ファン
検索
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
全磯連 関東支部さんの画像
全磯連 関東支部
プロフィール

2019年02月23日

2019年2月17日 三宅島 和田釣果

クチブト、尾長グレ絶好調の三宅島。釣果報告です。

ポイント磯クラブの例会で三宅島に入った8名。
うねりの影響により渡船はできなくってもマイペンライ。
前日に絶好調だった和田へ6名でGO!
磯釣研究会の星野さんとツル根の駐車場で合流。軽やかにツル根の崖を降り、先端に2名、ワンドに5名が並びました。

朝一番から40オーバーのクチブトが竿を曲げ、37〜38センチなんてブリ上げ。まさにシーズン真っ盛り!
9時すぎから風が変わると波が出て、バッカンごとマキエをしちゃうアクシデントもありましたが、納竿まで竿は曲がりっぱなしで、入れ食いを堪能(帰りのバッカンが重た〜い)


当日のハイライトは10時すぎ。
左の払い出しを丹念に攻めていた和田デビュー戦の稜真会員(平成15年生まれ)の仕掛けにきました。
バッカン丸ごとのマキエが効いたのか?
左の払い出しの切れ目で仕掛けが馴染んだその時、ウキが加速度をつけて海中に引き込まれ一瞬で竿は満月、道糸はキンキンと悲鳴をあげる大物のあたり。磯際の根に向かって猛烈に走る魚を柔らかめの竿でいなして、いなして・・。
真っ白なサラシの中を割って水面に浮いたのは、寒の時期ならではのデップリしたクチブトグレ。
この魚がこの日の最長寸44.2センチ。
そして、和田から駐車場まで、魚いっぱいで重たいはずの背負子をかついでも、息もきれず、足取り軽やかにかけあがっていきます。すごい。
グレ釣りならば、師匠のじっちゃんを越えたか?

↓ 稜真会員。最長寸のクチブト(おめでとうございます)
20190219-2.jpg

↓ 稜真会員。釣った魚は自分でさばきます(美しいおつくりです)
20190219.jpg

↓ 汗はボタボタ、足はガクガクで、ヘロヘロになってあがってくる会員(運動不足です)
20190219-4.jpg
20190219-3.jpg



全磯連関東支部HP
https://www.iso-tsuri.com/


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8581616
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック