広告

posted by fanblog

放射性同位元素の半減期とその利用・応用

半減期

3H…12.3年 (水素化合物の追跡)

14C…5730年 (炭素化合物の追跡、年代測定に利用)

18F…110時間 (18F–FDGとしてPETに応用)

32P…14日 (リン化合物の追跡)

35S…87日 (硫黄化合物の追跡)

51Cr…23日 (臨床血液学への応用)

59Fe…45日 (臨床血液学への応用)

60Co…5年 (放射線殺菌、放射線治療に便利なγ線源となる)

99Mo…67時間 (ミルキングの基となるRI)

99mTc…6時間 (99Moからミルキングにより得られる。SPECTに応用)

123I…13時間 (甲状腺疾患の検査)

125I…60日 (甲状腺疾患の治療

131I…8日 (甲状腺疾患の検査)

※赤は低エネルギーβ−線をだすため、液体シンチレーションカウンタに◎


【放射化学の最新記事】

この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。