google-site-verification: google743e539147d617e2.html

2014年06月11日

建て玉操作(3)



今までは、うねり取り建て玉操作の基本である二分割売買について
説明して来ましたが、今回は多分割について少し述べてみようと思い
ます。分割売買は理論的にはいくつに分割しても可能ですが、通常は
4分割位までが一般的だと思います。勿論、つなぎ売買の場合はこの
限りではありませんし、又数万株以上の売買になれば,必然的に分割
回数も多くなって参ります。

今回は4分割の買いのケースで考えてみたいと思います。それと同じ
4分割でもプロは、1回あたりの売買株数を変えた幾つかのパターンを
持っています。例えば

    ・1−1−1−1(基本パターン)   ・1−1−2−2
    ・1−1−2−3            ・1−2−2−3
    ・1−2−3−4            ・1−2−3−5

等のパターンです。勿論、後のパターンになるほど技術的に難しくなって
行きます。パターンの中から実際に自分がやってみて、やり易いと感じら
れるものを選ぶ事が重要です。

4分割売買
4分割.png

まずは今回の4分割を1−1−2−3と計画的に買っていく事とします。チャ
ートの天井@から高値もみあって、予想どうり下落してきます。4分割なので
比較的早目の買いを考えますので、Aの陰線新値7本の翌日に一回目
1000株の会を入れます。

その後陰線新値8本を越えてもまだ日足が切り下がってますので様子見で、
やっとBのところで底練り風な動きが出ましたので、その翌日二回目1000
株の買いを入れます。その後上ヒゲとはいえ陽線が出て切り上がってきました。
ここは今回の取引の大きなポイントで、もしこのまま日足が切り上がって上昇
となった場合は、これ以降の買いは止めて2000株で上昇を取ります。
間違っても追っかけ買いをしない事が大変重要です。

実際には上昇とはならず陰線で切り下がって来ましたので、三回目の買いの
タイミングを図ります。二回目の下げから数えて陰線新値5本となった事と、
前の安値に並んで来ましたので、Cの翌日に2000株の買いを入れました。

最後の買いは2日後の陰線のタイミングで入れたいところですが、まだ日足は
切り下がってますし、ここで買いを入れて更に下がった場合は次の一手が打て
なくなりますので、様子見です。次に長い十字線が出た事と前の安値に完全に
並んだ事でいよいよ底の感じですが、上げを確認するまでは慎重に行きたい
ところです。

十字線の翌日も陽線でDの日も陰線ながら日足は切り上がってますので、ここで
三回目との値幅は余りありませんが、4回目3000株の買いを入れました。
買いの平均値はCの少し上くらいでしょうか。

株価はその後順調に上げていきます。Eのところで陽線新値8本となりますので
翌日3000株売りで利確。Fで一瞬日足が切り下がってきますので、ここで残り
を手仕舞いとするのが一般的です。ただ、ここでヘッジするか我慢ができて、
次の上げに繋げた場合は、Gの陽線上ヒゲか切り下げを確認した後のHで
手仕舞いできれば最高でしょう。次回は建て玉操作まとめです。

うねり取りを学ぶなら ↓

【相場師朗】 7step株式投資メソッド

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング




posted by norch at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建て玉操作
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/2466849
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
プロフィール
norchさんの画像
norch
43年勤めた会社を退職し、趣味でやっていた株式投資三昧の毎日。そんなに贅沢し美食したわけでもないのに、50歳から痛風予備軍と高血圧症。長年の医者通いにうんざりし、医療費節約も兼ねて、薬の個人輸入を始める。
プロフィール
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
最新記事
最新コメント
トレンドフォローC by 藤枝 (05/30)
トレンドフォローC by norch (05/28)
トレンドフォローC by 藤枝 (05/28)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by norch (02/26)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by フロンティアコンサルティング乙坂章子 (02/26)
カテゴリアーカイブ
リンク集