広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年02月12日

ミス・マープルと十三の謎*聖ペテロの指の跡【8】


ミス・マープルと十三の謎*聖ペテロの指の跡【8】





「なんてまあ、わがままな不人情な人なんだろうねえ。そんなことをするから誰もおまえの肩をもってくださらないのよ。おまえもわかるでしょう。料理女はそのことをいろいろなところで繰り返し繰り返ししゃべったんだわ。おやおや、これはまた厄介なことになった。」





・・・・・・・



ミス・マープルは料理人の女性や女中に話しかけた。
料理人の女性はきのこにこだわっていたが、ミス・マープルはそれをかわして、当日の様子をなんとか聞き出そうとしていた。



二人からなんとか聞き出せたことは・・・あの晩、旦那様は相当な苦しみようだった・・・何も飲み込むこともできず、締め付けられたような声だった・・・とりとめのないうわごとを叫んでいた・・・。



「とりとめないことって?」ミス・マープルは聞いた。




二人は顔を見合わせながら、言った。



「何か魚のことじゃなかったかしら?ねえ?」
もう一人の顔を見た。


「魚の山(ヒープ)がどうのこうの・・・とかなんか訳の分からないことをおっしゃっていて、私は旦那様が気が変になられたと思いましたわ、お気の毒にと。」



二人から聞き出すことはもうなかったミス・マープルは老いた叔父の面倒をみている看護婦に声を掛けた。
中年の女性だった。



彼女はあの晩、不在だったことを残念に感じてた。
またプトマイン中毒の兆候かどうかも時と場合により結局はよく分からなかった。


ミス・マープルは彼女の患者(デンマンの叔父)について聞いてみた。



彼女は首を横に振った。

「あまりよくありませんね。」



「衰弱なさってるのですか?」




「いいえ、体は至って丈夫でもしかしたら私たちより長生きされるかもしれません。視力だけは衰えがはげしいですが・・・。それよりもお頭がどんどん悪くなってきていて、私はデンマン夫妻に病院のような施設にお入れになるよう申し上げましたが、奥様はどんな犠牲を払ってもといって、それだけは承知なさいませんでした。」



本来のメイベルはとても心優しい人間だったのだ。




しかしこの状況を打破するにはどうしたらよいのか、ミス・マープルはあらゆる角度から考えた。




死体発掘を申請し、検視解剖をしてもらい、根も葉もないうわさ話を払しょくしなければならないとメイベルに告げた。



メイベルは大騒ぎして大反対した・・・お墓の中で平和に眠っているあの人を掘り起こすなんて考えられない、罰当たりだと・・・。




しかしミス・マープルは決意を変えなかった。
やがて死体発掘の許可が出て、正式な検視解剖が行われた。




砒素の痕跡はなかったのだ。



しかしながら、困ったことがあった・・・それは報告書の文句に現れていた。
死に至らしめた原因となるべきはなんら発見しえず、というものだった。




これはなんの解決にもならないばかりか、却って、発見が困難な毒物が盛られたのだ・・・といった憶測が流れる原因にもなってしまった。
既に疑惑を払しょくする機会を失ってしまっていた。




ミス・マープルは悩んでいた。






(次号に続く)








にほんブログ村 本ブログ ミステリー・推理へ
にほんブログ村




***

http://r.goope.jp/ne-casa-ruoka

***












































2017年12月25日

アガサ・クリスティーとメリークリスマス!(番外編)



アガサ・クリスティーとメリークリスマス!(番外編)


IMG_6952.JPG


メリークリスマス!

今日はクリスマスです。

アガサ・クリスティのミス・マープル編はクリスマス休暇で少しお休みしました。



このミステリーツアーも書かせて頂いて、かなり時間が経ちました。
色々な分野の作品の中にある、本箱の中にあるミステリーを描くつもりで、まずはミステリーそのもの、ミステリーの女王・アガサ・クリスティからスタートしたのですが・・・作品数も多く、まだまだアガサ・クリスティは続きます。
もちろん、アガサ・クリスティの後も本箱の中にあるミステリーということで、古今東西・作品の分野を問わず、書き続けていこうと思っています。



アガサ・クリスティ(1890〜1976)は晩年、毎年12月あたりに新作を発表していました。
当時の書店でも目にした方もおられると思いますが、「クリスマスにクリスティを」という出版社が考えたコピーが大々的に店頭に掲げられていました。



アガサ・クリスティ自身も(ポアロのクリスマス)という題名の推理小説も出しています。
また(クリスマス・プディングの冒険)という題名の短編集もあります。
これらの本についてもおいおいご紹介する予定です。



【ベツレヘムの星】

アガサ・クリスティはミステリーの女王として有名な作家ですが、実は別の作家としての顔も持っていました。
数多くの推理ミステリー小説を執筆する一方で、聖書を題材とした物語や詩を集めたクリスマスブックを書きました。

それが【ベツレヘムの星】です。

ベツレヘムの星とは・・・かのイエス・キリストが生まれるとき、天空の星が東方の三博士(もしくは三賢者、三賢王とも言われている)をメシア誕生の元に導いて行きます。
この神兆でもある聖なる星を(ベツレヘムの星)とよび、クリスマスツリーにもてっぺんに星を飾っています。

確かに(ベツレヘムの星)も宇宙レベルでのミステリーといえば、大ミステリーです。

私自身は、ミステリーの女王であるアガサ・クリスティもスキャンダラスな突然の失踪事件を起こしたアガサ・クリスティも清らかなスピリットで物を書こうとしたアガサ・クリスティも・・・とても人間らしい人であったのだろうなぁと思っています。

聖なる夜の神兆であった星・救い主への羅針盤である(ベツレヘムの星)を題材に選んだのも彼女らしい選択なのだと思いました。


楽しく華やかでにぎやかに過ごすクリスマスも素敵ですが、いろいろな思いをはせながらクリスマスの聖なる夜を厳かに過ごすのも本来のキリスト生誕祝いに近いのかも知れないとふと感じています。



(次号に続く)






にほんブログ村 本ブログ ミステリー・推理へ
にほんブログ村




***

http://r.goope.jp/ne-casa-ruoka

***













































2017年12月18日

ミス・マープルと十三の謎*聖ペテロの指の跡【6】

ミス・マープルと十三の謎*聖ペテロの指の跡【6】





夫が不審死する前に大喧嘩をし、毒薬の砒素を手に入れていたメイベル・・・。




街中の不穏な噂は致し方ない状況だった。





「お医者さんはどなたなの?」
ミス・マープルは聞いた。



**********




「ローリンソン先生ですわ。」




ミス・マープルはそのお医者さんを知っていた。前にメイベルが街中で指さして、医者の名を教えてくれたからだった。
とても印象的で・・・つまり、よぼよぼのおじいさんだった。



そして彼女は経験から、医者も人の子で時にはその診断を間違うこともあるのだと思った。



すぐにミス・マープルは帽子をかぶって、ローリンソン医師を訪ねた。



ローリンソン医師はミス・マープルが考えていた通りの人だった・・・いいおじいさんで、親切でぼんやりした、かわいそうなほど近眼で、耳が遠く、ちょっとのことで気を悪くするような人だった。




ミス・マープルはメイベルの亡くなった夫の様子を医師に聞いた。
彼は毒キノコや食用キノコや、ともかくきのこについて長々ともったいぶって、話し始めた。
料理女にも訪ねたらしい。その夜の料理に使ったきのこに一つ二つ(ちょっとおかしい)のがあったらしい。しかし店から届けられたものだから大丈夫と思い、料理したらしい。
それから料理女はあのきのこはおかしいきのこに思われてくるとの事だった。





ミス・マープルは言った。

「そう思うでしょうね、人間の記憶はマッシュルームそっくりだったと言っておきながら、状況に応じて、後になって紫色のオレンジの斑点があったなんて言い出しかねない、その気になれば根も葉もないことを思い出したりするのですわ。」




ともかく、ミス・マープルからすれば、医師もその場に居たお手伝いも料理女も不確定な要素ばかりにしか思えなかったのである。




確かに人間の記憶は誰であっても完璧はなく、不確実なところも多々あった。





(次号に続く)






にほんブログ村 本ブログ ミステリー・推理へ
にほんブログ村




















最大60,000円キャッシュバック!【ソフトバンク光】


保険を見直して家計を節約!ほけんのFP



コチラ


















2017年12月03日

(ミス・マープルと十三の謎*聖ペテロの指の跡【5】)









(ミス・マープルと十三の謎*聖ペテロの指の跡【5】)





