2018年01月25日

運を上げる方法


ポーポー・ポロダクションは「運」を

色々と科学的に論理的に解明できないか

研究しています。

アニメとかドラマでよく言われている

「この世に偶然はない」

という考え方は疑っていて

むしろ「世の中は偶然だらけ」だと

思っています。

その「偶然」の中にわずかながら

必然的な強い流れみたいなものがあるのでは

と思っています。

この流れは個人差があり

ゆるやかな人、激流の人

細い人、太い人と様々です。

偶然とこの流れがぶつかるときに

本人の意思に関係なく

流れていく組み合わせや

めぐり合わせを「運」とよんでいるのかなと思っています。

この「運」、つまり巡り合わせを

よくする方法は科学的にわかっているものも

わかっていないものも含めて本当にたくさんあるのですが

今日はその中でひとつわかっているものを紹介します。

それは「気づき」です。

なんとなく流れでも空気感でも

その傾向を掴める人は

運を見逃さない。

よく「ポジティヴ」な考えが運をあげるようなことを言いますが

「ボジティヴ」な考えは確かに好循環な回路を作るのですが

それだけでなく

「ボジティヴ」な考えの人は「気づける」ことが多いと

見えるのです。

巡り合わせの流れを敏感に察知して「気づけること」

自分が向っている先が見えることに繋がると

思います。

運が悪い人はだいたい何か人のせいにしていることがあり

視野が狭くなっていることが多かったり、

余裕がなくて、目が見えなくなっていることがあり

気づけない。

運が悪いと思い人は

もっと視点を広くもってみて

他人の視点や気持ちになることが大事です。

10.png


視野が狭くても運の強い人がいますが

そうした人は一時的なものか

脆さがあります。

まだ仮説のひとつですが

色々と裏付けや根拠をさがしています。

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7238384
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
プロフィール
ポーポー・ポロダクションさんの画像
ポーポー・ポロダクション
ポーポー・ポロダクションという遊び心ある企画を考える仕事をしています/色彩心理/心理学/行動経済学/キャラクターデザイン/企業の問題を心理学を用いて解決する心理学研究者/よく地下鉄のドアに挟まれる/代表書籍「マンガでわかる色のおもしろ心理学」「デザインを科学する」「マンガでわかるゲーム理論」「マンガでわかる行動経済学」「パンダ先生の心理学図鑑」
プロフィール
最新記事
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
ポーポー・ポロダクションのHP
http://paw-p.com

【ポーポー・ポロダクションの書籍です】
idea.jpg
『アイデアの科学』 (SBクリエイティブ/定価1,080円(税込)) アイデアの作り方を経験則ではなく心理学と脳科学の知見から科学的に解説した本。アイデアを論理的に「作り」「魅せて」「伝える」技術が満載です
panda.jpg
『パンダ先生の心理学図鑑』 (PHP研究所/定価1,296円(税込)) 心理学の達人パンダ先生が心理効果を解説してくれる楽しい図鑑。個人差、男女差や使える裏技も紹介。簡単に読めて深い知識が得られます。

【広告PR】

丸善・ジュンク堂さんと連動した信頼の大手書店(紙の本・電子書籍)
国内最大級のhonto電子書籍ストア!



ポーポーの書籍もマンガも揃う!無料サンプルもある
【DMM.com 電子書籍】



真面目な人は覗かないでください。すべてのコミックが立ち読み無料!(SBクリエティブ)
◆ハーレクイン ライブラリ◆



マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】



19-1.jpg


◆メンタルケアハーブティー◆
・100%オーガニックでリラックス
・自律神経専門整体院での採用実績
・今なら980円(50%OFF)

◆トゥルースリーパー◆
・人間工学にもとづいた今までのまくらの概念を超えた新しいまくら


◆フジテレビの動画FOD◆
・動画が5,00本以上
・31日間無料おためし
・「古畑任三郎」「昼顔」も見放題
・人気ファション誌、週刊誌、コミックスも読める