2019年01月25日

リベラの8曲入りアルバム

この間、ブログでリベラのアルバムをご紹介しました。

リベラの来日記念盤(2012年発売のアルバム)

今回もまた、リベラのアルバムのご紹介兼感想ブログです。



生命の奇跡
(画像をクリックするとAmazonの商品販売ページに飛びます。)


私はたしか先にこちらの8曲入りミニアルバム「生命の奇跡」を聴き、
次にこの間ご紹介した「来日記念盤 エンジェル・ヴォイセズ2012」を
購入したと思います。

「生命の奇跡」の収録曲は、
「来日記念盤 エンジェル・ヴォイセズ2012」と8曲中5曲同じです。


このアルバムのタイトルでもある収録曲「生命の奇跡」は、
ドラマの主題歌として制作されたんですね。
温かいハーモニーと、大きな視点からのメッセージに癒されます。

「彼方の光」も、包み込むような優しい歌声とメロディーが良いですね。


「あなたがいるから」はリベラらしい響きで、
私たちを見守ってくれる存在について歌われていますね。

「サルヴァ・メ」はすごく好きな曲です。
サビへ向かう盛り上がりと、サビの高音のハーモニーが美しいです。


「サンクトゥス」は明るく穏やかな雰囲気と、
高音で歌っておられる方の声が良いですね。

「エターナル・ライト」もリベラらしい歌詞で壮大です。


「生まれくる日」は、静かに始まります。
神秘的な伴奏と、サビの力強い合唱がすごく綺麗な曲です。
1日の「始めと終わり」を歌われています。

「ディープ・ピース」は、英国のジョン・ラッターという方が1978年に
アメリカの教会合唱団からの委嘱を受けて作曲されたそうです。


リベラの歌声はとても綺麗で、どの曲も素敵ですが、
個人的にこのアルバムの中で特に好きな曲は
「サルヴァ・メ」と「生まれくる日」です。
深みのある歌詞と、歌や伴奏が良いですね。

ということで今回は「生命の奇跡」の感想ブログでした。





最後までお読みいただきありがとうございます。
もし宜しければ、こちらのページもご覧ください。

 ↓ ↓ ↓

リベラの来日記念盤(2012年発売のアルバム)

映画で使われたエンヤの曲

Jupiterで始まる、平原綾香さんのアルバム

卒業ソング(合唱曲)が30曲収録されたCD

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8501022
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
四月一日さんの画像
四月一日
プロフィール