アフィリエイト広告を利用しています
ファン
検索

メンズエステサロン
【エルセーヌMEN】

メタボリック対策やヒゲ脱毛など、男の魅力を引き出すエステ体験実施中!
<< 2023年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント

2023年04月21日

Hパワー:H Power FRS
4/21改訂‗1623年生れ ~ 1668年没

こんにちはコウジです!
「ヘンリー・パワー」の原稿を改定します。
今回の主たる改定は英訳の付記です。


SNSは戦略的に使っていきます。そして記述に誤解を生む表現がないかを
チェックし続けてます。ご意見・関連投稿は歓迎します。
【以下改訂した原稿です】



【スポンサーリンク】


ヘンリー・パワー:Henry Power FRS



ヘンリー・パワーの来歴


ヘンリー・パワーは日本ではあまり聞かれない名前です。
調べてみると英国物理学で「しっかりとした仕事」をしています。
それにも関わらず日本ではあまり紹介がされていません。
日本語版ウィキペディアでの紹介が無く、
紹介は英語版のみです。


実際には
「圧力と体積の関係の定式化」を考えていくともう少し後の時代に
ウィリアム・へンリーという別人も「気体の研究で出てくる」ので
注意が必要です。ヘンリーの法則はヘンリーパワーとは無関係のようです。
今回ご紹介するヘンリー・パワーは
王立協会で初めて選出された フェローの なかの1 人です。


具体的にパワーは、1641 年にケンブリッジで有名な
「クライスト カレッジ」で文学士号を得ました。
パワーは 1663 年 に王立協会のフェローに選出されています。
パワーと準男爵 ジャスティ・ニアヌス イシャムは、
最初に選出されたメンバーなのです。



ヘンリー・パワーの業績


パワーの唯一の出版された著作は「実験哲学」です。
3 冊のからなる彼の本は、それぞれ観測の方法論(corpuscularian theory)
と粒子理論を扱っています。また、
ヤコブス・グランダミクス(ジャック・グランダミ、1588–1672)
の論文に対して反論をしています。


ボイルの法則との関連も特筆すべきです。
あらかじめ行った実験で、パワーは、後に「ボイルの法則」
として知られるガスの圧力と体積の関係を発見しました。


圧力と体積の関係は、「実験哲学」で概説されています。
しかし、それにもかかわらず、「実験哲学」の出版とリチャード・タウンリーの
唯一の仕事との混同がされているようです。


ボイルの理論への言及は、「実験哲学」の出版よりも 1 年先行し、
ボイルのアイデアの上記宣伝と、貴族の科学者としてパワーは有名なので、
パワーの理論が「ボイルの法則」として知られるようになりました。


ボイルはタウンリーが唯一の研究者であると誤解して、
パワーの貢献が歴史上ほとんど失われているのです。
最後に、英語版ウィキペディアからパワーの業績部分を抜粋します。
ご参考としてください。(以下6行抜粋)


Henry Power discovered the relationship between the pressure and volume of a gas that later became known as Boyle's law. This relationship was outlined in "Experimental Philosophy". However, many may argue nevertheless that a prepublication manuscript of "Experimental Philosophy" cited the hypothesis as the sole work of Richard Towneley. Boyle's mention of the theory preceded the publication of "Experimental Philosophy" by one year, which, combined with Boyle's promotion of the idea and his significant status as an aristocratic scientist, ensured the theory would be known as "Boyle's Law". Boyle attributed Towneley as the sole researcher, ensuring that Power's contributions were all but lost to history.




【スポンサーリンク】


以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては
適時、返信・改定をします。


nowkouji226@gmail.com


2023/04/07‗初稿投稿
2023/04/21‗改訂投稿


旧舞台別まとめへ
舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介
力学関係
電磁気関係
熱統計関連のご紹介
量子力学関係


【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(2023年4月時点での対応英訳)


 Perdonal History of Henry Power


Henry Power is a name not often heard in Japan.
I looked it up and he has "a solid job" in British Physics.
Despite this, it has not been introduced much in Japan.
in addition,
There is no introduction on the Japanese version of Wikipedia,
The introduction is in English only.


in fact
Considering the "formulation of the relationship between
pressure and volume", in a little later era
Another person named William Henry also "appears in the study of gases," so
Caution is required. Henry's law seems to have nothing to do with Henry power.
Henry Power to introduce this time
One of his Fellows who was first elected to the Royal Society.


Specifically Power was founded in Cambridge in 1641 by the famous
He earned a Bachelor of Arts degree from 'Christ College'.
He had power in which he was elected a Fellow of the Royal Society in 1663.
Power and his Baronet Justy Nianus his Isham,
I am the first elected member.


Achievements of Henry Power


Power's only published work is "Experimental Philosophy".
His three books each deal with a corpuscular theory.
and particle theory. again,
Jacobus Grandamicus (Jacques Grandami, 1588–1672)
I am arguing against the paper of


He is also notable for his connection with Boyle's law.
In his preliminary experiments, power was later found in "Boyle's Law"
discovered the relationship between gas pressure and volume known as .


The relationship between pressure and volume is outlined in "Experimental Philosophy".
But nevertheless the publication of "Experimental Philosophy" and Richard Townley's
It seems that there has been confusion with only one job.


References to Boyle's theory preceded the publication of "Experimental Philosophy" by a year,
Because of the above publicity of Boyle's ideas and his power as an aristocratic scientist,
The theory of power became known as "Boyle's Law".


Boyle misunderstood that Townley was the sole researcher,
The contribution of power is largely lost to history.
Finally, I will excerpt Power's achievements from the English Wikipedia.
Please use it as a reference. (6 lines below)


Henry Power discovered the relationship between the pressure and volume of a gas that later became known as Boyle's law. This relationship was outlined in "Experimental Philosophy". the sole work of Richard Towneley. Boyle's mention of the theory preceded the publication of "Experimental Philosophy" by one year, which, combined with Boyle's promotion of the idea and his significant status as an aristocratic scientist, ensured the theory would be known as " Boyle's Law". Boyle attributed Towneley as the sole researcher, ensuring that Power's contributions were all but lost to history.



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11937818
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック