広告

posted by fanblog

2018年05月04日

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)輪唱するカエルの合唱タクトの作り方

ニンテンドースイッチソフトのニンテンドーラボで
ジョイコンを指揮棒みたいに振って童謡「かえるの合唱」が順番に流れる
「カエルの合唱タクト」の作り方をご紹介したいと思います(・ω・´)

Nintendo Labo (ニンテンドー ラボ) Toy-Con 01: Variety Kit - Switch



こんなふうにボタンを押しながら振って
メロディーが順番に流れる装置を作ります。

タイミングが悪くもはや失敗している気がします_(:3」z)_
が、これはこういうおもちゃということでお願いします。


これは任天堂のあれではなくluneの思いつきですが
輪唱といえばカエル。カエルといえば輪唱。
カエルがたくさんいるみたいに
指揮棒を振るあいだ音が流れたらいいんじゃないかなと思って
考えてみました(・ω・`)

入力ノードは
「ジョイコンRふり」と「Aボタン押」
を使います。

中間ノードの「AND」条件を使って
「ジョイコンRふり」と「Aボタン押」が
あったときに音楽が流れるようにします。

ドレミをメロディーのように遅れて流すために
中間ノードの「タイマー」を使います。

メロディーの長さ分だけ
順番にタイマーを使ってメロディーをずらして鳴らしていきます。

ニンテンドーラボの開発画面では
下のようなイメージでノードを配置してみてください。

無題.png


1つのノードに対して16個しか枝を付けられないので、
メロディー毎で分けていきます。

ミファソラソファミ〜♪以降も
おなじように秒数を0.30秒後に開始するように
配置していけば完成です(*゚▽゚*)


伸ばす音の長さは0.30にしていますが
音の数が29個ですべて鳴らしてだいたい9秒なので
タイマーの設定範囲ギリギリになってしまうので
これ以上長くするのは難しいかと思います。


実際の画面上ではこんなふうになります。
F0D06133-CD0D-4FC3-A2CC-D45A08FBBE41.jpeg
秒数などはピッタリに出来ないので図とはちがっています。

このタイマーとか音の出るノードの
長さの設定ってぴったりの秒数にしたいのに
指で設定するしかないのでぴったりの秒数に出来ないから不便ですよね(・ω・`)
改善してもらえないかな…(・ω・`)


ドレミファミレドのメロディーの切れ目で
次のメロディーを始めるようにボタンを押していけば
音がぐちゃぐちゃになりにくいと思います( ゚д゚)
よかったらチャレンジしてみてください( ゚д゚)


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7618047
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
luneさんの画像
lune
楽器経験ゼロでソロギター始めました。 音楽用語は通じないので要注意(・ω・)
プロフィール
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
人気記事ランキング
  1. 1. 南澤先生さがし
  2. 2. 南澤大介さん個別レッスン
  3. 3. わたしのギター選び(K.ヤイリ ノクターン)
  4. 4. YAMAHA CS40J ミニクラシックギター
  5. 5. ソロギターのしらべが弾けない理由
  6. 6. 安いギターはなぜ良くないか考えてみたい(・ω・`)
カテゴリアーカイブ
ファン
リンク集
最新コメント
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。