カテゴリーアーカイブ
日本全国激安宿マップ


アゴダからの予約がお勧めです



このブログの激安宿を転々としながらこんなスマホアプリ作ってます!↓↓↓

タピタピタピオカ(世界初!タピゲー・無料でタピ活!)
  android用  iOS用 512.png

  Beat Training(精密リズム鍛錬)
  android用  iOS用 512.png

  ひつじさん、かぞえてゲットン!(世界初!スリーピング系コレクションゲーム)
  android用 iOS用 icon_new_512.png

<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
検索
最新コメント
マース北上(Mars北上) by 正規品と同等品質のコピー品 (07/12)
アクティブリゾーツ宮城蔵王(Active Resorts MIYAGI ZAO) by スーパーコピー商品 (07/12)
SEKAI HOTEL・布施 by 正規品と同等品質のコピー品 (07/12)
ホステル銀閣寺 by d&g 時計 スーパーコピー n級 (07/12)
SEKAI HOTEL・布施 by ゼニス 時計 スーパーコピー (07/12)
ファン
タグクラウド
リンク集
プロフィール
netadiさんの画像
netadi
来るモノは拒まず、去るモノは追わず。(netadi語録No.5824)

※実はこう見えて旅行好きです。
【海外】 現在53カ国くらい。6大陸制覇。 総合旅行業務取扱管理者試験、合格しました。

【国内】 47都道府県献血ルーム制覇。 現在、JR全線制覇と全国ローカル温泉巡りの旅の途中です。

Twitter : @netadi
プロフィール
写真ギャラリー

2020年02月28日

カオサン東京オリガミ









今回の宿はこのブログではお馴染みの東京の浅草です。

激安宿お馴染みの場所といえば、レギュラーが浅草で準レギュラーが大阪の新今宮、京都の四条通り、沖縄の国際通り、てな感じです。

年間の1/4はこれらの界隈をウロチョロしているという統計結果が出ました...。

一体何やってんだろ、て感じですね思い返せば!


というワケで浅草の浅草寺のすぐ北側にあるカオサン東京オリガミに宿泊してきました。







ここからカオサン東京オリガミが最安で予約できます









ここはアゴダの東京の宿を安い順で閲覧していると、高確率で遭遇するゲストハウスです。

カオサンのチェーン店は自分の中では絶大の信頼・安定性を誇っているのですが、このオリガミはちょっと食指が伸びなかったんですよね...。

というのも、いつも選ぶ部屋のタイプは料金的な面を考慮したらどうしてもドミトリー(相部屋)になってしまうんですが、ここはベッドにカーテンがない、という先入観があったのでちょっと避けてたところがありました。

で、今回もう一度アゴダのリストから詳細を一応確認してみると、どうもカーテンはあるみたいでした。

どうやら勘違いしていたみたいです自分。

同じ浅草にあるカオサン東京カブキというところはベッドにカーテンがないのは確実にそうなんですが、そことここを混同していたようです。

なので懸念事項がぱあぁ〜っとクリアになったので水を得た魚のようにすぐに予約した、という次第です。



外観
IMG_6625.jpg


IMG_6624.jpg



ここはビル全体がゲストハウスとなっていてまあまあ大箱です。

暗証番号方式の玄関のドアは常時閉まっているので、チェックインしようとしても暗証番号を知らないので少し途方に暮れていたら、宿の中にいた人が気付いてくれてロックを解除してもらえました。

どうやらベルを鳴らすと開けてもらえるシステムです。



受付
IMG_6627.jpg



1階が受付と共用スペース(朝食会場)になっています。

チェックインすると、日本人かアジアの人かちょっとよく分からない日本語のイントネーションの女性スタッフが凄い丁寧に説明してくれました。

一人一人にこんな細かに説明してたらチェックインのゴールデンタイムでは非常に混雑してしまうのではなかろうか...とこっちが心配になるレベルでした。

まあ良対応です。

コロナウィルスの影響もあって、1人に1枚、毎日マスクを配布していたのと、アルコールで手の消毒を促されました。



館内は普通の大きめのゲストハウス、という感じで、そんなに綺麗というワケでもなく、かといって汚れているというワケでもなく...。

まあカオサン、安定しています。



今回は2階のドミトリーでなんですが、階段は非常時にしか使えないらしいので、1階から2階まで上がるのにもエレベーターを使うコトになります。

8階まであって、エレベーターで2階から1階に降りようと下ボタンを押した時にエレベーターが1階から2階を素通りして8階まで行ってしまった時の絶望感たるや...。



ドミトリー
IMG_6629.jpg


ロッカー
IMG_6631.jpg



ドミトリーは鍵式のドアになっていて、なかなかに入退出が煩雑です。

セキュリティ意識が高いといえばそうなんですが...。

部屋は8人用で、この日は3人泊まってました。



ベッド
IMG_6632.jpg



ベッドは縦型で、カーテンがちゃんとあるのが安心です。

ちょっとカーテンが短い&カーテンレール部に隙間がある、というのはあるんですが、対面にベッドがないので人が通路を横切る時にだけ気になる程度なので、通常の状況では特に気になるというコトはありませんでした。



ベッド
IMG_6633.jpg



シーツと布団カバーは自分でメイクします。

何故か枕カバーは最初から装着されていました。

このシーツ類はチェックアウトの時に1階の回収箱に入れるハウスルールです。



どうやら低反発のマットレスを使用しているようなので、沈みこみ加減が自分には適合していました。

寝心地が良かったです。



コンセント
IMG_6634.jpg



何故か枕元にコンセントが4つもあってどこに差し込もうか悩んでしまうレベルです。


ここで評価したいのは、ベッドの照明のスイッチがトグルスイッチになっていて、入口付近と枕元の両方でON/OFFが出来るコトです。

よく分かっておられる。



共用スペース(1階)
IMG_6626.jpg


共用スペース(8階)
IMG_6635.jpg


キッチン
IMG_6636.jpg



共用スペースは1階と8階にあります。

収容人数の割にイスとテーブルが少ない感じなのでちょっと不便な印象がありました。



シャワー
IMG_6638.jpg



シャワーは各階に2ヵ所あって、混み合っていたら別の階のシャワーも使えるので問題ありません。

コンディショナーがないのが少々残念です。


くず餅
IMG_6641.jpg



この日の晩ごはんは前日に知り合いから頂いた川崎大師の住吉のくず餅x2箱を食べました。
賞味期限が当日までだったので...。

この歯ごたえ&食べごたえたるや...。



朝食
IMG_6645.jpg



もれなく朝食が無料でついてきます。

パンとコーヒー、スープ(カップスープ)と素朴ですが...。

バター、マーガリン系はなくってはちみつとイチゴジャムがありました。






総評・備考


チェックアウト時にあの日本人かアジア系の人か分からない感じのスタッフにオリガミと飴玉の入った袋をもらいました。



総合評価 4.4
 料金   4.8
 快適度  4.3
 設備   4.0
 サービス 4.8

アメニティ シャンプー、ボディソープ、歯ブラシ、マスク
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、シャワー、共用スペースx2、テレビゲーム、キッチン
ファシリティ(ベッド) 照明、コンセント、ハンガー
サービス 水、お湯、コーヒー、紅茶、お茶、朝食(食パン、スープ)
セキュリティ 鍵式ドミトリードア・暗証番号方式玄関ドア
部屋(ベッド) 203(1・下段)
料金 1188円
予約 Agoda
宿泊日 2020/2/28
チェックイン 15:00-26:00
チェックアウト 11:00
外国人:日本人比率 25:10
男女比率 4:3
客室 シングルルーム、ツインルーム、3名様用個室、4名様用個室、5名様用個室、8名様用個室、8人男女混合ドミトリー
収容人数 
Web https://origami.khaosan-tokyo.com/ja-jp







ここからカオサン東京オリガミが最安で予約できます







アゴダで宿泊先を探してみましょう








アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京

ホテル&ホステル オンザマークス川崎(再訪)








今回は神奈川の川崎で集まりがあったので、利便性を優先して川崎でオンザマークスという宿を取りました。

以前も泊まって良かったので今回も宿泊しました。





ここからオンザマークス川崎が最安で予約できます






ちょくちょくこの宿をアゴダで見かけるんですが、2000円を切るコトがないんで激安宿として考えると少々高価です。

が、クオリティは高い(高かった)ので満足度は得られるかと思います。



で今回2回目の訪問で、良かったという記憶だけが残っていて宿の記憶がすっかり消えていたんですが、改めて過去のこの宿のレビューを後で読み返してみるとほとんど同じ印象でした。

チェックイン時に鍵を渡された時に「紛失されたら15000円です」と言われた時に「高っ!」と思った、というクダリまで同じでした!


というワケで詳細は過去のレビューを読んで頂くとして、変わってたトコだけを新たにレビューします。

過去のレビューはコチラ。
http://fanblogs.jp/netadi/archive/188/0




ちなみに鍵が高い理由を今回スタッフに聞いたら、キーホルダーの部分の金属が特殊な素材を使っていて、輸入するのにコストがかかるんだとか。

レアアースで出来てるんですかね?



IMG_6603.jpg



前回は4階の男性専用ドミトリーでしたが、今回は3階の男性専用ドミトリーでした。

一昨年来た時より壁とか薄汚れている気が...。

経年劣化でしょうか??



IMG_6605.jpg

IMG_6606.jpg


IMG_6607.jpg



前回とフロアは違いますがベッドの構造はほぼ一緒でした。

寝心地は相変わらず良かったです。



併設レストラン
IMG_6616.jpg


IMG_6614.jpg


IMG_6613.jpg


IMG_6615.jpg



この日、ちょっと打ちあわせ的な会合があって、外に行って会食する予定でしたが、併設のレストランで食事を取るコトにしました。

ちょっと高級感がある感じのレストランで、そこそこ客が入ってました。


クラフトビールを飲み比べたり...

ワインのボトルも開けたりました。


ここのレストランは宿泊者は20%オフになるんですが、もう1人(ここの宿泊者ではない)とシェアしたら合計金額の10%割引になりました...。(まあ理にかなってますが...)








総評・備考


2020年6月からは星のやグループの宿となって名前もOMO3東京川崎と変更されるようです。




総合評価 4.3
 料金   3.7
 快適度  4.9
 設備   4.4
 サービス 4.3 
アメニティ ボディソープ、シャンプー、コンディショナー、貸バスタオル、耳栓、貸スリッパ、貸館内着、歯ブラシ
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、共用スペース、シャワー、コインランドリー、レストラン
ファシリティ(ベッド) ACコンセントx2、照明
サービス 水
セキュリティ ドミトリーのドアキー、セキュリティボックスキー、ロッカーキー
部屋(ベッド番号) 330(上段)
料金 2210円
予約 Agoda
宿泊日 2020/2/27
チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00
外国人:日本人比率 15:10
男女比率 3:2
客室 男性用ドミトリー、女性用ドミトリー、コンパクトルーム、スタンダードルーム
収容人数 
Web http://www.on-the-marks.jp/kawasaki/








ここからオンザマークス川崎が最安で予約できます







アゴダで宿泊先を探してみましょう








アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川

2020年02月27日

タイニーズ横浜日ノ出町(Tinys)








今回は横浜近辺で会合と言う名の飲み会があったのでアゴダで横浜の宿を調べて手頃な料金でリストアップされてた横浜の日ノ出町で宿を取りました。

タイニーズ横浜日ノ出町です。





ここからタイニーズ横浜日ノ出町が最安で予約できます







ここはアゴダの写真をみて最初ちょっとノリ気じゃなかった、というか、自分、大抵は料金的にドミトリーを選択するんですが、ここのドミトリーのベッドはカーテンが見当たらなかったんですよ...。

しかもドミトリーが4人用なんで、ゲスト間の距離が近すぎて息苦しいというか...。

共用スペースも屋外のテラスだけっぽいし、逃げ場がないんで同室でちょっと変な人と一緒になったら嫌だな...と。

でも、よくよく考えたらチェックイン後は飲み会で出ていくし、この日は帰って寝るだけのシチュエーションなので、ま、いっか!と思って予約した、という経緯です。

でもそれは考えすぎだった...というか杞憂に終わるワケなんですけどね...。



外観
IMG_6570.jpg



ここは京急の日ノ出町駅と黄金町駅の間にあります。

ちょっと調べてみると、このあたりは昔の赤線地帯だったんですね...。

結構その面影が色濃く残されていました。



受付
IMG_6571.jpg



チェックインすると、館内の説明をまことしやかに受けて、身分証明書の提示を求められてコピーを取られました。

結構セキュリティが厳しいです。(旅館業法、条例でそうなってるとかおっしゃってました。(が旅館業法は違うと思いますが))

で、宿を丁重に案内して頂けました。



トレーラーハウス外観
IMG_6584.jpg



ドミトリーなんですが、何とトレーラーハウスでした!

ちょっと自分の前知識と情報収集能力のなさに愕然としましたが、これは結構テンション上がりました!

でも憂鬱なのはドミトリーとしての独立性が高いので、トレーラーハウス内はシェアハウスみたいにやはり人間同士の距離が近くならざるを得ないのな... と思ってたらスタッフさん曰く、

「今日は誰もいないので自由に使ってください!」

とのコト。

貸し切り確定です。


これは嬉しい。

トレーラーハウス独り占めです。

どうもコロナウィルスの影響だそう。

まあ色々と物議を醸し出してるコロナウィルスですが... こういうコトもあるんですね。


というワケで、この日は気兼ねなくトレーラーハウス、ドミトリーを使わさせて頂きました!

人が居る/居ないで快適度が雲泥の差です。

まあでもこの日は外出して帰って来たら寝るだけだったんであんま関係なかったですけど。



トレーラーハウス
IMG_6573.jpg



ドミトリー内はトレーラーハウスであるとは到底思えない快適さです。

いや、ちょっとトレーラーハウスっぽかった方が非日常的空間を楽しめたんですが...。

ちゃんとシャワー、トイレもあるし、水回り、エアコンもあって普通に生活出来ます。

普通に生活というか、少なくとも自分の実家より数段快適です。


ただ、エアコンの効きが悪くて、温度を上げても寒かったです。

トレーラーハウスの壁の断熱効果が薄いんでしょうか?

しかし、こういう寒い時期にはブランケットがちゃんと用意されているので問題ありません。



ベッド
IMG_6576.jpg



ベッドは4つあって、好きな場所を使っていいというコトだったんで、下段を使わせてもらいました。

カーテンがなくてズドーンと開いているのが、たとえ一人であったとてちょっと落ち着かない感じがしました。



ベッド
IMG_6578.jpg



シーツは敷かれていました。

マットが少し固かったのがアレでしたが...。



アメニティ
IMG_6580.jpg



バスタオル、タオル、歯ブラシ、耳栓も用意されていてアメニティも充実してました。



コーヒー機材
IMG_6579.jpg



コーヒーが無料なんですが、ミルでコーヒー豆を挽いて自分でドリップするタイプです。

トレーラーハウスで自分でドリップして淹れるコーヒー。

これは否が応でも気分が盛り上がります。



トイレ
IMG_6581.jpg


シャワー
IMG_6582.jpg



シャワーはお湯が出てくるまでかなり時間がかかったのと、水圧がかなり低くてお湯にヤル気が感じられませんでした。

シャワーの温度を熱くすると更にヤル気のないお湯が出てくるので、このシャワーの温度とシャワーの強さのちょうどいい所を自分で探って使うコトが求められます。



トレーラーハウス
IMG_6574.jpg



ハウス内にはイスとテーブルもあるので、ちょっとした作業は出来そうでした。



テラス
IMG_6583.jpg



共用スペースはなく、飲食する時はテラスかトレーラーハウス内のテーブルを使うコトになります。



三代目くぼた
IMG_6586.jpg


三代目くぼた
IMG_6585.jpg



晩ごはんは東神奈川の三代目くぼたで飲み会でした。





総評・備考


チェックアウトはフリーチェックアウト方式です。

高架下にあるので、朝の5時頃から始発電車の音が響いてきます。



総合評価 4.5
 料金   4.4
 快適度  4.6(貸し切り状態だったため)
 設備   4.5
 サービス 4.4

アメニティ シャンプー、ボディソープ、コンディショナー、タオル、バスタオル、歯ブラシ、耳栓
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、シャワー、レストラン
ファシリティ(ベッド) 照明、コンセント、ハンガー、ブランケット
サービス 水、お湯
セキュリティ 暗証番号方式ドミトリードア・暗証番号方式玄関ドア
部屋(ベッド) 男性用トレーラーハウス(下段)
料金 1584円
予約 Agoda
宿泊日 2020/2/26
チェックイン 16:00
チェックアウト 10:00
外国人:日本人比率 0:1
男女比率 1:0
客室 トレーラーハウス
収容人数 
Web http://tinys.life/yokohama/