誰がどんなことをしても助からない・・・私が死ねばいいんだわ・・・とメイベルは取り乱して言った。





「ねえ、時には神の手におすがりすることを、もっと考えるのよ。さあ、メイベルや、おまえまだ何か隠し立てしてるのね。ちゃんとわかってますよ。」





子供の頃でもメイベルがすっかり白状しない時には、それが手に取るようにミス・マープルには分かったものだった。




この時もかなり手間取ったが、なんとかメイベルから彼女が隠している話を聞き出した。




やっと全てが明らかになった・・・メイベルはその朝、薬局に行って少し砒素を買って来ていたのだった・・・。





**********





もちろん、毒薬なので、メイベルはしっかり自分の署名をしていた。

そして薬局の者が喋ったのは当たり前だった。




夫が不審死する前に大喧嘩をし、毒薬の砒素を手に入れていたメイベル・・・。




街中の不穏な噂は致し方ない状況だった。





「お医者さんはどなたなの?」
ミス・マープルは聞いた。





(次号に続く)






にほんブログ村 本ブログ ミステリー・推理へ
にほんブログ村




















最大60,000円キャッシュバック!【ソフトバンク光】


保険を見直して家計を節約!ほけんのFP



コチラ



















2017年11月25日

アガサ・クリスティから (159) (ミス・マープルと十三の謎*聖ペテロの指の跡【4】)





(ミス・マープルと十三の謎*聖ペテロの指の跡【4】)





ミス・マープルは何が原因で喧嘩したのかをメイベルに問いただした・・・。





結局、この夫婦は、しょっちゅう喧嘩の絶え間ない状況だったと分かったのだった。





ミス・マープルはため息をついた・・・。





**********





「何がもとで喧嘩をしたの?」とミス・マープルは聞いた。





それに対してのメイベルの答えはこうだった・・・。

いわく・・・ああ、いつものことなのよ。同じことを繰り返し繰り返しやった・・・つまらないことで、ジェオフレイは手を付けられない程になり、そしてひどいことを言った・・・だから、自分も思っていることをぶちまけてやったのだと。




確かに、メイベルの親族が結婚を反対したのには、理由があった。
ジェオフレイの性格は尋常を異している位に激しく、またその血縁者には本当に常軌を異した精神的な疾患がある人がいるということもあった。
しかし昔ながらの偏見に過ぎないとメイベルは、反対を押し切って結婚したのだった。




「じゃあ、しょっちゅう、喧嘩の絶え間なしだったのね?」





私のせいではないとメイベルは言い張った。




ミス・マープルは姪に言い聞かせた。

どちらかのせいとか言うことではないのは、よく分かるが、こんな狭い土地でしょちゅう喧嘩をしていた夫婦がその朝、大げんかをし、その夜、不思議なことに夫が突然、亡くなったら・・・多かれ少なかれ世間の関心ごとになるのは仕方がないと。

「それだけなの?それともほかに何かまだあって?」




メイベルは言っている意味が分からないと、むっとした。




「それだけのことよ、ねえおまえ、何かバカなことをしたのなら、隠さずに言っておしまい。私はなんとかしてお前を助けてあげたいとばっかり思ってるんだから。」





誰がどんなことをしても助からない・・・私が死ねばいいんだわ・・・とメイベルは取り乱して言った。





「ねえ、時には神の手におすがりすることを、もっと考えるのよ。さあ、メイベルや、おまえまだ何か隠し立てしてるのね。ちゃんとわかってますよ。」





子供の頃でもメイベルがすっかり白状しない時には、それが手に取るようにミス・マープルには分かったものだった。




この時もかなり手間取ったが、なんとかメイベルから彼女が隠している話を聞き出した。




やっと全てが明らかになった・・・メイベルはその朝、薬局に行って少し砒素を買って来ていたのだった・・・。






(次号に続く)






にほんブログ村 本ブログ ミステリー・推理へ
にほんブログ村




















最大60,000円キャッシュバック!【ソフトバンク光】


保険を見直して家計を節約!ほけんのFP



コチラ




















2017年11月18日

アガサ・クリスティから (158) (ミス・マープルと十三の謎*聖ペテロの指の跡【3】)

(ミス・マープルと十三の謎*聖ペテロの指の跡【3】)






