広告

posted by fanblog

2014年08月04日

甘い誘惑

「お薬つけますか?」
皮膚科通院のある日、診察を終えた医師にそうたずねられた。その時はその言葉に優しさを感じた。
「お願いします。」と、言ってしまった。その時、とあるテレビ番組で言っていた言葉を思い出したのである。「医者の言葉に気を付けなさい。優しさに聞こえるかもしれないけど、全て点数が付きますよ。」ちょっと相談しただけでも、ちょっと聞いただけでも診察や問診、相談料としての点数が付くというのだ。この点数掛ける10円が診察料金の合計となる。看護師が来て薬をチューブから押し出し、患部に塗る。これぐらいの作業で確か800円、診療費請求書に付いていた。大失敗である。自分でこのぐらいのことは毎日やっているし、今日も出かける前に塗ってきた。家には、薬はまだたっぷりある。ちなみに通院した場合の医療費は、基本診療料(ぞくに言う基本料金で初診料や再診料、内診や触診、聴診器を使った簡単な検査も含まれる)、検査、注射、処置、投薬、手術、画像診断、リハビリテーションなど。以前「おくすり手帳」に投薬明細を張って貰ったら、投薬明細作成料が付いていたことがある。甘い言葉には気を付けた方が良い。
もうひとつ。
車のエアコンのガスが抜けてしまったので、ガソリンスタンドで補充をして貰った。送風力も弱っていたので、前日にガソリンスタンドのお兄さんにフィルタの位置を聞き、一応フィルタの掃除はしておいた。ガス圧を確認しながらガスを補充している。なんとかエアコンは復活できそうだ。ここで、もやっと変な気を起こしてしまった。自分でフィルタの掃除はやっておいたが、念のためにもう一度フィルタを見て貰おうかと。スタンドのお兄さんに、「フィルタ、一応掃除したけどちょっと見てくれる?」。フィルタを取り外し掃除が始まった。見ているとずいぶん念の入れようである。「もういいです。」と言いたいくらい細かいとこまで時間を掛けてやってくれている。フィルタのサイズは、15cmx20cmぐらいの小さく薄いもので、そんなに時間のかからない品物。「親切なことに」と、その時は単純に考えていたが、渡された伝票を見てびっくりした。エアコンガスの補充 \1728、その他の作業 \1080 とある。商売を甘く見てはいけないのである。
タグ:診療料
【このカテゴリーの最新記事】
posted by kaz at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 失敗
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/2653369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク
access:
online:
ファン
検索
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
最新コメント
オレンジ色の猫が by オーナー (02/06)
オレンジ色の猫が by 翠星石 (01/23)
ドローンを修理する by kaz (03/14)
ドローンを修理する by obayashi (03/10)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール




×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。