2016年05月20日

晴海ヶ丘通信に掲載予定





南あわじ市のコミュニティーバス・らんらんバスの
晴海が丘・「かもめ公園」にバス停が出来ました。

住民の日常の足として便利になりました。

毎年6月に発行する 「晴海ヶ丘」通信の
取材を受け第11号に都美人酒造が掲載される予定です。

これからも楽しんで頂け、愛されるお酒として
皆様の末永いご愛顧をお願い申し上げます。


posted by awajisima at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞

2016年05月15日

このたびの地震により被害を受けられた皆様に



このたびの地震により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
くれぐれもご自愛いただき、一日も早く回復・復旧されますことを、お祈り申し上げます。

熊本県を中心とする地震に伴い、九州地方における商品お届けに影響がでております。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。



posted by awajisima at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞

うまい本場の鱧 今が旬だぞ!



淡路島の夏の風物詩 本場の鱧がうまい!

淡路島の南方に浮かぶ沼島(沼島)が有名でシーズンを 迎えると、
淡路島特産品の玉葱も旬を迎える。

醤油ベースのダシで 鱧と玉葱を一緒に煮込んで味わう「鱧すき」が大人気!



料理と相性の良い純米吟醸がおススメ




純米吟醸 精米55% アルコール分15.0〜15.9
酒造好適米で人気の高い 兵庫県産の五百万石



2016年05月10日

おどる宝島 パスポート



おどる宝島 パスポートに都美人が紹介されました。

お得がいっぱい 情報がいっぱいのガイドブックです。


takarajima.jpg

徳島と淡路島の情報満載

お問合せは 088-621-2335 おどる宝島!パスポート事務局

――――――――――――――――――――――――――




2016年03月31日

ダム湖に映る桜 諭鶴羽ダム



いよいよ明日から4月 桜の咲く頃となりました。

都美人酒造から南へ約5キロメートルで諭鶴羽ダムへ到着。



見ごろを向かえた桜。 お花見に訪れる方も多い桜の名所です。




諭鶴羽山の北斜面の山桜。 植樹された桜が咲きそろい湖面に広がります。



今が見ごろ。週末4月2日には満開の桜が楽しめそうです。









検索
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
タグクラウド
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
れいこっぷ GMO そうじき でる 改造車・チューニングカー高額査定 みんなのブログポータル[JUGEM]JUGEM PLUS エックスサーバー株式会社 「ヘテムル」レンタルサーバー 77
ファン
最新コメント
リンク集
検索
最新トラックバック
淡路島は、国生み神話の舞台として、古事記、日本書紀に登場する、古代歴史ロマンの島で、おのころ、いざなぎ神社をはじめ各所に史跡、名刹が残されています。

江戸時代には阿波藩主蜂須賀氏の支配下に置かれ明治9年に兵庫県に編入されました。   蔵は昭和20年、島の南部の10軒が志を一つに合併。

酒銘『都美人』はその中の一軒で、 もと伏見の酒造家の商標でした。

創業当初に存在した様々な銘柄から一番響きの良い名前を採用したいわれがあります。

古来より多くの人々に詩情やロマンをかきたててきた淡路島。

平成10年には世界最長の吊り橋・明石海峡大橋がかかり華やかな脚光を浴びました。

今でも高速道路を下りて行きますと、懐かしく素朴な濃漁村の風景画が続いています。

山や丘が多いこともあって、清らかな水、澄んだ空気、深い緑、穏やかな光、 そしてそれらを包む瑠璃色の海・・・・。

そこには書き尽くせないほどの『山の幸』 『海の幸』に恵まれています。

古来『御食津国』(みけつくに)と呼ばれたこの島に、 それらを際立たせる銘酒が育まれてきているのも自然の理かも知れません。

米の持つ滋味を味と香りにどう生かすかを課題とし、酒造りの基本である山廃仕込みを創業以来かたくなに守り、時代に媚びない正統派の蔵であると自負いたしております。

山廃と速醸を併用する事により、やや厚味の酒質ながらスッキリとした中にも奥行きの深い味わいをいかし、特に燗上がりのする酒質は昔ながらの酒の神髄との評価をいただいております。

是非、淡路島の銘酒をお楽しみ下さい。

淡麗主流の時代にも時の流れにおもむかず、酒造りの本流である手間ひまかけた山廃仕込をかたくなに守り続けてまいりました。独特の奥深い味わいとキレは、特に燗上がりのする山廃ならではの旨味が湧出します。

数年前から『数を求める蔵から質を求める蔵』に大きく方向転換をはかっています。

その中には全国的にも数件といわれる「天秤搾り・てんびんしぼり」 味にまろやかさが出るといわれる「木桶仕込」にも取り組み好評をいただいております。

日本の伝承された技を大切にしながら、新しい技術を加え珠玉の酒造りに取り組んでいます。