が突つ張つてるんだね。

 せつせとやる。

 お手際もなか/\見事なものだ。

 実際あいつの手料理に馴れてからは、下手な料理屋の御馳走はとてもまづくて口にはいらない。

 なに? それや僕の直観のせいだらうつてのか。

 それもちつとやそつとははひつてるだらう。

 しかし実際甘味(うま)いんだ。

 家庭料理なんぞと云ふ野暮なものぢやないんだ。

 それとも、疑ぐるんなら、近いうちにお招きしてあいつのお手料理を御馳走して見てもいゝ。

 お針も相応にやる。

 滅多にはやらんが、気が向くと、夢中になつてやる。

 此頃は、ふとんだのセルだのゝ縫ひ直しやら、産れる赤ん坊の仕度やらで、気が向くと云ふよりは寧(むし)ろ必要に迫られて、大ぶ忙しさうにやつてゐる。

 手も早い。

 やりくりもなか/\うまい。

 前には二三の仕立屋に頼んだ事もあるが、どれもこれもお気に召さんとかで、止して了つた。

 僕にしても、やつぱりあいつの縫つたものゝ方が、よほど着心地がいゝ。

 お化粧のことなどもなか/\よく心得ている。

 これも滅多にはやらんが、時々少しお湯が長いと思ふと、銀杏返などに結ひこんで薄化粧の別人のやうになつて帰つて来る。

 鼻つ先やおでこを塗り立てたり、耳のうしろや首筋に白粉をよらしたりするやうな、無様な真似はしない。

 そして、そんな時に限つて、そつと三味線を持ち出す。

 お得意は端歌(はうた)。

 酒も少しはやる。

 お芝居は大好き。

 ごひいきは左団次源之助


(同上)





 野枝は不器用で裁縫が苦手だったという通説は、どうも違うようだ。

 野枝は良妻賢母教育の一環としてやらされる裁縫を嫌悪していたのだろう。

 ただし、金の管理は苦手だった。

 どんなに困っていても、一円や二円の小使いを持っているというようなことができなかったという。


 あればあるだけパツパと費(つか)つて了ふ。

 それも自分の金と他人の金とに大した区別はなささうだ。

 なければなしでノホホンとしてゐる。

 たとえば、電車賃がなければ、二人ならば、一里でも二里でも平気な顔をしてあるく。

 若し又、一人ならば、何処へでも遠慮会釈なしに宿車を駆(か)つてあるく。

 あいつが車に乗つてゐるのを見たら、きつと懐中無一文の時と思ひたまへ。

 これを要するに、あれで若し、新しい女などゝ言われる余計な思想を持たなければ、そしてお顔の造作と出つ臀(ちり)とがもう少しどうかしてゐれば、そして又多少余裕のある家にでもゐれば、本当にいゝお神さんなんだがね。


(同上)




●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 21:13 | TrackBack(0) | 本文

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5138421
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(432)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)