状況別のアプローチ



皆さん今晩は

今夜もご訪問ありがとうございます

本日はアプローチショットの使い分けについて

お話いたします。

状況判断として、ボールのライ、ボールからエッジまでの距離、エッジからピンまでの距離

の3点の状況からショットの内容を選択していきます。

エッジから旗が遠くなればなるほどキャリーよりランを使うことができますから、

転がす(ランニング)アプローチが有効です。

グリーンエッジに旗が近ければ、手前の障害を飛び越せるような


キャリーのあるショット(ピッチ)

が必要になります。

もう一つは、ボールのライを考慮した場合で、ライが悪ければ

ランニングアプローチ、ライが良ければピッチショットができます。

プレー中の状態は一様でなく複雑に混じり合って直面するアプローチを

難しくしています。状況を慎重に見極めなければなりません。

    >>次へ