甘城ブリリアントパーク第10話

地上波より1週間遅れのBS-TBSの「甘城ブリリアントパーク」です。
amaburi10-1.JPG甘城ブリリアントパークのナイター営業、スターライトワールドが開幕ぴかぴか(新しい)
来場者数もうなぎ昇りで、テレビ局の取材も相次いでます。
「もうすぐ夏休みだし更なる伸びが見込めそうね」byいすず。






amaburi10-2.JPGラティファ様も、オレンジコロッケや紅茶コロッケの商品化に向けて頑張っています。
「可児江様は どうされていますか? お忙しいですよね? 」
「はい、頑張っています」
「このコロッケを後で可児江様にも・・・」
ラティファ様、無理がたたって倒れ込んでしまいますたらーっ(汗)




amaburi10-3.JPGいすずからラティファの秘密を打ち明けられ、ラティファを見舞ったあたりから可児江が急変。
これまで以上に仕事にのめり込みます。いや、焦っていますあせあせ(飛び散る汗)
それは、周囲のスタッフが反感を持つくらいに。
「お前がイライラしてどうするふも」byモッフル。
「みんなだって努力しているのよ」
「パークが閉園されてもキャストの連中は1からやり直せばいい」
その言い草にモッフルが切れますが
「だが、ラティファはどうなる? 」

amaburi10-4.JPGモッフルは可児江が必死になるのか問います。
「俺は昔、ラティファに会っている」ラティファを見舞った時に、それを思い出したのでした。
「俺は彼女に言ったんだ。僕が助けるよ、と」
不思議なのは、ラティファが年を取らないこと・・・魔法の国の住人は年を取らないのか?
「1年ごとに記憶と成長が元に戻ってしまう呪いふも」そう言うモッフルがラティファを気にかける理由とは・・・「ラティファは僕の姪っ子ふも」
「お前が来て気が変わったふも・・・はかない終幕も結構だけどとことんあがいてみるつもりになったふも」そんな2人に朝焼けが・・・

【ライトノベル】甘城ブリリアントパーク 全巻セット (全5冊)/賀東招二/なかじまゆか/KADOKAWA(富士見書房)

価格:3,130円
(2014/12/14 08:09時点)
感想(0件)



今月のドラゴンエイジの表紙を飾るのは、リリスといすずのけしからんおっぱいコンビでするんるん

月刊ドラゴンエイジ 2015年1月号 【付録】 「甘城ブリリアントパーク」”いすず”お風呂ポスター、「トリニティセブン」”リリス”ピンナップ[本/雑誌] (雑誌) / KADOKAWA

価格:680円
(2014/12/14 08:10時点)
感想(0件)


コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
プロフィール

カズカズ
能登半島に住まいするただのおっさんです。身近なことを徒然なるままに綴っていきます。
リンク集
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント