2016年05月25日

投資信託アゲイン




このテーマについて今までも何回か書いて来ましたが、時間の経過と共に
対応銘柄も少しづつ良いものが増えて来ましたので、再考してみたいと思
います。

まずは投信の売買手法についてですが、これは当然投資する人の環境によ
って、変化するものと思います。環境というのは投資家の資金力、投資期
間、投資時期、期待リターン等々です。一般的には個人投資家の場合は、
定額の積立が一番かと思います。何故かと言えば一旦月々の購入額を決め
てしまえば、後はお任せで比較的手間が掛からない事と、ドルコストの恩
恵を受け易い等の理由からです。

次は、年間何回かある暴落時にまとめて買う方法もあります。この場合で
も一括では買わず、必ず分割して買う事が必要です。どこが天井で、どこ
が底かは過ぎてみないと判らない以上、一括で買う事は大変危険です。但
し積立と雖も、スタートの時期によっては苦労するパターンもありますが、
10-20年というスパンで見れば、まずは安全な手法ではないでしょうか。

無題.jpg

投資期間について、私は基本的に投信の場合は長期の投資期間が前提です。
最低でも10年以上、忘れてしまうくらいでも良いと思います。5年以内の
短期であれば、株式その他で回転させたほうが良いかも知れません。です
からNISAを使う場合でも、今のところ5年でロールオーバーしなくてはい
けませんので、無税というのは魅力ですが、長期投資の醍醐味でもある
複利効果を考えますと、いろいろ検討する余地ありと思います。

さて次は投信の銘柄(商品)についてですが、私は積立でやっていますので、
ノーロードである事、インデックス商品、信託報酬を含む実質コストの安い
銘柄を選んでいます。勿論これだけで全てを決定する訳ではありませんが、
長期投資に於いてはコストは大変重要な要素です。又、銘柄はどんどん条件
の良い物が次々に登場しますし、従来の商品でも競合上コストを下げて来ま
すので、私の場合は乗り換えでなく、今までの物はそのままに新規に条件の
良い商品を加えて行きます。

最近の評判の良い商品としては、ニッセイインデックスシリーズやたわら
ノーロードシリーズ等でしょうか。これらはシリーズ内でポートフォリオが
組めるくらいの、多くの銘柄が出ています。私の場合はいろいろ試した経験
から、国内株式、先進国株式、国内リート、先進国リート、バランス型の5
種類で、債券やコモディティーは入れておりません。それと今までインデ
クス投信の話ばかりして来ましたが、アクティブ投信の中にもひふみ投信や
さわかみ投信のようなまじめな商品もありますので、いろいろさがしてみる
のも、面白いかと思います。

いずれにしても投信の場合は、じっくりと落ち着いて時間を味方にやる事が、
大変重要かと思います。
それでは又。


【相場師朗】 7step株式投資メソッド

紫垣デイトレード塾


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング



マクロミルへ登録






posted by norch at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識

2016年05月02日

書評−終わった人




またまた書評ですが、今回は内館牧子さんの「終わった人」です。この本で
感心したのは、内館さんてもちろん女流作家さんですが、よく男性の、しかも
60過ぎのジジイの心理を見抜いているなという事でした。当然膨大な資料集
めやインタビューなど行ったと思いますが、それにしてもジジイの痛いところ
を、容赦なく突いてくれます。

この本は言ってみれば「定年小説」ともいうべきものです。私も約3年前定年
を迎えましたので、一々この主人公の田代壮介に自分を重ねて、皆一度は同じ
ような考えに支配されるものなのだという事を、妙に納得して読んでしまいま
した。

終わった人



まずはサラリーマンの場合は仕事がなくなる喪失感です。なんだかんだ言って
もサラリーマンのアイデンティティは会社であり、地位であり、仕事に対する
プライドです。それが一気に無くなるとという事は、自分の全人格をそれこそ
全否定されるに等しい事です。とても趣味や習い事などで代替えできるもので
はありません。仕事以外の何をやっても物足りない状態で、毎日の自分なりの
生活に慣れるまで、結構苦労します。

次には他人との接触の機会が現役時に比べて著しく少なくなるので、他人との
渇望感を埋めたくなります。ちょっとした人の行為が身に沁みます。主人公も
カルチャーセンターの受付嬢久里に思いを寄せ、自分なりにスケベ根性を出し
ていろいろ誘いますが、何せ世間手を気にする小市民ですから、思い切った事
はできず、恋愛も成就しない結果となります。この辺の描写も妙に説得力があ
ります。