ここからタイニーズ横浜日ノ出町が最安で予約できます







アゴダで宿泊先を探してみましょう








アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川

2020年02月26日

アンドホステル蔵前ウェスト(AND HOSTEL KURAMAE WEST)






今回は東京の蔵前〜御徒町の間にある、このブログではおなじみのアンドホステルです。

アンドホステル蔵前ウェスト店です。




ここからアンドホステル蔵前ウェストが最安で予約できます







もはやアゴダで東京の宿を探すと2000円以下の宿はほぼ制覇しつつあって、2000円以下で未制覇の宿となると、例えばドミトリーのベッドではカーテンがないとかちょっと避けたい部類の宿だったり女性専用の宿だったりするので、今回はこのアンドホステルほぼ一択でした。

しかもアンドホステルは自分の中で定評がありますし。(アンドホステルに泊まっとけば安心、みたいな)



外観
IMG_6547.jpg




ここは2019年に出来たばかりとあって綺麗です。

1階はカフェバー兼共用スペースとなっていて、2階がドミトリーとなっている、最近ホントよくあるパターンのゲストハウスです。



1階受付&カフェ
IMG_6548.jpg



チェックインすると、毎度おなじみのタブレットで個人情報の入力を求められます。

アンドホステル同士でデータベースを共有しているのか、自分の名前を検索すると何故か見知らぬタイ人の電話番号と住所が出てきて、スタッフに「この住所でお間違いないですか?」と毎回聞かれるんですが、「いや違います」と毎回答えてます...。

毎回住所を訂正するんですが、毎回タイ人の個人情報が出てくるという...。
もう3回目くらいですこのやりとり。

そのタイ人の名前がどうやら一部自分の苗字と被っているのでそれでかな?と思うんですが... はてさて。


チェックインしたら玄関とドミトリーのドア(今回ももれなくドミトリー予約です)の暗証番号の書いた紙を渡されます。

カギ類はなくって、チェックアウトは手続きのいらないフリーチェックアウト方式です。



エレベーター
IMG_6551.jpg


ドミトリー
IMG_6552.jpg



今回は2階のドミトリー12人用を予約しました。

ドミトリーなんでアンドホステルのウリである「スマートホステル」というスマホを使って家具をゴニョゴニョするとかいうフィーチャーの恩恵は全く受けません。

普通のドミトリーです。

普通といってもアンドホステルは独立性が高いベッドでちゃんとしているので普通よりも少し上のレベルで安定しているというのが自分の評価です。(400軒以上の激安宿に泊まった経験上)


この日はドミトリーに自分以外に3人泊まっていました。



ベッド
IMG_6555.jpg



ベッドは上段をアサインされました。

どうも上段から埋まっていくような感じです。


縦型のベッドでプライベート感があるんですが、少し高さ方向が低いのとカーテンがブラインド方式で出入りがしにくいのが少し気になりました。

ブラインド方式というのが蛇腹で紐をたぐって上からカーテンを下ろすんですが、しっかりしていてプライベート感がある反面、出入りの時にちょっと身体と干渉して難しいのと、上まで上げる時にガラガラガラ〜という音がしてちょっと他のゲストの安眠を妨害してしまうかもしれないのが気になりました。

なので普通のカーテンよりは扱いにくいんですが、自分が重要視するプライベート感は確実にあります。



ベッド
IMG_6557.jpg



シーツは敷かれていて枕カバーもされていて、布団カバーのみ自分で広げて使います。(アンドホステル方式です(略してAHS))



ベッド
IMG_6556.jpg



枕元にはちょっとした棚と照明と電源コンセントとUSB給電ポートがありました。



セキュリティボックス
IMG_6558.jpg



セキュリティボックスはドミトリー内にあります。



シャワー
IMG_6553.jpg


洗面台
IMG_6554.jpg



シャワー、トイレもドミトリー内にあります。

シャワーは1ヶ所で、脱衣所に洗面台がついていてちょっと新鮮でした。

シャワーから出たところにも洗面所(洗面台x2)があって、顔を洗うのが好きな人にはたまらんと思います。



共用スペース
IMG_6550.jpg


共用スペース
IMG_6549.jpg



共用スペースはカフェと共用となっています。

広さは普通くらいで、ちょっと落ち着かないような感じがしました。
(が、PCで作業は問題なく出来る感じです)

チェックイン時にカフェで使える100円割引券をもらいましたが結局使ってませんし、そもそもこの日は前日が野宿だったのでチェックイン後、ご飯食べて銭湯に行った以外はほぼほぼ睡眠してました。



プラシッダ
IMG_6561.jpg



晩ごはんは佐竹商店街(初めて知った)のインド料理・プラシッダでカレーとチーズナンを食べました。ナンお代わり無料です!(普通のナンになります)



九寅
IMG_6565.jpg



次の日チェックアウトして御徒町の九寅で生ガキ&ビールセット(1000円)を食べました。



【おまけ】
宿に行く前に前を通りかかって気になった三筋湯という宿のすぐ近くにある銭湯に行きました。

レビューはコチラ。
https://ameblo.jp/netadi/entry-12577817680.html






総評・備考






総合評価 4.3
 料金   4.5
 快適度  4.4
 設備   4.3
 サービス 4.0

アメニティ シャンプー、ボディソープ、コンディショナー
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、シャワー、共用スペース、カフェバー、エレベーター
ファシリティ(ベッド) 照明、コンセント、ハンガー、USB給電ポート
サービス 水、お湯
セキュリティ 暗証番号方式ドミトリードア・暗証番号方式玄関ドア
部屋(ベッド) 2階男女混合ドミトリー201(E・上段)
料金 1499円
予約 Agoda
宿泊日 2020/2/25
チェックイン 16:00
チェックアウト 11:00
外国人:日本人比率 6:4
男女比率 2:1
客室 男女混合ドミトリー、ダブルルーム、他(IoTルーム)
収容人数 
Web https://andhostel.jp/kuramaewest/







ここからアンドホステル蔵前ウェストが最安で予約できます







アゴダで宿泊先を探してみましょう








アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京

2020年02月23日

JamHouse KUU NARITA









今回は千葉の成田です。
あの成田空港、成田山新勝寺の成田です。

なぜ成田にいるのかというのはさておき、今回は2000円以下の激安宿がほぼ皆無という千葉県で激安宿を探してみるコトにしました。

が、やはり2000円以下の激安宿は見つかりませんでした…。

この日は三連休の前日というコトもあったのかもしれませんが、2000円以下の宿は諦めてアゴダで探すと、2000円ちょっとの宿(ゲストハウス)が成田駅近くで見つかったので予約しました。

JamHouse KUU NARITAです。





ここからJamHouse KUUが最安で予約できます






ここを選んだのは千葉で最安の宿だったのと、見た感じプライベート空間(ベッドとか)がちゃんとしてそうだったからです。



外観
IMG_6509.jpg



ここはJR成田駅すぐ近くにあります。

が、地図上でこの辺かな?という所まで来てもそれっぽい建物はあっても実際何処に宿があるのか分かりません...。



看板
IMG_6510.jpg



よく見渡すとイーゼルの黒板に宿名が書かれた看板がちょこんと道端に置かれてあって、それを見つけた時に、あ、ここが宿か...と認識出来ました。

非常に分かりにくいです。



入口
IMG_6511.jpg



更に16時過ぎ(チェックイン時間は16時から)に宿に着いたんですが、スタッフ不在でセルフチェックインでした。

これは事前情報としても知らなかったんですが、まあここは慌てずアゴダのメッセージを確認すると、ちゃんとセルフチェックインの方法が送られてきていました。

ここでこのようなセルフチェックイン方式の安宿に慣れてないと「ふぇえ〜宿に入れないよぅ〜ぴえん」とパニくりそうです。


自分はメッセージに書かれていたロック解除番号を入力したらすんなりと中に入るコトが出来ました!

がしかし、今回、ドミトリーを予約したんですが、ドミトリーにも暗証番号方式の鍵が...。

ドミトリーのベッドの場所はメッセージで送られてきてたので分かったんですが、このドミトリーのドアのロックが解除番号が書かれてなかったので分かりません。

色々と館内を物色したら、「タブレットでのチェックインをお願いします」と貼り紙がされていたのでピーンときました。

これがドミトリーの暗証番号をゲットするための手掛かりか、と。

ちょっとタブレットも何処にあるのかも最初よく分からなかったんですが、玄関付近に結構小さいタブレット(スマホ??)を見つけました。



タブレット(景色と同化)
IMG_6514.jpg



しかもタブレットの画面消えてるし...

で、情報を入力すると...

そしたらビンゴ! 最後にドミトリーのドラロックの暗証番号が画面に表示されて番号ゲットしました!

ここで重要なのは番号が表示されたのを写真かメモをとっておかないとホーム画面に戻ったら消えてしまう、というコトです。

なかなかに面妖な...。

結構セキュリティが厳しいというか、リアルな脱出ゲームみたいです。

否、脱出ゲームの反対の潜入ゲーム、みたいな??

このゲストハウスの中で落ちてるヒントを見つけて、次のアクションを決定する、みたいな。


いや、リアルでこんな分かりにくいチェックインは嫌ですがね...。


ちなみに自分がチェックインした後にスタッフがひょっこり現れたので、普段はスタッフがいて(ワンオペ)、スタッフが不在の時だけ脱出ゲームみたいな感じになるようです。

スタッフは18時〜22時の間にいるようです。(実測)

リアル脱出ゲームを楽しみたい方は是非スタッフ不在の時間帯で。



男女混合ドミトリー
IMG_6517.jpg



ドミトリーは18人収容可能の部屋で、各ベッドにはベッド番号ではなく都市名が書かれてました。

自分のベッド名はクアラルンプールでした。(長い)



ベッド
IMG_6518.jpg



ベッドは上段でした。

この日は下段がかなり空いていたのでどうやら上段から埋まっていくアルゴリズムのようです。

このベッド、ちょっと上りづらくて気を緩めると滑落の危険性があります。

特にハシゴの手すりのホールディングが難しいです。(注意してください)



ベッド
IMG_6519.jpg



シーツは自分で敷くスタイルです。

マット以外のスペースに地面があるのでシーツを敷くのは結構楽でした。


寝心地は良かったです。

ちょっとエアコンがフル稼働していたので少し暑かったですが...。



ベッド
IMG_6520.jpg



カーテンはほぼほぼ開口部を塞げます。

プライベート感はありました。



共用スペース
IMG_6512.jpg


コーヒー
IMG_6513.jpg



共用スペースは結構広いです。

一人一本冷蔵庫の中のウェルカムウォーターが貰えるし(と貼り紙に書かれていた)、Nescafeのコーヒーサーバーと紅茶は無料なので水分補給には困りません。

ただ共用スペースが少し寒いので、快適度は少し下がります。

ドミトリーは暑くて共用スペースが寒いという寒暖の差が激しい砂漠気候のような気候分布です。



シャワー&トイレ
IMG_6521.jpg


洗面所
IMG_6522.jpg


シャワー
IMG_6523.jpg



シャワーは男女共用で2箇所あります。

トイレは男性専用1箇所、男女共用3箇所あります。



背脂ラーメン宮本
IMG_6524.jpg



晩ごはんは成田駅前のラーメン屋に行きました。
(レビューはGoogle Mapを参照してください)






総評・備考


成田空港に近いので朝早いフライトや夜遅いフライトの時に利用するのもテです。
(成田空港は24時間空いてるし仮眠も出来る場所があるんですが、ベッドでちゃんと寝たい、という人なら)




総合評価 4.0
 料金   3.9
 快適度  4.0
 設備   4.1
 サービス 4.0

アメニティ シャンプー、ボディソープ、コンディショナー、バスタオル
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、シャワー、共用スペース、キッチン
ファシリティ(ベッド) 照明、コンセント、ハンガー
サービス コーヒー、紅茶、ミネラルウォーター
セキュリティ 暗証番号方式ドミトリードア・暗証番号方式玄関ドア
部屋(ベッド) 男女混合ドミトリー(KUALA LUMPUR・上段)
料金 2063円
予約 Agoda
宿泊日 2020/2/22
チェックイン 16:00
チェックアウト 10:00
外国人:日本人比率 3:8
男女比率 8:3
客室 男女混合ドミトリー、女性用ドミトリー、ファミリールーム
収容人数 33
Web https://jamhouse.life







ここからJamHouse KUUが最安で予約できます









アゴダで宿泊先を探してみましょう








アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉

2020年02月20日

ナインアワーズ名古屋駅








今回は名古屋の名古屋駅近くにあるナインアワーズ名古屋です。





ここからナインアワーズ名古屋駅が最安で予約できます







自分くらいのレベルになればナイアワって言いますからね。ええ。


今回、大阪から東京に行く予定だったんですが、格安の殿堂・夜行バスが通常2000円以下がデフォルトなのに(自分の中で)、この時期は5000円という料金だったので、近鉄で一旦大阪→名古屋に行って、名古屋から東京までバスで行くという作戦に変更しました。(ハナから新幹線で行くというセンはありません)

それでも合計3800円だったので通常シーズンよりは割高なんですが、浮いたお金で名古屋でちょっとええもん食べたろ!ということで名古屋で一泊するコトにしました。

で、やはり名古屋はこのシーズンでも2000円以下の宿を探すのが困難で、2000円以下の宿を諦めて以前から気になっていたナインアワーズ名古屋をアゴダから予約しました。



外観
IMG_6453.jpg



ここは名古屋駅の東側でまあまあ便利な場所にあります。

1階が今流行りのロースターコーヒー(自家焙煎)をウリにしてるカフェのようになっています。



カフェ(ロースター)
IMG_6455.jpg


カフェ(共用スペース?)
IMG_6454.jpg


1階テラス席
IMG_6466.jpg



ここは共用スペースかと思いきや、スタッフが言うにはなるべく10階の共用スペースを利用して欲しいとのコトでした。

なるべく、って何だろう!???

深追いはしませんでしたが...。


チェックインするとナインアワーズ特有のカードキーが手渡されます。

どこのナインアワーズも同じシステムです。(仙台を除いては)

ここではきちんとスタッフから館内の説明を受けました。(ナインアワーズ店舗によっては対応がマチマチの印象があります)

補足説明は渡されたインストラクションガイドに書かれているので、よく読めば貸館内着とタオル類はチェックアウト時にフロントまで持っていく等の地雷なハウスルールは遵守出来ると思いますが...。



エレベーターは男性フロア専用と女性フロア専用の2基あります。
これもナインアワーズデフォルトです。

ただ、このエレベーターがちょっとクセがあったんですよ...。


1階と10階ではカードキーをエレベーター横のQRコードスキャナーにかざしてエレベーターを呼ぶんですが、10階のスキャナーだけ反応がすこぶる悪いです。

というか最初30回くらい試しても一向に反応しないんで、すぐ傍にいた人のカードキーをかざして呼んでもらったんですが、それもなかなか反応しなかったという...。

なのでフロントに行ってカードキーがエレベーターのスキャナーに反応しない、と伝えるとQRコードのデータ(?)を書き換えてくれて「これで大丈夫です」とか言われて安心してたんですが...。

やはり1階のスキャナーは反応するけど、10階のスキャナーには反応しませんでした。

すぐにまたフロントで10階のスキャナーは反応しない、と言うとスタッフが一緒についてきてくれて10階のスキャナーにかざすと... 開いた!

いやいや、そんなベタな嫌な予感はしてたけど、的中するとは...。

まあ反応する、という結論でその場は収束したんですが(かなりバツが悪い)、その後試したところやはり反応はするんですが、何回も試さないと反応しないのが分かりました。(スイートスポット的なかざし方やコツも結局分かりませんでした)

10階でパソコン弄りながら他の人の動向も何気にチェックしてると、やっぱりエレベーターのスキャナーに苦戦していました...。

ここは強く改善を求めます。

というワケで設備評価ポインツが0.4ポイントの減点です。

ちなみに女性用エレベーターはどうやらすんなり反応するようです。



カプセルルーム
IMG_6462.jpg



カプセルルームはカードキーをかざす必要がありません。
自由に出入りできます。



ベッド
IMG_6463.jpg


ベッド(奥からの眺望)
IMG_6465.jpg


ベッド(操作パネル)
IMG_6464.jpg



カプセル、ベッドはナインアワーズ共通で同じなので特別にここでレビューする必要はないかな、と思います。



ロッカールーム
IMG_6457.jpg


洗面所
IMG_6458.jpg


シャワー
IMG_6459.jpg



ロッカー、シャワーも他のナインアワーズと同様なので省略します。

強いて補足するならナインアワーズはアメニティが揃っているのと、シャワーにウォームピラーという天井に水道の蛇口のようなモノから柱状のお湯が出てくるのが面白いです。

水回りは綺麗に清掃されていました。



10階共用スペース
IMG_6461.jpg



10階の共用スペースはまあまあ広かったです。

が、7分丈の館内着ではここにしばらく居ると寒くてつらたんでした...。


晩ごはん
IMG_6470.jpg



何か食べに行こうと思って外に出た時にスリッパのままだというのに気付いてすぐそばにある新潟居酒屋・八海山越後屋に行きました。

少々高いですが八海山と米をウリにしてるコダワリの居酒屋でした。(さも当たり前のように「お通しでぇす!」と500円近くするお通しを持ってくるのはやめてほしいw)






総評・備考


ナインアワーズは13時からチェックインが出来るので早めのチェックインをお勧めします。




総合評価 3.8
 料金   3.7
 快適度  4.2
 設備   3.8
 サービス 3.5

アメニティ シャンプー、ボディソープ、コンディショナー、貸タオル、貸バスタオル、貸館内着、スリッパ、貸バスマット、歯ブラシ
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、シャワー、共用スペースx2
ファシリティ(ベッド) 照明、コンセント
サービス 
セキュリティ カードキー式エレベーター、カードキー式ロッカー
部屋(ベッド) 男性用カプセル7階(726・上段)
料金 2218円
予約 Agoda
宿泊日 2020/2/19
チェックイン 13:00
チェックアウト 10:00
外国人:日本人比率 3:40
男女比率 3:2
客室 男女別カプセル
収容人数 
Web https://ninehours.co.jp/nagoya-station







ここからナインアワーズ名古屋駅が最安で予約できます








アゴダで宿泊先を探してみましょう










アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 11:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | 愛知

2020年02月19日

04Village 九条







今回は大阪の京セラドーム近くの九条にある04Village九条です。





ここから04Village 九条が最安で予約できます







この04Villageは難波店に泊まった時に良かった印象があるので、アゴダで見て1000円ちょっとという安い価格で九条店がリストアップされてたので予約してみました。

予約すると、アゴダからチェックインのやり方が記されたメッセージが届きました。

ここはどうやらスタッフ、管理人がいない無人のゲストハウスで、セルフチェックインのようです。

これはアゴダからのメッセージに気付かなかったら宿の玄関先でちょっと路頭に迷ってたところです。

(現に夜にチェックイン方法が分からないゲストがやって来たので中から玄関のドアを開けてあげましたし)



外観
IMG_6429.jpg




宿の外観は住宅街の中の民家に溶け込んだような外観です。

宿の前には牧歌的な公園がありました。

ちょっとのどかな雰囲気で、鍵を掛けずに半日くらい家を出ても大丈夫な気分になりそうです。

が、宿のセキュリティはキチンとしています。

メッセージに書かれていたチェックインのやり方通りに暗証番号を入力すると玄関のドアが開きます。

後は指定された部屋のベッドに向かうだけです。



玄関(エントランス)
IMG_6430.jpg


受付(無人)
IMG_6431.jpg



受付には人がいないので、宿泊者カードに記入してポストに放り込んでおきます。



男女混合ドミトリー(畳の間)
IMG_6434.jpg


男女混合ドミトリー
IMG_6436.jpg



ドミトリーは2階で、2段ベッドが2つで計4つのベッドなのにすごい空間的に余裕があります。

畳が敷かれていて、ここでゴロゴロと出来そうですし、すぐ傍に洗面台もあって異質な空間となっています。

ドミトリー内にはシャワーとトイレ、ロッカーもあるので、ここだけで宿が完結出来る、というかまさに生態系、ビオトープが形成されています。


この日のドミトリー宿泊者は後述する台湾の男性と2人でした。



ベッド
IMG_6437.jpg



ベッドは鉄パイプで組み上げられた2段ベッドで、このテのタイプは剛性が低いのが常なんですが、意外としっかりしていました。

布団は自分でメイクするんですが、前日に引き続き布団カバーの中に布団を入れるタイプだったのでかなり手こずりました。(コレ、嫌い...)



ベッド
IMG_6438.jpg



寝心地は良かったです。

カーテンも全面カバー出来ますし、特に問題はなかったです。



ロッカー
IMG_6439.jpg



ドミトリー内に暗証番号式のロッカーがあって、その中にバスタオル、タオル、歯ブラシが入っているので、この価格帯にしてはアメニティが充実している感があります。



シャワー
IMG_6435.jpg



ドミトリー内のシャワーなんですが、脱衣所がカーテンで仕切られてるだけで、足元が見えてます。

ちょっとソワソワしてしまいます。

それにここ、男女混合のドミトリーだという...。

1階に女性専用のシャワールームがあるので女性の方はそっちを使った方が断然いいと思います。


シャワーは家庭用の給湯システムのようで、ONにして温度設定をするタイプです。

シャンプーとボディソープはありましたがコンディショナーはありませんでした。


YAKITATEI
IMG_6426.jpg


パン
IMG_6441.jpg



この日の昼に近くのイオンモール内で買って食べた100円均一のパン屋「YAKITATEI」が凄い美味しかったので、普段リピートしない自分なんですが晩ごはんも再度そこにいそいそと買いに行きました。

店の名前が非常に脱力感ありますが...。



共用スペース
IMG_6433.jpg



で、この日は自分以外誰もいないと思ってたんですが、夜になって台湾人のおっちゃんが帰ってきて、この狭い共用スペース(公式には共用スペースは存在しない)で2人で晩ごはんというか自分は買ってきたパンを食べてました。

非常に話好きなおっちゃんだったんですが、自分は中国語喋れない&相手は日本語喋れないので、お互い一番通じる英語でコミュニケーション取ってました。

が、それでも非常に聞き取るのが難しい英語だったんですが、それでも嬉しそうに喋って来てたのでずっと話相手になってました。

近年稀にみるコミュニケーション(意思疎通)の出来てない会話でした。

まあスマホがあったんで要所要所でGoogle翻訳で中国語⇔日本語にほぼほぼ翻訳出来てたんですが何というかテンポが悪いというか...。

このおっちゃんとはドミトリーが同室で、(何も約束してないのに)朝方どうやら自分が起きるのをずっと待ってくれてたみたいだったんですが、自分はチェックアウト時間ギリギリまでずっと寝てました。

