広告

posted by fanblog

2011年09月12日

イタリアグランプリ

今年も、F1グランプリのイタリア開催がありました

サッカーなどのスポーツ観戦の盛んなイタリアですが、もちろんF1もかなり盛んです

フェラーリが優勝した時には若者達が町中をフェラーリの旗を持って練り歩く姿が見られます

日曜日は、サッカーもあるので、イタリアでモータースポーツとサッカーが好きな人はどちらも見ないといけないので大変です

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110911-00000014-fliv-moto


2011年F1第13戦イタリアGP決勝が、9月11日(日)の現地時間14時(日本時間21時)からモンツァ・サーキット(1周/5.793km)で行われ、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が圧倒的な強さで優勝。小林可夢偉(ザウバー)はリタイアとなった。

スタートでフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が4番手からトップに浮上すると、グランドスタンドに集まったイタリアのファンからは大歓声が。後方で多重クラッシュが発生し、セーフティカー導入されたが、レースが再開されると数周後にはベッテルが再び首位に立った。

しかし、レース序盤から中盤にかけて注目を集めたのはトップ争いではなく、3番手に浮上したミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)の戦いだった。最高速が非常に速いシューマッハは、巧みな走行ラインと高い最高速、ルール違反ギリギリとも言える、かつてのような闘志むき出しの走りでルイス・ハミルトン(マクラーレン)を抑えた。結局シューマッハはマクラーレン勢に抜かれたが、2007年に引退する前のような激しい走りで魅せた。

その一方、トップを取り返したベッテルは、その後一度も首位の座を譲らず。ポール・トゥー・ウィンで今季8勝目を決めた。

2位から10位までの結果は次のとおり。

2位ジェンソン・バトン(マクラーレン)、3位フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、4位ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、5位ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)、6位フェリペ・マッサ(フェラーリ)、7位ハイメ・アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)、8位ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)、9位ブルーノ・セナ(ロータス・ルノーGP)、10位セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)までがポイントを獲得した。

小林可夢偉(ザウバー)は、スタート直後の多重クラッシュに巻き込まれ、すぐに緊急ピットイン。その後、一時は10番手にまで浮上していたものの、トラブルが発生したのか、最終コーナーであるパラボリカ手前のコース脇にクルマを止め、リタイアしてしまった。
【このカテゴリーの最新記事】
posted by ガブリエル at 02:36| スポーツ全般
リンク集
ブログのためのアフィリエイト
カテゴリアーカイブ
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。