google-site-verification: google743e539147d617e2.html

2014年06月17日

自己規律ー事前の下調べと事後の反省



今回のテーマは以前にも具体的に解説していますが、規律という面から
再度考察してみたいと思います。

株式投資に於きましては、いろいろなデータを基にした自己ルールを作り
、そのルールに沿って計画的な売買をしていく訳ですが、売買の有無に
関わらず毎回事前の下調べを行い、相場に臨む必要があります。

つまり今現在の相場環境のチェック、確認です。如何に素晴らしい手法を
持ってしても、どんな相場環境でもエントリーしさえすれば必ず勝てる等と
いう手法はありません。

鷲.jpg

ところが一般投資家は、儲ける手法にのみ目が行きがちで、その手法を
生かす為に今が適切な環境なのかという下調べもせず、いきなりエントリー
してしまう傾向があります。相場にはトレンドとしても、上昇、下降、保合い
の3つのトレンドがあり、どのトレンドでも有効に対応できる手法等という
ものはありません。必ず手法なりの得意、不得意パターンがあり、得意な
パターンに来た時に威力を発揮するものがほとんどです。

こう考えれば、如何に事前の下調べにより相場環境を毎回チェックしていく
事が重要かわかると思います。下調べのチェック項目はトレードスタイルや
トレーダーによってまちまちですが、チャート、海外市況、政治経済状況、
企業情報等自分の売買ルールに沿った指標の確認になります。
その上で今日は本当にエントリーや手仕舞いに相応しい日なのかを確認
して相場に臨む事により、自分のルールに則った優位性の高い売買が
てきるという事です。

そして上級者は更に、売買当日場の終了後に、自分の売買日誌を記入し
当日の売買がルールに則った売買であったのか、上手くいかなかったと
すればどこが駄目で、何故そうなってしまったのかという事を、納得できる
まで反省します。これが次に同じような売買状況になった時に、大いに役
に立つという訳です。

一般投資家はなかなか下調べや事後の反省を致しません。ですから
何十回でも同じ過ちを繰り返します。いつまでたっても儲かる投資家になれ
ない理由です。上級者は時間のある無しに関わらず、必ず毎回下調べ、
反省を実行します。何故なら彼らは、株式投資をビジネスとしてやっている
からです。

うねり取りを学ぶなら ↓

【相場師朗】 7step株式投資メソッド

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング
posted by norch at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己規律
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/2472125
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
プロフィール
norchさんの画像
norch
43年勤めた会社を退職し、趣味でやっていた株式投資三昧の毎日。そんなに贅沢し美食したわけでもないのに、50歳から痛風予備軍と高血圧症。長年の医者通いにうんざりし、医療費節約も兼ねて、薬の個人輸入を始める。
プロフィール
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
最新記事
最新コメント
トレンドフォローC by 藤枝 (05/30)
トレンドフォローC by norch (05/28)
トレンドフォローC by 藤枝 (05/28)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by norch (02/26)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by フロンティアコンサルティング乙坂章子 (02/26)
カテゴリアーカイブ
リンク集