2016年07月19日

シンプル イズ ベスト




今回は初心に戻って、株式の売買について考えて見ます。私が相場の世界に
足を踏み入れてから、もう20年以上になります。振り返ってみると、あっと
言う間ですね。よくここまで市場から退場を食らわずに来れたものだと、感心
というか冷っとします。

我々の世代、所謂「団塊の世代」というやつですが、この頃の世代の人間は、
物を覚える時に、人に教わるというよりは、先ずは本等である程度のアウトラ
インを勉強して、そして本格的に実践に入るという人が多いと思います。
勿論最初から先輩や師匠に教わる人もいるでしょうが、そういう人は少数派で
幸せな部類だと思います。何せ受験戦争がその典型でしたから。

前にも書きましたが、私の株式投資スタートもNTTの株式発売の時でしたが
、先ずは多くの本を読んで勉強し、証券会社の営業に騙され、セミナー等で成
果の割には高い授業料を払って、多くの失敗を繰り返しながら進んできました。
最初は投資本の良し悪しもわかりません。9割以上の本が効果の無い事も、1
冊1冊読破実践して理解しました。証券会社の営業には、何度も高値を掴まさ
れました。セミナーでは徹底的にぼられました。こうして相場に絶対はないと
いう事を、皆学ばされる訳です。

12392726.jpg
話が横道に逸れましたが、株式投資でも多くの要素があり過ぎる為、売買スタ
イルに関しても苦労します。ファンダメンタルにしてもテクニカルにしても、
バリュー株、成長株、短期投資、長期投資、あり過ぎで聖杯探しに没頭します。
もうこの段階は病気ですね。そして散々痛い目に会って、聖杯はないという事
を身体で理解します。ここまで生き延びられる人は、ある意味大したものだと
思います。

そして今までこびりにこびりついた垢を、剥がす事の重要性に気付きます。銘柄
を、テクニカル指標を、ファンダメンタルや経済指標を絞り込んで行きます。そ
うすると今まで見えなかったものが、見えて来ます。銘柄を1つに、テクニカル
は移動平均線のみ、決算資料と市況の数字のみと絞っていく事で、銘柄特有の癖
が見えて来ます。ラインのクロスよりも、株価とラインの位置関係が重要だと判
って来ます。今は為替の影響が大きいなんて事も、理解できるようになります。

素人は多くのデータがあった方が安心します。玄人はデータがあり過ぎると迷
うので、必要以上を嫌います。1つの手法、1つの指標にとことん拘った方が、
売買スキルは間違いなく上達します。「シンプル イズ ベスト」です。
それでは又。


【相場師朗】 7step株式投資メソッド

紫垣デイトレード塾


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング



マクロミルへ登録














posted by norch at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 売買手法

2016年06月24日

書評−スクラップ・アンド・ビルド




またまた性懲りもなく書評です。今回は羽田圭介氏の「スクラップ・アンド・
ビルド」。内容を良く見ず、ミステリーかと思って図書館で借りた本だったの
ですが、これがまた芥川賞の受賞作で、しかも一風変わった介護ものでした。

私も今年で67歳になり、認知症や介護の対象となる年齢になって、介護問題
も本当に他人ごとではないと痛切に感じるようになっています。40年以上も
サラリーマン生活をし、若さを良い事に不摂生極まりない生活もして来ました
ので、誰でもこの年頃になれば病気の2つ3つあるのが当たり前だと思います。

そういう年代を経て、早い人では60代から要介護になる人もいます。この物語
では、主人公健斗の祖父が介護の対象ですが、長年親族の間をたらい回しになっ
た祖父が、いよいよ最後の砦の長女(健斗の母)の世話になるところから話はス
タートします。

スクラップ・アンド・ビルド

新品価格
¥1,296から
(2016/6/8 11:54時点)



普通は介護というと、病院や介護施設の完全介護が、被介護者にとっては最高の
環境と思われがちですが、実はこの薬漬けを含めた完全介護が、年寄りをいち早く
死に至らしめる最短コースであるという事は、この本を読むまで知りませんでした。
主人公の健斗はこの事を受け止め、自宅介護で未来に何の希望もない、ただ苦痛に
耐えるだけの祖父を何とか楽にしてあげようと、できるだけ完全介護に近い看護で
、祖父の知力と体力を消耗させ、楽にあの世に旅立たせようとしますが、どっこい
いろいろな状況が次々と展開し、話は佳境へと進んで行きます。

