倉本プロとの思い出

皆さんこんばんは月

本日もご訪問ありがとうございます笑顔

今夜はとてもラッキーだった1日についての内容を

お話します。ハリーがBSスクールを担当して何年目であったでしょう?

確かその年が、BS全国インストラクターセミナー第1回目に当たると思い

ますが、とてもラッキーな1日を過ごすことが出来ました。

当時は50校を越していたと思いますが、各校インストラクターが1〜2名参加して

いたと思います。

2日間の日程で2日目は9ホールのラウンド実習が行われました。

ハリーは運良く、倉本プロとプレーすることになりました拍手

前の日に、明日の組み合わせを見たとたん、緊張のあまりか頭が痛くなり

具合が悪くなるありさまでした落ち込み

がしかし、一緒にラウンドするからには、何かを吸収しなくてはと必死に

プレーしたことを覚えております怒り

スタートホールでは、倉本プロが大きく左に曲げ、1ぺナとなったことが

救いで、ハリーはティーショットをフェアウェーに打てたことを

覚えております。

しかも、トップ目のスタートだったこともあり、ギャラリーが大勢いて

かなり、緊張したことも覚えています落ち込み

そうした中で、倉本プロに、ラウンド中ある質問をしてみました。

それは、ロングパットの距離感をどうやって上手く出したらいいのかを

質問してみたところ、ハリーに「カップを見ながらだいたいの距離をイメージ

し、素振りをしてみさい」と言われ、実際にカップを見ながらまず、素振りを

しました。

そして、実際のストロークでは、倉本プロがカップを見せないようにパッティング

ラインを跨いで立ち、ハリーに「打ってごらん」と言い

打たせました困った

ところがどうでしょうびっくりびっくりびっくり

10メートル以上あったパットが、カップ30センチ手前に、いとも簡単に

寄ってしまったのですびっくりはてな

やはり、人間の本能と言うのはとてもすばらしく、結果を意識しすぎないことで

自然に感覚的に振ることが出来、寄ってしまったのですOK

人間は打つ瞬間に、「寄せなければ」などど余計な意識を持ってしまうことで、

エラーを生じさせて、かえって失敗してしまっているんだな〜ということが

つくづく感じられました笑顔

本当にラッキーな1日でしたOK笑い


この記事へのコメント