つま先上がりはフックする・・・?

皆さんこんばんは月

本日も訪問ありがとうございます笑顔

先日ラウンドレッスンに行ってきましたゴルフ

毎度のことではありますが、希望丘カントリークラブで行いました朝日

生徒さんの中には、希望のない丘と呼んでいる人もいますウインク

以前もお話しましたが、このコースはハザードの配置に富み、ある程度

アンジュレーションがあるので、レッスンには最適なコースですOK

今回、テーマとなったのは斜面です笑顔

その時のお話をしたいと思います笑顔

まず、1つはつま先上がりでした!実際につま先上がりで、スクール生

に打ってもらいました。ところがどうでしょう?

基本的に、ボールは左に(フックボール)飛びやすいので、右に向いて

打つというのがセオリーなのですが、どうでしょう?

ボールはまっすぐ飛んでいってしまい、更に右の急な斜面に行ってしまったのです落ち込み

原因を究明しますと、物理的には、つま先上がりの斜面にソールを合わせて構えると

ロフトにより、クラブフェースは左を向いてしまうため、左に飛びやすいのですが、

つま先が上がっている分、クラブを短く握って構えた時、斜面に合わせず、クラブ

フェースの、ヒールを浮かして構えてしまうと、ボールは左には行かず

まっすぐ飛んでしまうことがあります。

細かい事ではありますが、構えるときに、ソールの置き方に注意し

意味を把握して、斜面に沿ってソールを置き、素直に左に

行くことを想定して打つのか、斜面に沿わず普通に構え、真っ直ぐに狙うのかを

決めた上でストロークしましょう!

つま先上がりは、左に行くとは限りませんので注意しましょう笑顔





オンライン雑誌ストア「Fujisan.co.jp」のゴルフ雑誌




【このカテゴリーの最新記事】

この記事へのコメント