ファン
検索

メンズエステサロン
【エルセーヌMEN】

メタボリック対策やヒゲ脱毛など、男の魅力を引き出すエステ体験実施中!
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
最新コメント

2022年04月02日

中村清二【1869年10月28日〜1960年7月18日】

中村清二は福井県に生まれ東京帝国大学に進みます。そこで田中館愛橘の指導を受けるのですが、そこから先のキャリアに時代を感じました。1903年に30代で助教授の地位にあったのですが、その時代にドイツへ留学します。時代を感じた部分はその後を考えた時なのですが、中村は帰国後に博士号をとるのです。その時代の修士課程の扱いは存じませんが、博士課程を終える前に助教授として学生を指導して、留学をして、更にその後に博士号をとっていたのです。時代が違うと感じました。

中村は光学の研究で知られています。量子力学が成立してゆく時代に関連の仕事をしていき、光弾性実験やプリズムの最小偏角を研究したりしています。

また中村は地球物理学の分野でも研究を進めています。特に三原山が大正時代に噴火したときは地球内部の物理学に関心を持ちました。火山学を確立していき、三原山や浅間山の研究体制の整備に貢献しています。。

また、熱心に物理の教科書をまとめ上げる作業を繰り返しました。また、東大での講義科目の一つ実験物理学は後の我が国の人材を育て上げて物理学発展の礎を固めました。1925年に理科年表が世に出されるのですが、その際には、物理の部門でのの監修者として仕事を残しています。
また中村は定年後は八代海の不知火や魔鏡の研究を行なっています。

中村清二の人柄など
中村は妻との間に二男二女を設け得ました。
作家の中村正常は兄の子で、三原山の調査に同行したこともあしました。
正常の長女が女優の中村メイコです。
そうした多くのものを残し、中村は召されました。享年91歳の大往生です。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11319872
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック