広告

posted by fanblog

アウラタ・キンイロとラトレイユ・キンイロ

いろいろと見解が分かれる種類です。
一応 前胸に光沢がある種類がラトレイユ 光沢が弱い個体がアウラタとされ、
北東部では同所に生息し それぞれが交尾もいているそうです。
そのようなことで 当方はアウラタとラトレイユは同種で
タスマニアとオーストラリア南部の個体群をL.rutilansと分類しています。
もちろん 本当のアウラタがオーストラリア南部の個体群という可能性もあります。

タスマニアの個体群については
ビークワのキンイロ特集では先に載っていると理由でL.splendensとしていますが、
MacLeay,1885:133‐134に曰く、タイプ標本はラトレイユそのものでラベル間違いだろうとのことです。

Lamprima aurata Latreille,1817:278-279
[Type Locality] Nouvelle-Hollande←オーストラリアの昔の呼び名
[sny] Lucanus aeneus (nec Fabricius) Donovan, 1805:3-4, pl. 1,fig. [New Holland].
Lucanus coeruleus Donovan, 1805:3, pl. 1,fig. [-].
Lamprima cuprea Latreille,1817:279 [-].
Lamprima fulgida Boisduval, 1835:231-233 [Nouvelle-Hollande].
Lamprima puncticollis Dejean, 1837:193 [Nov.Holland]. [nomen nudum]
Lamprima schreibersii Hope et Westwood, 1845 :3 [new name for aenea]. [Van Diem.L.].

Lamprima latreillii W.S.MacLeay,1819:101
[Type Locality] Ins. of New Holland
[sny] Lamprima pygmaea W.S.Macleay,1819:101 [-].
Lamprima aenea (nec Fabricius) Boisduval,1835:228-230 [Nouvelle-Hollande].
Lamprima splendens Erichson,1842:108 [Vandiemensland].
Lamprima amplicollis Thomson,1862:410-411 [Morton Bay(Australia)].
Lamprima fulgida (nec Boisduval) Thomson,1862:416 [-].
Lamprima kreftii W.J.Macleay,1871:173-174 [-].
Neolamprima mandibularis W.J.Macleay,1885:139-140 [Herbert River District,Queensland].
Lamprima nigripennis W.J. MACLEAY 1885137-138 [Australia].
Lamprima sericea W.J.Macleay,1885:132 [Herbert River District of Queensland].
Lamprima violacea W.J.Macleay,1885:138 [Botany Bay].

Lamprima rutilans Erichson, 1842:109,170-171
[Type Locality] Vandiemensland
[sny] Lamprima tasmaniae Hope et Westwood, 1845:30 [Van Dieman's Land].
Lamprima aurata var. mariae Lea, 1910:131 [Tasmania:Maria Island].


記載文
Les crustaces, les arachnides et les insectes. Cuvier G.: Le Régne Animal Distribué d'aprés son Organisation pour Servir de base a l'Histoire Naturelle des Animaux
: Deterville Paris 3:1-653(278-279)

記載文
Horae entomologicae: or essays on the annulose animals
: S.Bagster. London Vol.1 part 1:1-16

記載文 Erichson, 1842:109
Beitrag zur Fauna von Vandiemensland, mit besonderer Rucksicht auf die geographische Verbreitung der Insecten
: Archiv für Naturgeschichte 8:83-287

この記事へのコメント

   
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
スポンサード リンク
プロフィール

tkyk4
主に大図鑑に載っていなかった種類について書いていこうかと思います。 見解の相違や同定間違いなどもあると思いますが、あたたかい目で見守ってください。
最新記事






スポンサード リンク
サイト内検索 http://fanblogs.jp/anotherstagbeetlesofworld/index1_0.rdf
分類カテゴリ
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。