何かすまん、おっちゃん。



サービス品
IMG_6432.jpg


冷蔵庫
IMG_6440.jpg






総評・備考


女性用ドミトリーはこの日は貸切で男性グループが使っていたようです。

どうも京セラドームの公演とか終わった後で大活躍しそうな宿です。



総合評価 4.2
 料金   4.9
 快適度  4.2
 設備   4.0
 サービス 3.8

アメニティ シャンプー、ボディソープ、貸タオル、貸バスタオル、歯ブラシ
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、シャワー、共用スペース(非公式)、冷蔵庫
ファシリティ(ベッド) 照明、コンセント
サービス お茶、コーヒー、飴
セキュリティ 暗証番号方式玄関ドア、暗証番号式ロッカー
部屋(ベッド) 男女混合ドミトリー201(C・下段)
料金 1067円
予約 Agoda
宿泊日 2020/2/18
チェックイン 13:00
チェックアウト 10:00
外国人:日本人比率 1:5
男女比率 6:0
客室 男女混合ドミトリー、女性専用ドミトリー
収容人数 14
Web https://04village.com/stay/kujo.php







ここから04Village 九条が最安で予約できます








アゴダで宿泊先を探してみましょう










アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪

2020年02月18日

ガッシュ








今回は大阪の心斎橋です。

心斎橋、と公式には謳ってますが長堀橋とか松屋町のあたりにあるガッシュです。





ここからガッシュが最安で予約できます







ゲストハウス・ガッシュ、とかガッシュホステルとかそんな長ったらしい名前ではなく「ガッシュ」だけです。

なんとも漢気ある名前です。なんか強そうです。


今回ここを選んだ理由はアゴダで難波エリアで宿を探してたらまだ宿泊してない宿でかつ安かったから、というものです。

ぱっと見た感じもよかったですし。

(※見た感じとかインスピレーションを無視して安宿を選ぶとあの西成の1泊500円のドヤが最有力候補になります)



外観
IMG_6384.jpg



外観は今ドキのゲストハウスっぽく、大きなガラス張りのファサードで1階に共有スペースがあって、2階以上が宿泊エリアとなっています。



玄関
IMG_6385.jpg



最初受付に人がいなくて中に入れなくて困ってたんですが、暗証番号を看破しようとドアをガチャガチャしてたらスタッフがどこからともなくやってきてドアを開けてくれました。



受付
IMG_6397.jpg



受付では簡素な説明だけで、館内のしおりのような冊子を渡されました。

ハウスルール・注意点はそのしおりを自分で読むスタイルのようです。(ドアの暗証番号やベッドメイクに関するコトも書かれています)

チェックアウト時にはこのしおりをドミトリーのテーブルに置いといて、あとはフリーチェックアウト、というシステムです。



館内
IMG_6389.jpg



館内はまだ新しくて綺麗です。

全体的には綺麗なんですが... 男性用トイレだけ妙に薄汚れていました...。



ドミトリー
IMG_6391.jpg



今回ももれなくドミトリーに宿泊しました。

ドミトリーと他のファミリールームとの違いは置かれているベッド数だけのようです。

全体的に部屋とベッド(バンクベッド)の構造は同じで、ドミトリーだけバンクベッドが3台(6人用)で他の部屋はバンクベッド1〜2台、という感じです。(実際確認したワケではなくHPで確認ました)



ちゃぶ台みたいな
IMG_6413.jpg



ドミトリー内に小さいちゃぶ台と座布団が2つ置かれてましたが、ここはかなり落ち着かなさそうな感じです。

誰か利用してたらちょっと気を遣いそうです。

ちなみにドミトリーはこの日は自分ともう一人だけでした。



ベッド
IMG_6393.jpg


ベッド
IMG_6392.jpg



ベッドは下段をアサインされました。

シーツは自分で敷くスタイルで、布団カバーがファスナー開けて中に羽毛布団を入れるタイプで、これがなかなか自分は不得意なワケで...。

ここのベッドメイクには相当時間が掛かりました。
時間が掛かった割には布団が片寄ってしまって夜足が寒かったですがね...。

寝心地は普通に良かったです。



IMG_6399.jpg



ただ、カーテンが何というか...。

カーテンの大きさは十分なんですが、カーテンレールの引っ掛けるヤツが少なすぎて重力でカーテンレール部分のカーテンが垂れ下がっていてかなり開いてしまってます。

ちょっと工夫してピーンと張れるようにはしましたが.. ちょっと改善して欲しいところです。



シャワー
IMG_6390.jpg



シャワーは3階に2ヵ所ありました。(男女計4ヵ所)

シャンプー類はTSUBAKIでした。

世界が羨む黒髪になりそうです。


ここは整髪料が特に充実していました。

前の客の置き忘れ?かもしれないですがちょっと判断がつきません。
ただ、その日の気分に合わせて多彩なワックスやジェルなどで髪型がアレンジ出来そうです。

シャワーは押している間しかお湯が出ないのでちょっと忙しいです。



共用スペース
IMG_6395.jpg



共用スペースは普通に広くて快適です。



キッチン
IMG_6396.jpg



キッチンも充実しているので自炊も出来そうでした。(調味料も充実していました)



テラス
IMG_6394.jpg




屋上にテラスがありました。

が... このシーズン、何というか、わびさびの境地というか...。



晩ごはん
IMG_6400.jpg



夜は心斎橋の松屋で(何処にでもありますが...)あの世界一ニンニクを美味しく食べられると言われているジョージア料理のシュクメルリ鍋を食べました。

店内は殺伐としていましたが、カウンターのちょっと遠くにある割り箸を取ろうとして躊躇してたら隣のリーマンがサッと箸を手渡ししてくれました...。
というハートウォーミングな出来事を是非報告しておきたく。







総評・備考





総合評価 4.2
 料金   4.8
 快適度  4.1
 設備   4.1
 サービス 3.9

アメニティ シャンプー、ボディソープ、コンディショナー、整髪料
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、シャワー、共用スペース、ミニキッチン
ファシリティ(ベッド) 照明、コンセント
サービス 
セキュリティ 暗証番号方式ドミトリードア・暗証番号方式玄関ドア
部屋(ベッド) 男女混合ドミトリー(304・下段)
料金 1188円
予約 Agoda
宿泊日 2020/2/17
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00
外国人:日本人比率 6:2
男女比率 1:1
客室 男女混合ドミトリー、ファミリールーム
収容人数 
Web https://gush-da-ban-shi-jp.book.direct/ja-jp







ここからガッシュが最安で予約できます








アゴダで宿泊先を探してみましょう










アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪

2020年02月17日

イマノ大阪心斎橋ホステル(IMANO OSAKASHINSAIBASHI HOSTEL)








今回は大阪の心斎橋です。

心斎橋といってもアメリカ村のちょっと西に外れた場所にあります。

イマノ大阪心斎橋ホステルです。





ここからイマノ大阪心斎橋ホステルが最安で予約できます






イマノは京都にもあって、年間上位ランキングTOP10(※このブログの、です)にも入るようなかなり良かった印象を持ってたので、今回アゴダで大阪エリアでこの宿を見かけたので予約してみました。




