2017年07月06日

市場・競合との関係から、自社のチャンスを見出す4つのフレームワーク-2

5つの競争要因を分析し収益性向上を図る


マネジャーは競合他社を抑えて、高い収益性のある事業を実施していくことが求められます。どのような製品を、どこへ、という戦略は、企業がどの業界に属しているかによってあり程度決まってきます。


自分の属する業界の収益性と収益構造を知り、その分析結果に基づいて、チームとしての目標を達成をどのように進めるか?という戦略策定が必要です。このように、業界の収益性と収益構造から自社の競争戦略を分析する為のフレームワークを、「ファイブフォース分析」といいます。


ファイブフォース分析は、アメリカの経営学者である、マイケル・ポーターによって提唱されたフレームワークです。

ファイブフォース分析では、業界の収益性を決定する「新規参入の脅威」、「競合企業との敵対関係」、「代替製品・代替サービスの脅威」、「売り手の交渉力」、「欠いての交渉力」という5つの競争要因を分析し、業界における収益性を把握します。


曽於結果、自社にとってもっとも有利に参入できる業界はどこか、また業界の中でどのような競争上の立場をとるかを明確にすることができます。(市場全体におけるポジショニングと業界におけるポジショニング)


新規参入の脅威

業界に新規企業が参入する脅威。これが強いと市場シェアが奪われて収益性を悪化させる要因となります。新規参入のおきやすい業界では、熾烈なシェア争いがあり、高い収益性を維持することが困難になってきます。


代替製品・代替サービスの脅威

既存製品に取って代わる代替製品によって、既存製品を扱う企業の収益性が減少します。ですから、既存製品・代替サービスが出現する脅威を考慮する必要があります。


売り手の交渉力

売り手とは、原材料や製品を供給する者。業界が売り手が少数である供給不足の状況では、売り手の交渉力は強くなり値付けなどにおいて売り手の条件に従うことが多くなるでしょう。


買い手の交渉力

買い手とは、製品やサービスの購入者です。買い手の交渉力が強い業界において、供給者間の競争は激しくなり結果、収益にも営業します。


競合企業との敵対関係

競合企業との敵対関係はその業界の競争関係そのものです。競合企業の数や多様性から、どの程度の脅威があるかを検討します。



このような5つの競争要因を分析して自社のポジションを決定します。ファイブフォース分析を行うにあたり、分析対象を明確にしなければならないことに注意が必要です。







2017年03月05日

市場・競合の関係から、自社のチャンスを見出す4つのフレームワーク-1

企業は、経営資源を活用して作り出された製品やサービスを市場に供給して、競合他社との競争に勝ち続けなけ、また顧客からの支持を得なければ存続し続ける事は出来ません。


マネジャーは自チームの問題発見・戦略策定を行なうにあたり、このようなビジネスの基本構造を念頭に置かなければなりません。


基本構造を解析し、ビジネスチャンスを見出す為のツールとして4つのフレームワークを取り上げます。

  1. 3C分析
  2. SWOT分析
  3. ファイブフォース分析
  4. PEST分析


それぞれの分析方法と特徴を説明します。


新規参入分野の決定する為の環境分析


これは「3C分析」といい、自社を取り巻く外部環境と自社を分析する事によって、協業他社との過剰な競争を避けながらの自社製品・サービスを適切に顧客に提供する方策などを分析するフレームワークです。


3Cの意味は、Customer(市場・顧客)、Competitor(競合他社)、Company(自社)の頭文字をとったもので、この3点を分析します。

外的要因として2つの「C」

@市場・顧客 = 自社が供給する製品やサービスに対する顧客のニーズとその変化を分析します。その際は、洗剤顧客についても考慮する必要があります。
あわせて市場規模、市場の成長可能性なども分析をします。

A競合     = 競合他社の分析として、競合の数、競合の提供する製品・サービスの特徴、競合の市場シェアや売上、顧客数、市場・顧客に対してどのように対応しているのかなどを把握します。
自社のビジネスにとっての脅威度を分析します。


