google-site-verification: google743e539147d617e2.html

2014年06月12日

建て玉操作まとめ



前回迄でおおよその建て玉操作について述べてきましたが、建て玉
操作は純粋な技術です。どんなに理論的に理解していても、実践でき
なければ何にもなりません。その為には安定して利益の出せる(利益
の額は問題ではありません)技術を実践練習の繰り返しを通じて、学
んで行く以外にありません。

今までの解説のようにすんなりと行く事は稀で、なかなか自分の思う
方向に進んでくれないのが相場というものです。この思うようにいかない
時あれこれと自分の中で自問自答する、今までのデータを再確認する
、自分の売買日誌を読み返して反省する、決めたルールとうりに売買
できているか、人間とは大変弱いもので、特に裁量トレードに於いては
上級者といえども気付かずにルールにはずれてしまう事もあります。

技術とは繰り返し練習する事によって、自己の精度を高めていく事です。
ですから、あきらめず、しつこく、できるようになるまでやった者勝ちです。
そして、あるレベルまで到達すると次のような事が、見えてきます。

@ 初歩の二分割売買でも、はじめは自分が思っていたほど上手にはで
   きないという事を思い知る。

A しかし、1回目、2回目と回を重ねる毎に上手になっているという事が、
   自分で判るようになる。

B 上手になってくると、まぐれて゜成功した時とは違い、自分の身に付い
   たものだ という事が自覚できるようになる。

C 失敗の時には、どこが敗因だったのかという事が判るようになる。

D 大局的な売買も、基礎的な分割売買の延長にあるものだという事が
   判るようになってくる。

E 売買は当たり前だが、自分の資金の範囲内でやるものだと自覚できる。

F 売買に一区切りが重要だという事が判ってきて、それができるように
   なる。

以上のような事が自覚できるようになって、やっと相場の世界の入り口に
立ったという事が、言えるんじゃないかと思います。相場で勝つ事は技術
を磨く事であると自覚できた時、怪しげな銘柄情報、いろいろなニュース、
他人の相場観等の雑音に惑わされない自信が形成されます。
「相場は自己責任である」という事が、本当に理解されるのです。

それでは 又。

うねり取りを学ぶなら ↓

【相場師朗】 7step株式投資メソッド

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング





posted by norch at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建て玉操作
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/2467164
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
プロフィール
norchさんの画像
norch
43年勤めた会社を退職し、趣味でやっていた株式投資三昧の毎日。そんなに贅沢し美食したわけでもないのに、50歳から痛風予備軍と高血圧症。長年の医者通いにうんざりし、医療費節約も兼ねて、薬の個人輸入を始める。
プロフィール
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
最新記事
最新コメント
トレンドフォローC by 藤枝 (05/30)
トレンドフォローC by norch (05/28)
トレンドフォローC by 藤枝 (05/28)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by norch (02/26)
書評−うねりチャート底値買い投資術 by フロンティアコンサルティング乙坂章子 (02/26)
カテゴリアーカイブ
リンク集