外観
IMG_6365.jpg



外観からして大好物です。

1階部分がカフェバーになっていて、2階以上が宿泊施設(ホステル)になっているあのよくある感じの構成となっています。



受付
IMG_6366.jpg



受付で説明を受けた後、カードキーが渡されます。このカードキーは失くすと2000円です。

これでドミトリー(今回ももちろんドミトリーです)のドアや、女性だったら女性専用フロアに行く時のエレベーターのロックが開錠されます。

こういったカプセルホテルタイプのセキュリティはシンプルで楽です。



館内
IMG_6367.jpg



館内は出来たばかりなのか綺麗で安心です。



ドミトリー
IMG_6370.jpg



ドミトリーは定員12人で、バンクベッドタイプになっています。

ベッドが縦型と横型があって、今回は横型の下段にアサインされました。


ベッド
IMG_6371.jpg



ベッド
IMG_6372.jpg



シーツは自分で敷くシステムですが、掛布団と枕カバーは予めセットされてました。

ベッドは横型ですが、カーテンは開口部を全て覆えるので問題はありません。

マットレスの寝心地も悪くないと思ったんですが、この日は何故か悪い夢をみてうなされてました...。

夢の内容は割愛しますが、超リアルな脱出ゲームみたいな。



セキュリティボックス
IMG_6373.jpg



ベッドにセキュリティボックスがありますが、ペラペラでした。

薄型化に成功したセキュリティボックスです。



カフェバー(共用スペース)※公式HPより
SnapCrab_NoName_2020-2-17_12-52-10_No-00.png



1階はゲストが終日利用できるフリースペース兼、カフェバーになっています。

ここで料理や飲み物も注文するコトが出来ますし、朝は朝食バイキング(620円)会場となります。

ここでパソコンを弄ってた時に隣のテーブルで外国人ゲストがジェンガをやってたんですが、案の定「ドンガラガッシャ〜ン!」と崩れて散らばってました。

その人達は「あちゃーやってもた(笑)」みたいに周囲や自分の方を見渡してたんですが、自分はツッコミません。

確信的に崩れるのを分かってやってて、それが崩れたからといって一緒に「あちゃー(笑)」とか言ったり何か突っ込んで欲しいといったような誘い水にはのりません。(のれません)



お茶のサービス
IMG_6377.jpg



お茶のサービス(セルフ)もありました。

コップ類は自由に使っていいのですが、使ったコップは自分で洗うのではなくて返却口に置いておけばスタッフが洗ってくれるシステムとなっています。


ミニキッチン
IMG_6376.jpg


共用スペース(3階)
IMG_6369.jpg



3階にゲスト専用のミニキッチン、流しがあって、ここにもちょっとしたテーブルがあるので何か買って来て食べるコトが出来ます。



洗面所
IMG_6374.jpg


シャワー
IMG_6375.jpg



シャワーは各階に2ヵ所ずつくらいあります。

ちゃんとコンディショナーもありました。



晩ごはん
IMG_E6378.jpg



晩ごはんは宿のすぐ近くの八百屋とごはん・しみずに行きました。






総評・備考


受付は24時間対応となっています。



総合評価 4.5
 料金   4.7
 快適度  4.5
 設備   4.4
 サービス 4.4

アメニティ シャンプー、ボディソープ、コンディショナー
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、シャワー、共用スペース、ミニキッチン、エレベーター
ファシリティ(部屋) 照明、コンセント、USB給電ポート、ハンガーx2
サービス 
セキュリティ カードキー式ドミトリードア・エレベーター、24時間対応受付
部屋(ベッド) 男女混合ドミトリー(312・下段)
料金 1221円
予約 Agoda
宿泊日 2020/2/16
チェックイン 16:00
チェックアウト 11:00
外国人:日本人比率 30:20
男女比率 1:1
客室 男女混合ドミトリー、女性専用ドミトリー、ツイン、トリプル、各ロフト付き部屋あり
収容人数 
Web http://imano.jp/osaka/ja/







ここからビーエヌビープラス玉造が最安で予約できます










アゴダで宿泊先を探してみましょう










アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪

2020年02月16日

ビーエヌビープラス玉造











今回は大阪の玉造です。

玉造は大阪でも激安宿が結構乱立しているので、なかなか安い宿が見つけやすいです。

今回は玉造にあるビーネヌビープラス玉造です。

色んなところにあるビーエヌビープラスのチェーンなんですが、今回初めて宿泊しました。





ここからビーエヌビープラス玉造が最安で予約できます






ビーエヌビープラス、ってAirBnB PLUSと何か関係があるんですかね?

ちょっと調べてみても関係性らしきモノは見つけられませんでした。


ていうか、今回もアゴダから予約して、てっきり初めての宿かと思ってたんですが...

行ってみると以前に見たコトあるような宿の外観。



そう、この場所は以前宿泊したサンヴィレッジ玉造でした。

今回運営と名称が変わって何か変わってるのかな?と思ったらそれほど変わってませんでした。

なので宿のレビューは前回の記事を読んで頂いたら分かると思うので、変わってたところだけをレビューします。


前回の記事はコチラ。
http://fanblogs.jp/netadi/archive/90/0




変わっていたところ

@受付

受付のスタッフが変わっていて(まあ普通そんなもんでしょう)、そのスタッフはまだあまり慣れていない感じでした。

ただ、真摯な対応は評価出来ます。


A前回とベッドの場所が変わった

3階が改装中らしいので(ビーエヌビープラスのコンセプトに?)、前回と同じ2階のドミトリーでした。

ベッド番号は2F-1と2F-2でした。

スタッフが言うには今回も人が少ないので2段ベッドの両方を使ってもらっても大丈夫、とのコトでした。

この2段ベッド毎に個室チックになっている構造、満ベッドの時はちょっと嫌かも...。



IMG_6341.jpg



前回と同様、部屋温度が寒くて布団も寒いのが気になりました...。

2つのベッドが使えるというコトだったので、布団は2組使えるので問題はないっちゃーないんですが...。

それでいいのでしょうかね?


Bベッドの照明

ベッドの照明がヘンテコな顔した照明から普通の埋め込み型の照明に変わってました。

以前と同じように暗いですが。



IMG_6340.jpg



C晩ごはん


ホテルニューオータニ・SATSUKIのパンケーキ
IMG_6360.JPG


晩ごはんじゃないですが、今回大阪に来た目的はこの某官房長官のお気に入りの3000円するパンケーキです。

この宿の二泊分以上のお値段です。



大阪王将
IMG_6359.jpg


餃子の満州
IMG_6358.jpg


中華菜飯・味らい
IMG_6356.jpg



晩は飲み会で京橋で餃子の店3軒をハシゴしました。(餃子ばかりというのは結果論なんですが)

一番自分の好みだった餃子は中華菜飯・味らいのヤツでした。





総評・備考






総合評価 4.0
 料金   4.5
 快適度  3.7
 設備   3.9
 サービス 4.3

アメニティ シャンプー、ボディソープ、コンディショナー
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、シャワー、共用スペース、ミニキッチン、エレベーター
ファシリティ(部屋) 照明、コンセントx2、ハンガー
サービス 
セキュリティ ロッカーの鍵、暗証番号式ドミトリードア、夜間暗証番号式玄関ドア
部屋(ベッド) 男女混合ドミトリー(2F-1、2F-2・下段と上段)
料金 1445円
予約 Agoda
宿泊日 2020/2/15
チェックイン 16:00
チェックアウト 10:00
外国人:日本人比率 4:4
男女比率 1:1
客室 男女混合ドミトリー(一部改装中のためドミトリーのみ)
収容人数 
Web http://tamatsukuri.gh-sv.com/







ここからビーエヌビープラス玉造が最安で予約できます










アゴダで宿泊先を探してみましょう










アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪

2020年02月09日

奈良南部の激安宿(橿原・明日香村)








現在奈良の実家に戻っています。

奈良は宿泊施設が少ない県で有名なんですが、特に宿泊施設少ない奈良の中南和、橿原市とか明日香村の宿を調査してみました。

橿原・明日香と言えば自分の出身地なんですが、橿原神宮、飛鳥寺、藤原京、石舞台古墳、高松塚古墳.... と奈良時代の歴史に詳しい方なら垂涎の色々な観光ポイントは豊富にあるのに、宿があまりなくってなかなかに残念な所です。

激安宿(2000円以下)もあったらもちろん泊まりに行くんですが、ほぼなくって、アゴダ一番安い宿でも2500円くらいでした。


そんな感じなんですが、3000円まで出せるよ、っていう人なら2軒アゴダでヒットしました。

ちょっとここで今までの激安宿に宿泊してきた経験をモトにどんな感じなのか紹介してみようと思います。




・ゲストハウス・あるがまま(GuestHouse Arugamama)



ここからゲストハウス・あるがままが最安で予約できます





このあるがままは名前の由来が非常に気になるところではあるんですが、それはおいといて... ここは明日香村に近いところにあって、ドミトリーで1泊2800円くらいでリストアップされています。

明日香村散策にはかなり便利な立地かと思うんですが(自転車とか借りるのがオススメかと思います)、ゲストハウスとしては少々お高いのと、その内容を写真から鑑みるとあまり洗練はされていないような印象を受けます。