また登場人物も皆大変なくせ者で、祖父も口では毎日すぐ死にそうな言葉を口にし
ていますが、誰もいないところではけっこうスタスタ歩いていたり、健斗の母親も
祖父を口汚く罵ったりしますが、実は祖父を思いやっての行動であったりして、な
かなか一筋縄では行きません。当の健斗にしても前の会社を辞め、30歳を前にし
ての実家でのプータロー生活で、落ちてばかりの採用面接にも懲りずに、祖父の状
況を反面教師としたストイックなまでの筋トレ生活を送るという変わり者です。

この変わり者の家族が、祖父のいろいろな事件を通してどうなっていくのかは、読ん
でのお楽しみですが、どこの家でも起こりうる介護問題について、本当に考えさせら
れます。株式投資とは直接関係はありませんが、投資生活においても健康は欠かせま
せん。幾つになっても健康で株式投資を楽しみ、ポックリ行きたいと思うのは私だけ
でしょうか。この物語のしみじみとしたエンディングが妙に心に残りました。
それでは又。

相場ゼミ 2期


【相場師朗】 7step株式投資メソッド

紫垣デイトレード塾


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング



マクロミルへ登録














posted by norch at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2016年05月25日

投資信託アゲイン




このテーマについて今までも何回か書いて来ましたが、時間の経過と共に
対応銘柄も少しづつ良いものが増えて来ましたので、再考してみたいと思
います。

まずは投信の売買手法についてですが、これは当然投資する人の環境によ
って、変化するものと思います。環境というのは投資家の資金力、投資期
間、投資時期、期待リターン等々です。一般的には個人投資家の場合は、
定額の積立が一番かと思います。何故かと言えば一旦月々の購入額を決め
てしまえば、後はお任せで比較的手間が掛からない事と、ドルコストの恩
恵を受け易い等の理由からです。

次は、年間何回かある暴落時にまとめて買う方法もあります。この場合で
も一括では買わず、必ず分割して買う事が必要です。どこが天井で、どこ
が底かは過ぎてみないと判らない以上、一括で買う事は大変危険です。但
し積立と雖も、スタートの時期によっては苦労するパターンもありますが、
10-20年というスパンで見れば、まずは安全な手法ではないでしょうか。

無題.jpg

投資期間について、私は基本的に投信の場合は長期の投資期間が前提です。
最低でも10年以上、忘れてしまうくらいでも良いと思います。5年以内の
短期であれば、株式その他で回転させたほうが良いかも知れません。です
からNISAを使う場合でも、今のところ5年でロールオーバーしなくてはい
けませんので、無税というのは魅力ですが、長期投資の醍醐味でもある
複利効果を考えますと、いろいろ検討する余地ありと思います。

さて次は投信の銘柄(商品)についてですが、私は積立でやっていますので、
ノーロードである事、インデックス商品、信託報酬を含む実質コストの安い
銘柄を選んでいます。勿論これだけで全てを決定する訳ではありませんが、
長期投資に於いてはコストは大変重要な要素です。又、銘柄はどんどん条件
の良い物が次々に登場しますし、従来の商品でも競合上コストを下げて来ま
すので、私の場合は乗り換えでなく、今までの物はそのままに新規に条件の
良い商品を加えて行きます。

最近の評判の良い商品としては、ニッセイインデックスシリーズやたわら
ノーロードシリーズ等でしょうか。これらはシリーズ内でポートフォリオが
組めるくらいの、多くの銘柄が出ています。私の場合はいろいろ試した経験
から、国内株式、先進国株式、国内リート、先進国リート、バランス型の5
種類で、債券やコモディティーは入れておりません。それと今までインデ
クス投信の話ばかりして来ましたが、アクティブ投信の中にもひふみ投信や
さわかみ投信のようなまじめな商品もありますので、いろいろさがしてみる
のも、面白いかと思います。

いずれにしても投信の場合は、じっくりと落ち着いて時間を味方にやる事が、
大変重要かと思います。
それでは又。

相場ゼミ 2期


【相場師朗】 7step株式投資メソッド

紫垣デイトレード塾


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング



マクロミルへ登録






posted by norch at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識
紫垣式「5つの株トレードメソッド」
ファン
プロフィール
norchさんの画像
norch
43年勤めた会社を退職し、趣味でやっていた株式投資三昧の毎日。そんなに贅沢し美食したわけでもないのに、50歳から痛風予備軍と高血圧症。長年の医者通いにうんざりし、医療費節約も兼ねて、薬の個人輸入を始める。
ブログ
プロフィール
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
リンク集