スイング中の力みについて!

練習場ではスムースに振れるのに、コースではつい力んでしまう。

ということは多くないでしょうか?

練習の時は何度も打ち直す事ができるので、ミスショットに

対する恐れもなく、リラックスして打つ事ができます。

しかし実際のコースでボールを目の前にした時には、

一発勝負ですので、そんなリラックスした

気持ちにはなかなかなれないのが現実となります。

皆さんはコースでどんな感覚で素振りをしていますか?

身体全体の力を抜いてゆっくりという具合でしょうか。

素振りと実際にボールを打つときのスイングは、

できるだけ同じ力加減で振るべきだと思います。

まず素振りは、トップからフィニッシュまである程度の力でしっかり振り切り、フィニッシュが

バランスよく収まることが大切です。

本番のスイングにおいても素振りと同様に

同じ速さで振ることが大切です。

速さに差があればあるほど、力の入れられる幅が

広くなってしまうのでバラつきが多くなり、実施のスイングの時に

タイミングが取りにくくなります。

素振りと本番のスイングは同じ速さやリズムを心掛けて

スイングしましょう!



この記事へのコメント