目標に構えることの重要性!

皆さん今晩は

今夜もご訪問ありがとうございます。

コースでは練習場と違い周りに目標をとりやすい目印がありません。

コースでのプレーに慣れてない多くのアマチュアゴルファーは

プリショットルーティーンを疎かにします。

またコースでは多くの錯覚をするミスを多発してしまいます。

たとえば目標線に身体の各部分(両肩、腰、ヒザ、足)を

平行に合わせた後に、もう一度目標を見ると、

なんだか左を向いてしまっているように感じることが多くありませんか?

それらが、無意識に身体を右に向ける動作をしてしまいす。

最初の時点でほとんど目標に正しく向いているのですが、

違う方向を向いていると錯覚してしまうのです。

ボールのある位置は目線の下ではなく、かなり先にあるのですが

目標をボール後方から見たとき自分の身体(目線)は

かなり左側にあるため、構えて目標を確認したときには

目標の左側の景色が見えるのが普通です。

左側が見えたままショットするのは不安だと思いますが、


ある程度の時間をかけて慣れる事が大切です。

日頃からプリショットルーティーンを自然に行えるよう

練習しておきましょう!




この記事へのコメント