広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年03月12日

平澤さんのゲルソンパン(1本)【無塩パン/全粒粉/無添加/無精製/ブラン】

平澤さんのゲルソンパン(1本)【無塩パン/全粒粉/無添加/無精製/ブラン】 のご紹介!

無塩・無精製・無脂肪・無添加のパンです

921_product_img00.jpg


このパンは、お客様の一言から生まれました。

「家族の食事療法のため、ゲルソンパンを作ってほしい」

その期待に応えるべく、平澤さんはゲルソン食の本を読み、試作を繰り返して「平澤さんのゲルソンパン」を完成させました。

余分な材料を一切加えず、無塩・無精製・無脂肪・無添加。原材料は、南部全粒粉粗挽き、ドイツ産有機ライ麦、自家製天然酵母のみ。このパンは、お客様のために、パンそのものへのこだわりを極めた「究極のパン」です。

gerson_piece.jpg

目指したものは…

平澤さんのゲルソンパン
平澤さんは、「毎日食べても飽きないご飯のようなパン」を目指して作りました。
そして出来上がった「平澤さんのゲルソンパン」は…

一口食べた時に香るふわりとした国産全粒小麦の香ばしい「風味」

硬すぎず、柔らかすぎず、しっとりふくよかな「適度な柔らかさ」

自家製天然酵母の「重厚な酸味」と味が無限に広がる豊かな「ミネラル感」

シンプルながら、甘み・旨み・酸味のバランスがとれた、奥の深いパンが出来上がりました。


hirasawa_size.jpg

食事量を計っている方にお使いいただけるよう、薄くスライスしています。その厚さは約1.2cm。

1本あたり、約18スライスでお届けします。
1枚当たりの重さは、40g前後です。

届きましたら、冷凍庫での保管がおすすめ。自然解凍でも美味しくいただけますが、冷凍のまま焼き直していただくと、できたての美味しさが味わえます。クッキングシートで包み込んで焼き直しをすると、適度に水分が残ってさらに美味です。

また、カナッペやオープンサンドにしていただくのもおススメです。

このようにおしゃれに食べてもステキですね。

hirasawa_recipe_01.jpg

1.サルサトマテ
2.きのこのマリネ
3.アボカドディップ

など☆


【平澤さんのご紹介】
hirasawa_san.jpg


平澤さんご夫婦
欧風料理店のオーナーシェフを26年間勤め上げた後、ご自宅にてパン工房をはじめられた平澤さん。お人柄はとても誠実で、妥協を一切許さぬ職人気質な方です。パンを一つの作品として送り出すまでには、かなりの時間を費やし試作を繰り返します。

こだわりぬいた末に残った原材料は、オーガニックレーズンから起こした天然酵母、ポストハーベスト不使用の国産南部小麦粉、ドイツ産有機ライ麦粉。

「皆様の食と健康に美味しく寄与できることを心から願っています」


想いもつまったステキパンの紹介でした!




posted by popopo1143 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | パン

2015年02月17日

平澤さんのゲルソンパン(1本)【無塩パン/無添加/無精製/ブラン】

平澤さんのゲルソンパン(1本)【無塩パン/無添加/無精製/ブラン】

こだわりぬいたパン!


内容量 1本(1個当たり780g前後)
原材料 南部全粒粉粗挽き(岩手県産)、有機ライ麦(ドイツ産)、自家製天然酵母
送料 540円【常温便】

目指したものは…

平澤さんのゲルソンパン
平澤さんは、「毎日食べても飽きないご飯のようなパン」を目指して作りました。
そして出来上がった「平澤さんのゲルソンパン」は…

一口食べた時に香るふわりとした国産全粒小麦の香ばしい「風味」

硬すぎず、柔らかすぎず、しっとりふくよかな「適度な柔らかさ」

自家製天然酵母の「重厚な酸味」と味が無限に広がる豊かな「ミネラル感」

シンプルながら、甘み・旨み・酸味のバランスがとれた、奥の深いパンが出来上がりました。


タグ:無添加パン
posted by popopo1143 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | パン
ファン
検索
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
popopo1143さんの画像
popopo1143
会社を辞め、農業人を目指しています。 震災がきっかけで、食とエネルギーの自給について深く考え、いきついたところが農業でした。 3年、稲作を経験させていただきました。 完全無農薬の百姓を目指して、突っ走っています。 生産者から見た視点もおりまぜながら発信していきます。 よろしくお願いします!
プロフィール
日別アーカイブ
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。