「火のないところに煙は立たないっていうでしょう、ねえ、メイベル、どういうことから皆がそう言いだしたか、言ってくれなきゃあね、何かあったんでしょう、ねえ?」





**********





ミス・マープルは頑張って聞きだそうとしたが、メイベルはなかなか口を開いてくれなかった・・・。
 




やっとのことでメイベルはポツリポツリと話し出した。
なにもない・・・全然、なにもない・・・ただジェオフレイ(夫)の死が突然だったというだけ。





夫はその晩の食事の時はとても元気だった。
ところが夜中には重体になって、医者を呼びにやったが、医者が来て、二〜三分後に急死した。
死因は毒キノコだという。






ミス・マープルは姪の顔見て言った。
「そうね、そうした変死は口がうるさいのよ。だけど、それだけではなくて、もっと何かあったに違いないわ。メイベル、ジェオフレイと喧嘩したとか?!なかったの?」





メイベルはしぶしぶ首を縦に振った。




前日の朝食の時に喧嘩をしたという。





「メイド達がそれを聞いたんじゃなくて?」




「部屋の中にはいなかったわ。」




「でもね、おまえ、入り口のすぐ外側にいたかも知れないでしょう?」




ミス・マープルはメイベルの甲高いヒステリックな声がよく通るのを知っていた。
また夫のジェオフレイ・デンマンも怒ったら大声を出す癖のある男だった。




ミス・マープルは何が原因で喧嘩したのかをメイベルに問いただした・・・。




結局、この夫婦は、しょっちゅう喧嘩の絶え間ない状況だったと分かったのだった。






ミス・マープルはため息をついた・・・。






(次号に続く)






にほんブログ村 本ブログ ミステリー・推理へ
にほんブログ村




















最大60,000円キャッシュバック!【ソフトバンク光】


保険を見直して家計を節約!ほけんのFP



コチラ



















2017年11月05日

アガサ・クリスティから (157) (ミス・マープルと十三の謎*聖ペテロの指の跡【2】)






(ミス・マープルと十三の謎*聖ペテロの指の跡【2】)






姪はひどく悩んでいた・・・彼女が夫を毒殺したのだと、うわさが街中にひろがっていて、もともと仲良くしていた友人や知人でさえ、彼女を避けて通るのだった・・・。




日に日に、噂はひどくなり、広まっていった・・・。





**********






ミス・マープルは、子供の頃から手の掛かった姪のメイベルから詳しいことを聞き出すのに苦労していた・・・。





メイベルはただぼんやりとしか言ってくれなかった。




悪意あるうわさ話。
うわさをするしか用事もないなまけもののことや、こそこそと他人の耳になにかをふれまわるおっせかいのこと等・・・。





ミス・マープルは姪のメイベルにはっきりと内容を言うように諭した。





そして聞き出せたのが、彼女が夫を毒殺したのだといううわさ話だった。





うわさ話ほど残酷なものはないのだった。
そしてそれと闘うことも非常に困難であった。
一方的に陰でこそこそ言われているだけで、反対することも反駁することも出来ないのだから。

なすすべもないまま・・・その間にうわさはどんどん広まるばかりで、もう止めようがなくなってしまっていた。





ただメイベルが人を毒殺するような女ではないということだけは、ミス・マープルには確信があった。





ミス・マープルの勘では何か?メイベルがばかげたことをしでかしただけだろうと。





それだけのことで、彼女の一生をめちゃくちゃにし、家庭の生活を耐えられないようにさせるなんて、全くひどい話に思えた。





「火のないところに煙は立たないっていうでしょう、ねえ、メイベル、どういうことから皆がそう言いだしたか、言ってくれなきゃあね、何かあったんでしょう、ねえ?」







(次号に続く)






にほんブログ村 本ブログ ミステリー・推理へ
にほんブログ村




















最大60,000円キャッシュバック!【ソフトバンク光】


保険を見直して家計を節約!ほけんのFP



コチラ




















2017年10月28日

アガサ・クリスティから (156) (ミス・マープルと十三の謎*聖ペテロの指の跡【1】)







(ミス・マープルと十三の謎*聖ペテロの指の跡【1】)





毎週、順番に本人しか知らない謎を出して、メンバーで推理をし合い、謎を解いていく(火曜ナイトクラブ)。

メンバーは、ほとんど村から出たこともないような白髪で高齢のミス・マープル、その甥で作家のレイモンド、女流画家のジョイス、元ロンドン警視庁の警視総監・ヘンリー卿、教区の牧師でもあるペンダー博士、弁護士であるペザリック氏。

