広告

posted by fanblog

利尿薬の注意点

一般に利尿薬は,むくみ;浮腫(心性浮腫,腎性浮腫,肝性浮腫)をとる目的や
高血圧の治療に用いられる。


利尿薬は大きく分けて

1)チアジド(サイアザイド)系利尿薬
2)ループ利尿薬
3)K保持性の利尿薬
4)炭酸脱水素酵素阻害薬:アセタゾラミド(商品名:ダイアモックス)
5)浸透圧性利尿薬

がある。


尿量の増加は,ナトリウム排泄とリンクしているため
ナトリウム排泄,カリウム排泄を同時に亢進させる
チアジド,ループは低ナトリウム,低カリウム血症に注意する必要がある。

具体的には

チアジド系利尿薬
トリクロルチアジド(商品名:フルイトラン
ベンチルヒドロクロチアジド(商品名:ベハイド

ループ系利尿薬
フロセミド(商品名:ラシックス,オイテンシン)
ブメタニド(商品名:ルネトロン)
ピレタニド(商品名:アレリックス)
アゾセミド(商品名:ダイアート
トラセミド(商品名:ルプラック

などがある。

低カリウム血症のときは
・身体がだるい
・筋肉に力が入りにくい
・便秘がちでお腹が張る
・脈が乱れる
といった症状がでてくる。


低ナトリウム血症のときは
・身体がだるくなって喉が渇く
・頭痛,悪心
・意識の低下
といった症状がでてくる。



なので,これらの薬を服用するときは
カリウムの多く入った食物,果物や生野菜などを多めに摂るように
心がける必要がある。


カリウム保持性の利尿薬に分類される
・アルダクトンA(成分名:スピロノラクトン)
・ソルダクトン
・トリテレン
・セララ
(いずれも商品名)
では低カリウム血症の心配はいらないが,逆に高カリウム血症に注意する。
高カリウム血症でも脈が乱れる,といった症状がでる。


特にACE阻害薬(セタプリル,カプトリル,アデカット,インヒベース,レニベース,ゼストリル,タナトリル,チバセン,コバシル,エースコール,コナン,オドリック,プレラン)を併用している高血圧患者では血清カリウムは上昇しやすいので要注意である。



ローヤルゼリーを1粒あたり800mg配合!「ローヤルゼリー粒 ゴールド800」


こだわりの原料を配合!やわたの【熟成にんにく卵黄】






この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。