アフィリエイト広告を利用しています

2023年12月04日

【応用・発展編】スクワットのやり方

undou_squat_woman.png


こんにちわ!(^^)/
スクワットは下半身の筋肉を強化する優れたエクササイズです。
その応用を通じて、より多くの筋群を刺激したり、トレーニングのバリエーションを増やしたりすることができます
以下は、スクワットの応用のいくつかです。
ではいってみましょう!!!

ジャンプスクワット:

通常のスクワットの動作を行いますが、最下部で力強く跳び上がります
着地の際は、軽くひざを曲げてショックを吸収し、再び次のスクワットに移ります。


ワイドスタンススクワット:

足を広めに開き、つま先を外向きに向けてスクワットを行います。
これにより、内ももの筋肉がより強く刺激されます。


オーバーヘッドスクワット:

ダンベルなどを肩に持ち上げた状態でスクワットを行います。
上半身の安定性とコアの強化に加えて、肩や上腕三頭筋も効果的にトレーニングできます。
これ、おススメ!

ピストルスクワット:

一脚で立ち、もう一方の脚を前に伸ばしてスクワットを行います。
バランスと一脚の筋力を同時に鍛えるのに効果的です。


プリップスクワット:

スクワットの最下部で一時停止し、そこから立ち上がる前に足を広げて開脚姿勢に移行します。
これにより、内ももとヒップの筋肉が強化されます。


反動スクワット:

下部で短い反動を利用して、迅速かつ力強くスクワットを行います。
注意が必要であり、正確なフォームを保つことが重要です。


これらの応用を組み合わせて、トレーニングのバリエーションを増やし、全身の筋力向上や柔軟性の向上を促進できます。
ただし、適切なフォームと注意深い動作が重要なので、初めて試す際は注意して行ってください

どうでしたか?
普通のスクワットに飽きたらやってみてはどうでしょう!
それでは!

☆12/10迄10%offクーポン☆【送料無料】ダンベル 可変式 10kg 2個 合計20kg アジャスタブル ダンベルセット 鉄アレイ プレート バーベル 筋トレ グッズ ウェイト 筋力 トレーニング ベンチプレス フィットネス スポーツ ジム ダイエット エクササイズ 運動 調整可能 de072

価格:2880円
(2023/12/4 14:21時点)
感想(221件)



ありがとうございます!
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/12331167
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
カンジさんの画像
カンジ
漢字、WEB、医療、資格、豆知識、雑学、暮らしに役立つ情報、その他色々書いてます。
プロフィール