ファン
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ

2019年12月07日

Dimarzio DP111 取り付けたが!!サウンド的にも見た目も浮いてる!!

dz_dp111whe.jpg

Dimarzio DP111を昨年購入してFender Japan Stratocaster に取り付けてみたがこのDP111には裏側の下部にバータイプのフェライト磁石が張り付けてある、ギターに1.5cm位の取り付け穴はあるもののピックガードが浮いているのだ、良くない!!良くないのだ!!その上フロント、センターのピックアップとバランスも悪い、リアピックアップにスイッチを倒すと突然馬鹿でかい音が出る!!それは仕方がないと思うがピックアップは下げられない、穴を掘ればいいのだがIbanez RG の時は容易く彫刻刀で掘れたが今回のFender Japan は材質が違うようで掘る事等不可能のようだ、それならばノミでこつこつと叩きながら掘り進めば?という選択肢も考えたが止めときました、

それとこのFender Japan はビンテージ・タイプとの事でピックアップ切替スイッチは三段階式のものでハーフトーン等出ない、無理矢理途中で止めればハーフトーンになるがテープで止めておかないと元通り、これを可能にするには五段切替スイッチに交換する他なさそうだ、
最近知った事だが現在販売されているStoratocasterは五段切替が当たり前との話である、遅れをとったなぁ..........悔しいです!!
5way sitch.jpg

私の所有しているものがあるがハンダ付けする部分が一列に8個並んでいてどこにどの線を付ければいいのか判断できない、ネットで似たような配線図を見つけが「裏から見た図」と言われてもどこが裏なのかも分からずに困った、が、ハンダ付けしていない箇所が並んで三か所残っている「そうか!!ここだ」この三か所のリア、センター、フロントのピックアップのリード線をハンダ付けするんだ
Dimarzio DP111を昨年購入してFender Japan Stratocaster に取り付けてみたがこのDP111には裏側の下部にバータイプのフェライト磁石が張り付けてある、ギターに1.5cm位の取り付け穴はあるもののピックガードが浮いているのだ、良くない!!良くないのだ!!その上フロント、センターのピックアップとバランスも悪い、リアピックアップにスイッチを倒すと突然馬鹿でかい音が出る!!それは仕方がないと思うがピックアップは下げられない、穴を掘ればいいのだがIbanez RG の時は容易く彫刻刀で掘れたが今回のFender Japan は材質が違うようで掘る事等不可能のようだ、それならばノミでこつこつと叩きながら掘り進めば?という選択肢も考えたが止めときました、

それとこのFender Japan はビンテージ・タイプとの事でピックアップ切替スイッチは三段階式のものでハーフトーン等出ない、無理矢理途中で止めればハーフトーンになるがテープで止めておかないと元通り、これを可能にするには五段切替スイッチに交換する他なさそうだ、
5Way.jpg

私の所有しているものがあるがどこにどの線を付ければいいのか判断できない、ネットで似たような配線図を見つけが「裏から見た図」と言われてもどこが裏なのかも分からずに困った、が、ハンダ付けしていない箇所が並んで三か所残っている「そうか!!ここだ」この三か所のリア、センター、フロントのピックアップのリード線をハンダ付けするんだ
、と、ふとDimarzio DP111のイモネジを見て「このネジ下に取りついているマグネットまで貫通している、もしかしてとれるかもしれない」とイモネジを回してみた、な、なんと、外れた!!下部マグネットが外れたのだ
外した磁石.JPG
磁石のみ.JPG
磁石無し状態.JPG

ピックガードは浮き上がらないはずとピックガードにDimarzio DP111を取り付けギター本体に乗せてみると..浮き上がる?ピックアップを止めている左右のネジが2cmで高い!!1.5cmあたりがいいかとDIYセンターで購入太さは定規で測って3cmか4cm、ぱっと見4cmと思ったが3cmも危ないと二つとも、それと測ったら4cmと思われるヘクサポールピース、帰ってネジ交換と思いきやポールピースはゆるゆる!!5cmのようだ、ピックアップを止めているネジは3cmだった
DIYセンターでは六角レンチで回すものは全て黒しかなかった、又、買いに行くのも...そうだ貫通している2cmのポールピース部分だけドリルで掘ればいいのだぁ、出ているボールピースの先端部分にペイント材を塗りピックガードで蓋をしボディにペイントが付いた部分を掘る!!おおっ俺はなんて頭がいいんだ( ´艸`).....早速実行に移す、
1,白い印.JPG

2.リアの穴.JPG

写真のようにうまい具合にペイントはピックアップの取付穴に付いた、その付いたペイントの上を掘ればハッハッハッハァ天下を取ったも同じじぁ、Dimarzio DP111本来の音ではなくなるが音が大きすぎてフロントとセンターのピックアップのバランスが良くなるのではないかと、下部にバータイプのフェライト磁石が付いていないモデルの商品名は何になるのかな?
(注:以前ハムバッカーを取り付けた事があったので穴が拡がっているのはその為です)

dz_dp111whe_2.jpg

と思いきや、厚底の高さ8mm位のマグネットを外してみたらシングルコイルにも劣る音量と音質、これでは使い物にならない、やはり初めからオリジナル通りにしないとアレンジはダメのようだ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9479801
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
カンレキッズさんの画像
カンレキッズ
プロフィール

人気ブログランキングへ
楽器 ブログランキングへ 人気ブログランキングへ