内的要因として「C」

B自社     = 自社製品・サービスの売上高、粗利率、顧客数、原価率などの経営指標のほか、自社の経営資源、ブランドイメージ、技術力を分析して、競合との関係における自社の強みと弱みを分析します。


3C分析は、新規事業を立ち上げたり、新商品・新サービスを開発して市場に投入しようとする場合などに利用できます。例えば、新商品の開発にあたり、顧客ニーズに合致しているか(市場・顧客)、競合他社が供給している商品に比べて新規性や高い品質を備えているか(競合)、自社の強みを生かせるか(自社)といった点を検討します。


また、従来行なってきた事業やサービスなどの、廃止・撤廃の検討をする際にも用いることができます。


事業を機会、脅威、強み、弱みから行なう分析


この分析を「SWOT分析」といいます。マネジャーは、組織の外部環境を分析して、自社にとってチャンするある分野で最大限の効果を発揮できる戦略を考えなければなりません。


外部環境と組織内部の関係を分析する事で、ビジネスチャンスを見出すというフレームワークがSEOT分析です。「スウォット分析」と呼びます。


SWOT分析では、自組織の強みと弱みを把握し、ビジネスの機会(チャンス)と脅威(ピンチ)を分析して、どのような事業に進出すべきかを決定するのに役立ちます。


目標達成の具体的な方向性や成功要因を考える際に、利用する事ができます。


SWOT分析の意味

組織の事業運営に関する要素を、強み(Strengths)・弱み(Weaknesses)・機会(Opportunities)・脅威(Threats)に分類して、それぞれの要素を洗い出します。

強みと弱み

強みと弱みは、組織の内部環境に関すること(内的要因)であり、競合他社との関係で、自社の経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報の優劣を評価するものです。


機会と脅威

機会と脅威は組織の外部環境に関すること(外的要因)です。組織の外部環境である、政治・法制度・社会環境や一般消費者の同行に関する状況に加えて、競合他社や市場動向などについて「有利なのか」を評価するものです。


外部環境とは、広範囲に状況を分析する事もできる反面、限定した範囲に偏ってしまうと漏れが生じやすくなります。そこで、分析はMECEのフレームワークにしたがって行ないます。


また、ファイブフォース分析やPEST分析などのフレームワークは、各要素がMECEになっている為、うまく活用し重複や漏れがない効率的な分析が可能となります。


SWOT分析を利用した方策

SWOT分析は、目標達成の為に、いかなる経営資源をどのように投入していくべきかを考える際に有効なツールです。


ある目標の達成にとっては「強み」である項目だったとしても、目標が異なれば、弱みにもなりえる事に注意が必要です。



→ ファイブフォース分析とPEST分析







プロフィール
【国政・経済に恐縮ですが
モノ申してよいか?】



知識・スキルの販売サイト【ココナラ】
管理職マンさんの画像
管理職マン
地元中小企業の管理職。課長という立場。チームの再編を経て、課長代理と主任の二人を部下に。30代半ばにして、若干失速気味。部下の育成に手を焼いていると認識している今日この頃。 業績貢献と社員の育成、マネジャーはやることいっぱいですね。
プロフィール

ビジネスマネジャー検定試験公式テキスト

<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
お探しの窓

【勉強サプリ】

目指せ!輝くマネジャー!
なーたのうたさんのブログ
事務所でニッチなかべ新聞

息抜き!お紅茶マネジャー!
ダサい男さんのブログ
ダサい男と紅茶女子日記

実録!小遣いマネジャー!
ヒモタヌキ父さんブログ
暴走する小遣い

マネジャー!?がんばるOL!
乃苺さんのブログ
商社仕入担当のつぶやき

カテゴリアーカイブ
ファン

参加ランキングを見てみる↓ひらめき にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村
------------------------------
このブログはファンブログです。 始めてみようと思う方はバッド(下向き矢印)