プロフィール
Chiku-Hachiさんの画像
Chiku-Hachi

筑前屋番頭。借りたい時手を貸すモノ。

リンク集

おすすめSHOP

くる天 人気ブログランキング
ブログランキング

最近の記事


2017年02月03日

本日(2/3)は節分!そして…

● 本日(2/3)は節分!そして明日は立春ですね…

Setsubun,bean and mask of ogre,Katori-city,Japan via wikimedia commons

本日(2/3)は節分です。 即ち、明日(2/4)は二十四節気の一つ、正節・「立春」です。 「春の気立つ」と言う様に、こよみの上では明日が春の始まり、という事になりますね。

暦の話で思い出したのですが、今年は閏年でしたね。 「え?それは去年だろう?」と思ったアナタ! 実は本年は所謂「旧暦」では「閏年」なんです。 その証拠(と、言うのもヘンですが…)に、今年は所謂旧正月が来るのがなんだかちょっと早いな、 等と感じませんでしたか?

一体これは如何いう事かと言いますと、 本ブログではこれまでにもしばしば取り上げてきた事なのですが… 所謂「旧暦」(通常は天保暦を指します)は、太陽太陰暦と呼ばれるモノで、 一太陽年を(地球の)月の朔望によって分割し、 二十四節気によって太陽の年周運動によって起こる季節と、月々のズレを修正する、と云う仕組みとなって居ります。

この辺りの詳細については、本ブログで中途半端で不確実な説明をするよりも、 www上に数多存在する権威ある、優れたドキュメント等をご参照頂くとして、 要点だけ掻い摘んで記しますと…

■ P.R.

先ず、ある朔(「さく」=新月、「ついたち」と読み下しますね)から月の朔までの期間が何月になるか? は、その期間(月)に含まれる中気(二十四節気の中、太陽黄径が30の倍数となる節気)によって決ります。 「雨水」を含む月は「一(正)月」、 「春分」を含む月は「二月」…といった塩梅です。

で、この様に当てはめて行くと、 本年五月(新暦5/26〜6/23)に続く月(同6/24〜7/22)には中気が含まれない(「大暑」は新暦7/23)事になってしまいます。 そこで、中気を含まないこの月を「閏5月」とします。以前触れた事があるのですが、「余分な5月」と云う事ですね。

そう言えば、筆者は子供の頃、正月に新聞、テレビ、雑誌等各種メディアに 「新春○○」とか、「初春の喜びを〜」等と言った文言が並ぶのを見て「今冬じゃん、なんで春?」 等とい訝しんでいた記憶があるのですが、 要するにこれは、旧暦の正月が大体立春付近に来るからなのですね〜。 で、本年はかなりそれが早まって(即ちズレが大きくなって)居ましたので、 調整の歳、だったワケですね。


P.R.


この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5899684
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
記事検索
検索語句

P.R.

シマンテックストア
パソコン工房「買うなら今!Officeセット割」10月31日(火)まで!
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
カタログ通販ベルーナ(Belluna)
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新トラックバック