腕と体の同調!

皆さん今晩は月

今夜もご訪問ありがとうございます。笑顔

最近試打会をしてる中で、気なることがあります。落ち込み

体重移動を意識しすぎてしまっているせいか、腰が左右に大きく

動きすぎてしまい、体の回転が上手くできていない人が多いように

感じます。落ち込み

スイングは回転運動ですから、バックスイングで体が回るにしたがって

クラブヘッドはインサイドに入ってきます。笑顔

この時、手だけで飛球線方向に引いてしまうことが多いので、腕の振りと

体の回転が調和せず、アドレスの膝の高さを保てなり、腰が大きく左右に

動いてしまいます。

スイング中膝は不動のように見えますが、高さを変えずに捻られています。

膝が伸びるというのは、正しい回転ができていないからです。

練習としては、まず最初に胸の高さの位置から、水平素振りをします。

続いて少し下げて振り、最後にボールを打ちます。笑顔

これを繰り返せば体が水平に回る感覚をつかめ、アドレス時の膝の高さを保って

正しく腕と体を同調させながらの回転運動を意識した、スイングできるように

なるでしょうびっくり

皆さんも是非試してみてください笑い

この記事へのコメント