この六人で毎週、謎を解いてきたのだった・・・意外にも、どの謎も、ひざの上で編み物をしながら、ずばりと真相を言い当てるのは詮索好きな老嬢ミス・マープルだった。


今回はいよいよミス・マープルに謎提案の順番が回って来た・・・。

彼女の話とは・・・。






・・・・・・・・・





「さて、ジェーン伯母さん、いよいよあなたの番が来ましたよ。」レイモンド・ウエストが言った。





「そうですわ、ジェーン伯母さま、皆、何かピリッとした味のある話を楽しみにしていますのよ。」ジョイス・ラムプリェールが調子を合わせた。





ミス・マープルは、穏やかながらも、二人が彼女を笑いものにしているとやんわりと言った。





「私なんか、ずっとこんな辺鄙な村に住みついていますからね、面白いことに出会ったことなんかないと思ってらっしゃるんでしょうねえ。」





レイモンドは、村の生活が平和で平穏無事だなんて、もう思えないし、伯母さんからあんなに恐ろしい事実を聞かされた後では、セント・メリー・ミードに比べたら広い世間の方がまだ穏やかで平和に思える。と言った。





「それはねえ、おまえ。」とミス・マープル。

「人間というものはね、どこにいたって同じですよ。それに、こうして村に住んでいると事実をずっと近くで観察する機会にめぐまれますからね。」






彼女が知り得た村の小さな出来事は、皆さんがつまらなく思えるであろうこと。
まあ、例えば、誰がジョーンさんの網かばんの編み目を切ったか?・・・人間の色々なことを探求しようとする人にはとても面白い材料だが、面白く思われないであろうということ。






そんなことをミス・マープルは考えたらしく、しばらく、話題を迷っていたが・・・たった一つだけ、皆が面白く思えるような話題を思い出したらしかった。





それは今から、10〜15年位前の話であるらしい。




ミス・マープルの姪であるメイベルの話だった・・・。




彼女はいい子だったが、すこし足りない感じでメロドラマ的なことが好きだった。

22歳の時に激しい気性のデンマンという男と反対を押し切って結婚した。

結婚してから、幾度となく、ミス・マープルは夫妻の家にも招待されていたが、村を離れることを好まないミス・マープルは一度も訪ねたことはなかった。




二人が結婚して10年経った時、夫であるデンマンは急死した。
子どもがいなかったので、姪のメイベルが財産を全て相続したのだった。




ミス・マープルは何か手伝うことや相談があるのなら、訪ねていくことを伝えたが、姪からは(大丈夫)というしっかりした調子の手紙を受け取った。




しかし3か月もすると、こんどはヒステリックな調子で(事態がますます悪化している、もうしんぼうしきれなくなった、どうかすぐ来てもらいたい。)という手紙をミス・マープルは受け取った。



取るものも取り合えず、ミス・マープルは駆け付けた・・・。




姪はひどく悩んでいた・・・彼女が夫を毒殺したのだと、うわさが街中にひろがっていて、もともと仲良くしていた友人や知人でさえ、彼女を避けて通るのだった・・・。




日に日に、噂はひどくなり、広まっていった・・・。







(次号に続く)






にほんブログ村 本ブログ ミステリー・推理へ
にほんブログ村




















最大60,000円キャッシュバック!【ソフトバンク光】


保険を見直して家計を節約!ほけんのFP



コチラ






















2017年10月22日

アガサ・クリスティから (155) (ミス・マープルと十三の謎*動機 対 機会【21】)






(ミス・マープルと十三の謎*動機 対 機会【21】)







どんな書類にでも主人が署名する際に、証人になってほしいと言われたら、彼が渡した万年筆・・・いつものペンと全く同じ形のペンを持って行くようにいいつけた。
彼女は最初のペンが入っている方ではなく、彼が渡したペンが入っている方の引き出しを開け、主人に渡したのです。
女中はそれだけしか言われていませんでした。
そして忠実な女中は彼の指図を正直にそのまま実行しました・・・。