バンガローとかファミリールームのような部屋もあるんですが、更にお高い印象なので最大収容人数を活かして複数人で泊まるのがいいかと思います。

が、奈良の南部方面の観光で安い宿を探すのであれば、一旦近鉄電車で大阪の天王寺・新今宮まで出て(往復で1000円くらい)1000円程度の激安宿に宿泊した方が幸せになれる気もします。

ただ、時間がもったいない、金で時間を買うんじゃい!とかいう方でしたら宿泊もやぶさかではないのかな、とは思います。
(そういう人は5000〜10000円の橿原市内のホテルに泊まった方が幸せになれます)




・ゲストハウス・はじまり



ここからゲストハウス・はじまりが最安で予約できます





ここはアゴダでドミトリー1泊2500円くらいでリストアップされていました。

大和八木駅という奈良市内を除いたら奈良の第二の繁華街がある駅から徒歩8分くらいの場所にあります。

ここは一般の民家のような外観で、中には男女別のドミトリー(バンクベッド・和室)とファミリールーム(和室)があるようです。

民泊のような感じでアットホームなのかな?という感じで賛否は分かれるような気がします。

おそらく立地的にもコアな観光客が来るようにも思うので、夜な夜な奈良の歴史を語るのもいいかもしれません。

ドミトリーはカーテンで仕切られているのでプライベート感はありそうです。

実際泊まってないので何とも言えませんがこの価格でこの感じだと奈良南部を限定するとアリよりのアリかなという感じです。






上記2軒はアゴダで結構ウォッチしているし、実家に戻ってきているタイミングで2000円以下になるコトがあれば泊まってみようかな、と思います。(あるかな?)

その時はまたレビューします!






アゴダで宿泊先を探してみましょう










アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宿泊予定

2020年02月01日

Downtown INN Kyoto








今回の宿は京都です。

京都もこの時期(1月)、非常に宿泊料金が安いのですが悲しいかな、宿泊税という謎の税金を国に納めないといけないので、激安の宿でも最低200円を上納しなければなりません。

そんな中でアゴダで700円台という超激安な宿を見つけました。

実際には783円だったんですが、その中にはすでに宿泊税が含まれています。

なので実質的には宿側の売り上げは583円という破格の宿です。

以前に一度泊まったコトがあるDowntown Inn京都です。





ここからDowntown Innが最安で予約できます






ここは再訪なんですが、ここを再度選んだのには安かったというコト以外に理由があります。

それは以前泊まった時はオーナーの松岡氏曰く「まだこの宿は完成していない、未完成だッ!」というコトだったので「どれ今どうなってるかいっちょ確かめに行ったろうかいのぅ」と思ったからです。

コダワリもあって京都で最安を目指していて、それでいて京都の宿泊税にも猛烈に反対して署名も集めていた松岡氏プレゼンツな宿なので期待が持てます。

ちなみに以前のレビューはコチラ。
http://fanblogs.jp/netadi/archive/97/0






基本的な情報は前回のレビューを参考にしてもらうとして、今回は目新しいところだけをピックアップします。



外観
IMG_6145.jpg


館内
IMG_6147.jpg



受付では外国人の女性スタッフが迎えてくれました。

ここは外国人メインでスタッフを募集しているようです。(トイレに英語で書かれたスタッフ募集の貼り紙がはってあったので)

そのスタッフは最初身分証明書(運転免許)を撮影するトコまでは怪しい日本語の対応だったんですが、その後いっぱいいっぱいになったのか英語の説明に変わってそのまま部屋に案内されました。(可愛いから許す)



男女混合ドミトリー
IMG_6146.jpg



今回は前回未完成だった6人用の男女混合ドミトリー(7階)に泊まりました。

ドミトリーというか、公式ではカプセルと呼称されてます。

宿もゲストハウスではなくカプセルホステルという謎の(?)コンセプトで宣伝しているようです。

ここでも松岡氏コダワリがあって、バンクベッドは普通シングルユースなんですが、隣同士のベッドの壁を取っ払うコトでツインベッドとして二人で利用が可能となっています。

これはかなりアリだなと思いました。アリ寄りのアリです。

ネットカフェのブース席の壁のドアを開けると、隣同士のブースが繋がる例のアレと同じシステムです。

実際、この日女性2人が同じ部屋に泊まってたんですが、壁を取っ払ってツインベッドとして使用していました。(凄く仲がいいんでしょう)

以前に泊まった部屋は横並びにバンクベッドが並んでいるので、壁を取っ払うとツインはおろかトリプル、はたまたクアドラプルのベッドとして広い空間が出現して複数人が利用可能となってます。

広い空間になると色んな寝方(体位)が出来そうです。



ベッド
IMG_6153.jpg


ベッド
IMG_6155.jpg



ベッドはこの価格帯にも関わらずシーツが予め敷かれていました。

というかシーツかどうかよく分からない色合いのシーツなんですが、敷かれているようです。(スタッフに確認しましたが敷かれているようなコトを言ってたのでそうなんでしょう)



ベッド(操作パネル)
IMG_6154.jpg



寝心地も良かったし、照明も調光コントロール機能があるし、ワールドワイド仕様なコンセントも2つ、USB給電ポートも2つあります。

カプセルホテルの設備に近いです。
下手なカプセルホテルよりもよっぽど設備がいいです。綺麗ですし。



ベッド
IMG_6156.jpg



カーテンも分厚いのでプライベート感があります。

が、1つ気をつけなければならないのは....

隣のベッドとは普段板で遮断されているんですが、寝相が悪いとその板に当たってスライドして隣のベッドと繋がってしまうコトです。



隙間
IMG_6169.jpg



実際朝起きると板がズレてて隣のベッドの人が見えてました...。

自分は寝相がいいので多分横の人が足で板を蹴ったか故意にスライドさせたか...。(後者だとコワい)

簡単に板が動いてしまうのでここはちょっと板がズレないようにロック出来るようにするとか、さらに内鍵を両方から掛けられるようにして欲しいところです。



シャワー
IMG_6148.jpg



シャワーは今回浴び損ないました。(後述のワイン会でバタンキュ〜(死語)だったため)

コンディショナーはありません。



共用スペース
IMG_6150.jpg


共用スペース
IMG_6149.jpg



共用スペースが6階と7階の2ヵ所に出来てました。

横並びのカウンターになっているので1人で作業するには好都合なんですが、大人数だとちょっと使いづらいかなと思います。

奥のベランダに喫煙場所がありました。



トイレ(金ウン)
IMG_6170.jpg


トイレ(レインボー)
IMG_6151.jpg



そしてやはりトイレは松岡氏のコダワリを感じます。

金のトイレだけじゃなく、レインボーに輝くトイレが増設されていました。

ていうか何故トイレにこだわる??

しかもトイレに近付くと2台のトイレの便座が同時にヴィ〜ン!と開くのでちょっとびっくりします。



炭火とワイン
IMG_6160.jpg



夜は四条麩屋町の炭火とワインで飲み会がありました。

ワイン飲み放題でハウスワイン全種類コンプしました!






総評・備考


宿泊税を除く583円でこのレベルだとコスパが圧倒的にいいと思います。



総合評価 4.5
 料金   5.0
 快適度  4.5
 設備   4.4
 サービス 4.3

アメニティ シャンプー、ボディソープ
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、シャワー、共用スペース、ミニキッチン
ファシリティ(部屋) 照明、コンセントx2、USB給電ポートx2、ハンガー
サービス 
セキュリティ 24時間対応受付?
部屋(ベッド) 7階男女混合ドミトリー(720・上段)
料金 583円(京都宿泊税200円別)
予約 Agoda
宿泊日 2020/1/31
チェックイン 16:00
チェックアウト 10:00
外国人:日本人比率 20:5
男女比率 1:1
客室 男女混合ドミトリー(カプセル)
収容人数 
Web https://downtowninnkyoto.com/









ここからDowntown Innが最安で予約できます









アゴダで宿泊先を探してみましょう










アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都