一般的に定年後は仕事も限られた職種しかなく、なかなか再就職も難しいもの
ですが、主人公の場合はスポーツジムの人間関係から思わぬ仕事に就く事にな
り、それが自分の定年後の人生を大きく変える事になります。詳しくは読んで
のお愉しみという事ですが、人間は幾つになっても学び続けるもので、その為
には、時には大きな犠牲も払わねばならない事もあるという事でしょうか。

主人公も大きな犠牲を払い、妻ともぎくしゃくしていく中で、徐々に自分にと
っての本当の価値観を見出し、自分の当初思い描いていた定年像とは大きくか
け離れながらも、本来の自分らしさを感じられるステージに進んでいく姿が、
すがすがしく描かれています。本当の幸せとは?なかなか論じられませんが、
自分の持っている能力を、自分のできる範囲で、人々の為に役に立たせる事が
できれば、案外充実した老後が過ごせるかもと感じた次第です。
それでは又。


【相場師朗】 7step株式投資メソッド

紫垣デイトレード塾


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング



マクロミルへ登録






posted by norch at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2016年04月02日

書評−定本酒田罫線法




本日は不朽の名著、林輝太郎氏の「酒田罫線法」について、自分への
確認も含めて考察してみたいと思います。1回で説明し切れない内容ですが、
概要という感じでご了承下さい。

酒田罫線法は庄内米の積出港のあった秋田県酒田市が発祥の地で、本間宗久
の考案と言われていますが、実際には諸説があるようです。その特質としては
  @日足を用い
  A新値を数え
  B順張り、逆張りの両方を活用する
  C大勢はほとんど無視し、中勢を狙い
  D理論を欠き、経済的統計を重要な根拠としている
というものです。

定本 酒田罫線法

新品価格
¥5,242から
(2016/3/27 12:57時点)



酒田罫線では新値は陰陽線とも3本までというのが基準で、新値5本までで約
95%が終わるという統計を根拠にしています。そして陰線陽線の線の形と、
2本以上の線の組み合わせ(線組)によって、相場の強弱を判断していきます。
そして買い線と売り線の型という組み合わせにより、売買のタイミングを図って
いくというものです。

酒田罫線法というと、この売り買い線の型が(明けの明星、宵の明星等の)強調
される事が多いのですが、あくまでも新値の本数により判断するという事が基本
です。特に3本、5本が重要で、最大でも新値は13本までという事になってい
ます。

それと順行、逆行という考えがあり、上昇相場では上げが順行、下げが逆行とし
下げ相場では下げが順行で上げが逆行で、売買法としては逆行を分割で仕掛けて
いくというのが基本となります。もし上げ相場なら逆行の押し目新値を分割して
3−5本買い下がっていく。しかも買い下がるほど数量を多くする事で、買いの
平均値を低くするというのが目的です。例えば逆行するに従い1−3−5と買い
下がっていくという具合です。

但しこれは実際にやってみればわかりますが、結構度胸のいる仕掛け方です。です
から最初は2分割1括手仕舞いという方法で、しかも最小取引単位で十分に練習す
る事が肝心です。何年間か練習して、その銘柄の癖や動きを十分確認できるまで
練習する事が、途中退場を食らわない秘訣でしょうか。

いずれにしても酒田売買法は、今日勉強すれば明日から使えるという簡単なものでは
ありませんし、騙しも多くあります。ですから実践しては本を読み返して反省する
という繰り返しを何年もやって、やっと年間で収益が少しづつ出せるようになると
いうものです。しかし一旦体でマスターしてしまえば、これほど心強い売買法もあり
ません。そしてその暁には「株式の売買は技術である」という事が、実感できると思
います。
それでは又。


【相場師朗】 7step株式投資メソッド

紫垣デイトレード塾


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式投資ランキング



マクロミルへ登録






posted by norch at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評
ファン
プロフィール
norchさんの画像
norch
43年勤めた会社を昨年退職し、会社員時代から趣味でやっていた株式投資にますますのめり込む。もっと働けとの女房の小言もどこ吹く風、自由きままな生活を楽しんでます。
ブログ
プロフィール
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
検索
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
リンク集