2017年02月20日

日本のことを英語で説明するのは、なぜ難しいのか?

184cabac425ab0201d951368e3f57607_s.jpg


こんにちは、不安をFunに変える、英会話向上隊、はなりです。
英語が出来る女性の収入は約4割高いと言われています。
正社員を目指すより、英語で収入アップを目指しませんか?
ここでは英会話力を身に着けるための、勉強法や、おすすめ参考書を紹介しています。

通訳ガイドになりました。

通訳案内士登録証が昨日出来上がって来ました〜!


通訳案内士として仕事をするには、試験合格後、都道府県に登録する必要があります。
必要な書類を用意して、合格証が届いたら早速、東京都庁へ。


一週間ほどして登録証が上がってきました。


意外に知らない、日本のこと。

年々受験者が増えている、通訳案内士。

しかし、日本の文化や歴史を英語で説明するのは、思いの外難しい


説明する相手は、日本のことをあまり知らない外国人。
日本人には当たり前なことも、丁寧に説明する必要があります。


普段、当たり前だと思っていることって、日本語で説明しようと思っても結構難しい。
それなのに、英語となると、ハードルはさらに上がります。


実は、恥ずかしい話、私は祝日の意味がほとんど分かっていませんでした。



祝日=休みの日。わーいヽ( ̄∇ ̄)ノ ランラン♪



・・・完全なアホです。





しかし、通訳案内士の試験では祝日の意味も勉強する必要がありました。


こないだの2月11日建国記念の日。



実は5月3日の憲法記念日と区別がついていなかったのです・・・Σ( ̄ε ̄;|||・・・


「あれ?おんなじ祝日が2回ある・・・?」


実は全然違うものだと知ったのは、通訳案内士の試験勉強中です。

37912d59b109bd7ff0cc5e27471bb0e3_s.jpg


日本を英語で説明するために必要なこと

まず、簡潔にでもいいので、日本のことを知る。
その上で、英語での表現方法を学ぶ。



この2段階を経て、やっと日本を英語で説明出来るようになります。


日本に生まれた日本人だから日本の事をよく知っている。
そう思ったら、まぁ、知らないことの多いこと多いこと。


通訳案内士を受けると決めたとき、何をすればよいのか分からず、とりあえず、日本観光通訳協会というところを訪ねてみました。

そこで薦められたのが、「新・英語で語る日本事情」という本です。

>新・英語で語る日本事情 / 江口裕之 【本】





こちらは、日本の歴史・文化・芸術・年中行事からポップカルチャーまであらゆる日本を
網羅した、日本を英語で紹介するための本
です。


日本語と英語、両方で解説がついているので、日本語で理解してから英語で学ぶことが出来ます。
また、1つ1つの説明も短いので、読みやすいです。


合格してから気が緩んでいましたが、また今後に向けて少しずつ勉強始めなきゃな〜と思っています。

まだまだ知らないことだらけ。
もう一度気を引き締めて、初めの1ページを開いてみるのでした☆

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5946136
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
  1. 1. オンライン英会話の実態!良い先生、イマイチ先生とは?
  2. 2. 無料なのにここまで使える!おすすめ英語翻訳ツール「ヤラクゼン」を使い倒す方法☆
  3. 3. もうカンに頼らない!4か月でTOEIC700点突破!アルクの「完全攻略700点コース」
  4. 4. 初めてのオンライン英会話なら日本人講師による安心のレッスン「スモールワールド」がおススメなワケ
  5. 5. 【オンライン英会話比較】4分の1の時間で英語を学べる方法?カランメソッドとは??
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
はなりさんの画像
はなり
そもそも始まりは先生の一言でした。 英語で大学行くのは無理。 そう、高校時代、私の英語の成績は学年ビリ。 無理宣告から数年後、私はあるメーカーの海外営業として、年10回ほど海外出張へ行く生活に。 行先はヨーロッパやアジアなどさまざまでした。 しかし、3年前、国内営業へと異動となり、英語を全く使わない生活に。 やっぱり英語で仕事がしたい! その思いを胸に、2016年起業し、また、プロ通訳目指して勉強しています。 英語を武器に世界と勝負する! はなりの挑戦はまだまだ続く。
ブログ
プロフィール
人気ブログランキングへ にほんブログ村 にほんブログ村 英語ブログへ