**********





フィリップ・ギャロッドは話を急に切った・・・。

「ご退屈でしょうか?こんな話は、ペザリックさん。」





「いやどういたしまして。とても面白く伺っていますよ。」





弁護士とフィリップ・ギャロッドは、目と目をじっと見合わせた。





「僕の友達というのは、もちろん、あなたの知らない男ですよ。」




しばしの沈黙から慌てて、弁護士は答えた。




「むろんそうでしょうな。」




フィリップ・ギャロッドは「それなら結構です。」そう締めくくった。





弁護士はここから、ちょっと黙った。
そして皆の方を見て、種明かしを始めたのだった・・・。





フィリップ・ギャロッドはしばらく黙った後、こう続けたと言う。

「お分かりになりましたか?そのペンには消えるインクといわれているもの・・・でん粉を水に溶かして、二〜三敵のヨードを加えたもの、それが入っていたのです。これは濃いブルー・ブラックの色になるのですが、それで書いた筆跡は4、5日ですっかり消えてしまうのです。」






ミス・マープルはくすくす笑った。

「消えるインキね、知ってますよ。」

ミス・マープルも子供の頃、しょっちゅう、それでいたずらをしていたらしい。





彼女は、きょとんとしている皆を見渡して微笑んだ後、もう一度、ペザリック氏の方に指を振った。

「でもやっぱりそれは人を引っ掛ける罠ですよ。ペザリックさん、とても弁護士さんにふさわしい、ね。」





(動機 対 機会 THE END)





・・・・・・・・・





次回からは【聖ペトロの指の跡】です。

やはり(火曜ナイトクラブ)の推理メンバーと共にミス・マープルが登場します。

まだまだミス・マープルのばく進が続いていくのですが、彼女自身はゆっくりとひざ元で編み物をしながらの参戦です。





またミス・マープルはほとんどイギリスの片田舎の村から出たこともないのですが・・・その狭い村の中で起きた事柄や人間の動向から普遍的な部分を見出し、誰よりも謎をどんどん解いていきます。





彼女の活躍をお伝え出来ればと思います。





また次回からも、この推理劇を楽しんで頂けますように。





・・・・・・・・・






(次号に続く)






にほんブログ村 本ブログ ミステリー・推理へ
にほんブログ村




















最大60,000円キャッシュバック!【ソフトバンク光】


保険を見直して家計を節約!ほけんのFP



コチラ





















2017年10月15日

アガサ・クリスティから (154) (ミス・マープルと十三の謎*動機 対 機会【20】)





(ミス・マープルと十三の謎*動機 対 機会【20】)






弁護士が言うには、それから一か月ほどしてから、フィリップ・ギャロッドと一緒によそで食事をしたらしい。
食後、あれこれと雑談している時に彼が最近聞いた面白い事件なんだが・・・と次のような話をしてくれたらしい。

「この事件について申し上げたいことがあるんですよ。ペザリックさん。もちろん、ごく、内々で。」





「ええ、内々でね。」とペザリックは答えたという。





その時はまだ彼が何を伝えようとしているのか、ペザリックには分からなかった。






**********





「僕の友達のことですがね。その男は親類から遺産を譲られることをあてにしていたのですが、その親族が全く別の値打ちのない人物に遺産を残すつもりだと知ったのです。その男は全くのこと、憂鬱になりました。彼はいささか目的の為には手段を選ばないタイプの男でしてね・・・。」

フィリップ・ギャロッドの話は続いた。

その親類の家には、正当な遺産相続人であるその友達に非常に忠実な女中がいたという。
彼はこの女中に簡単な指示を与えた・・・。
つまり、こうである。
インキをいっぱいに入れた万年筆を女中に渡して、主人の書き物机のいつもペンが入っている引き出しとは違う方にその万年筆を入れさせた。

そしてこうしろとだけ言った。

どんな書類にでも主人が署名する際に、証人になってほしいと言われたら、彼が渡した万年筆・・・いつものペンと全く同じ形のペンを持って行くようにいいつけた。
彼女は最初のペンが入っている方ではなく、彼が渡したペンが入っている方の引き出しを開け、主人に渡したのです。
女中はそれだけしか言われていませんでした。
そして忠実な女中は彼の指図を正直にそのまま実行しました・・・。






(次号に続く)






にほんブログ村 本ブログ ミステリー・推理へ
にほんブログ村




















最大60,000円キャッシュバック!【ソフトバンク光】


保険を見直して家計を節約!ほけんのFP



コチラ





















検索
ファン
写真ギャラリー
最新コメント
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
アガサ・クリスティ編さんの画像
アガサ・クリスティ編
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。