広告

posted by fanblog

2015年08月20日

iPS細胞と心筋細胞の研究の現在














キーワード
iPS細胞 心臓 心筋細胞






ジャスダック(JASDAQ)上場の、

非臨床試験や、臨床試験の

医薬品等開発支援などを提供している、

長野県伊那市西箕輪の、

イナリサーチ株式会社 」(証券コード:2176)が、

2015年8月17日に、

iPS細胞(induced Pluripotent Stem cells:人工多能性幹細胞)を

利用した心筋梗塞の治療法に関して

信州大学との共同開発を進め、

動物実験で一定の効果を確認されたことに関して、

発表されていました。


 * 2015年8月20日確認時点
   株式会社イナリサーチ の公式サイト内  
  「 投資家向け情報 」内の、
  「 IRニュース :2015年8月17日
   iPS細胞を用いた再生医療技術の開発について
」 
   で詳細を確認できると思います。









[ スポンサードリンク ]




マネックス証券なら初心者の私でも気軽でおトク。










iPS細胞から作成した

心筋細胞を(動物実験で)心筋梗塞部に移植する事により、

心臓機能を取り戻そうとする研究をしており、



 当該心筋細胞について当初目標の

 移植12週間以上の生着を確認し、

 マイクロCT等により心機能の改善が確認




 * 2015年8月20日確認時点
   株式会社イナリサーチ の公式サイト内  
  「 投資家向け情報 」内の、
  「 IRニュース :2015年8月17日
   iPS細胞を用いた再生医療技術の開発について(PDF)
」 
   参照


されたようです。





心筋梗塞後のリハビリや、

心不全の方に対する

心臓リハビリテーションに領域で従事されている、

理学療法士PTや作業療法士OT、

心臓リハビリテーション指導士(心臓リハビリ指導士)

の方は、

経験的にわかるかもしれませんが、

カテーテル技術をはじめとした

医療技術の進歩により、

心筋梗塞後も、

命が助かり、

リハビリや服薬を継続しながら、

生活されている方もおられます。






心臓の機能が低下することで、

場合によっては、

起立運動をはじめとして、

日常生活の運動に困難さを抱えておらえる方も

いらっしゃるので、

今後のiPS細胞などの研究により、

こういった方々に対しても、

何かしらの良い方向に結びつくような

結果がでてくることを期待したいと思います。








ここからは、

勝手な想像の話になりますが、

iPS細胞などの再生医療により、

ヒトの心筋細胞の移植がされることになっても、

リハビリテーション従事者の方の行うこととしては、

現在のように、バイタルサイン(血圧、脈拍、SpO2、ECG)の

変化を確認しながらの運動量や運動負荷の調整や、

継時的な体重変化、尿の排泄状況、自覚症状の状態、

BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド :Brain Natriuretic Peptide)

をはじめとした各種検査値などの状況を確認し、

リスク関連しながら

運動療法や日常生活活動などの工夫の

支援をするなどと、

あまり変わらないのかもしれません。






ただ、

iPS細胞の生着過程と

その他検査データなどとの関連性や、

運動負荷などの関連性などの

知見は蓄積されるのではないかと思います。








このサイトでも

iPS細胞や、

ES細胞(胚性幹細胞 Embryonic Stem Cells:ES Cells)に関連する話題を


右向き三角1ヒトES細胞と小脳組織 | 未来のリハビリテーションは?


右向き三角1再生医療とiPS細胞の現在 | 軟骨組織の治療


取り上げさせていただいていますが、

筋肉、軟骨、脳組織など、

幅広い組織への

応用についての研究が日々行われているようであり、

今後の動向が気になりますね。







[ iPS細胞関連の書籍など ]


iPS細胞関連の学習などに



iPS細胞 不可能を可能にした細胞 (中公新書)





山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた





NHKスペシャル “生命"の未来を変えた男 山中伸弥・iPS細胞革命 [DVD]





ビックリするほどiPS細胞がわかる本 ES細胞やiPSといった万能細胞の基礎知識から再生医療の可能性まで (サイエンス・アイ新書)






iPS細胞の世界-未来を拓く最先端生命科学- (B&Tブックス)





実験医学増刊 Vol.33 No.2 再生医療2015 幹細胞と疾患iPS細胞の研究最前線〜飛躍する基礎研究 加速する臨床への挑戦






ES・iPS細胞実験スタンダード〜再生・創薬・疾患研究のプロトコールと臨床応用の必須知識 (実験医学別冊)





別冊「医学のあゆみ」 iPS細胞研究最前線 疾患モデルから臓器再生まで





























[ スポンサードリンク ]







日経225先物取引はフジトミ








「トレーダーズ・プレミアム」業界最高水準の株式情報サービス






                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog











トピックス | リハビリ関連書籍のレビュー.blog.png








右向き三角1サイトマップ


右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1リハビリ関連雑誌(一覧)


右向き三角1リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ


右向き三角12015年 | リハビリ関連書籍の新刊


右向き三角1リハビリ関連DVD学習教材 特集


右向き三角1医学・リハビリ | スマホ(Android・iOS)アプリ


右向き三角1リハビリ機器の現在 |「デジタルバランストレーナー」って?


posted by RehaBookReview at 11:55 | トピックス
検索
最新記事
サイトポリシー/免責事項
RehaBookReviewさんの画像
RehaBookReview
プロフィール
姉妹サイト
RehaPockke|リハポッケ.png
RehaPockke | リハポッケ
リハビリテーション関連職種の方とって、日々の臨床業務や研究などの傍に活用できるPocketポケットのような、サイトをつくっていきたいと思います。


[ スポンサードリンク ]



メニュー | リハビリ関連書籍のレビュー.blog


サイトマップ

プロフィール・サイトポリシー・免責事項

TOPページ

コンテンツ(一覧)

リハビリ新刊書籍

リハビリ本の書評

ニュース

トピックス

医療・介護系求人

ー PT/OT/ST等のリハセラピスト関連の転職・求人サイト比較 更新♪

タグクラウド
QRコード
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。