ファン
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2020年08月25日

育児書を読んでみるなり

お盆は帰省することなくお家で過ごす日々でしたが、 両親達とはテレビ電話をしたのでオンライン帰省というものになりました。


その時に夫のお母さんと育児についての話になり、夫を育てる時に参考にした本などを紹介してもらいました。
IMG_20200825_172335.jpg


さっそくAmazonで購入してくれたので読んでみました。


上中下の3冊セットでかなり読む量が多い本ですが、最初に全部読むな!と書いてありました笑


まず最初に読んで欲しい点と、これからどう読んでいけば良いのかが書かれてあってわかりやすかったです。


それと医学の進歩があるからということで、最初から書かれていなかったり省かれている内容もあり、この本に書かれてあるのはおそらく時代が少し変わっても対応できる内容のように思いました。


実際初版は1967年発刊で、何度も改訂されているそうです。
手元にきたのは文庫本初版2007年のものでした。


上巻は5ヶ月までの育児について書いてあり、


・ 誕生まで
・赤ちゃんの用意
・誕生〜1週
・1週〜半月
・半月〜1ヶ月
・1ヶ月〜2ヶ月
・2ヶ月〜3ヶ月
・3ヶ月〜4ヶ月
・4ヶ月〜5ヶ月


という項目で分かれていました。


項目ごとに内容は以外のようにまとめられていることが多かったです↓


・その時の赤ちゃんはどんな様子か
・母乳育児ならどんなことがあるか
・ミルクでの育児ならどんなことがあるか
・その時期に見られるかわった様子(どんな病気が考えられてどう対処するかなど)
・環境や事故のこと
・集団保育について
・父親に向けて


など簡単にまとめてありました


今赤ちゃんは2ヵ月と20日なので、「2ヶ月から3ヶ月まで」という項目を読みました。


印象的だったり当てはまってるなと思う箇所もたくさんありました笑


・「親指かこぶしを口に入れて吸っている。それは欲求不満ではなく、そうするのが楽しいのである」


・「きげんがいいと、ひとりで何か発音している時間が長くなる」


・ 「前の月に湿疹のできていた赤ちゃんのなかには、この月になると、たいへんよくなる子もいる。だがそういう子には、よく別の症状がおかわりになってでてくる」


・「これが病気でないのは、赤ちゃんがときどきせきをする以外、まったくふだんときげんがかわらないことである」


・「これは湿疹とおなじに、子どもの成長のある時期にあらわれてくる個性にすぎない」


授乳の回数に個性が出てくるのもこの時期だそうで、本当に育児は決まった型はないんだなあと思いました。排泄の個性もあるそうですが、うちは便秘気味のようでした笑


お乳を吐くのは特に男の子に多いそうなのですが、3ヶ月に近づくとおさまってくることが多いそうなので、わが家の赤ちゃんもそろそろ吐くことが少なくなるかなと期待しています。


締めくくりとして


「2ヶ月から3ヶ月という時期も、病気らしい病気はないと思っていい。赤ちゃんの個性にもとづく生理的な状態を、病気として治療しないことだ。」
「赤ちゃんの個性を知る点で、母親におよぶものはない」


とありました。


この本は母親を尊重して書かれていることがよく伝わってきて、疲れていても赤ちゃんを愛したくなる力が湧いてきますねにこにこ


この本と出会わせてくれたお義母さんに改めて感謝でした四つ葉

2020年08月17日

予防接種に行ってきたなり

予防接種に行ってきました。


一度母子手帳を忘れてしまったり、道を間違えてしまって結局10分遅れで着きましたあせあせ(飛び散る汗)

ちゃんと家を出る前に確認してから行くべきでした近いからと気を抜いていましたあせあせ(飛び散る汗)


晴れていてとても暑かったです!🌞15時頃の気温は35度でした。


仲の良いお姉さんママ達に、暑い中での赤ちゃんの外出時の対策を教えてもらっていました。


・保冷剤をタオルに巻いて背中に当てる
IMG_20200817_132828.jpg

・ベビーカーは地面に近くて暑いので抱っこ紐
IMG_20200817_132243.jpg
(赤ちゃん用の虫除けもしていきました)

・日傘をさす、うちわや扇子で扇ぐ
IMG_20200817_142326.jpg


とのことでしたキャラクター(万歳)


日傘をさしながらの扇子は若干慣れが必要だなと思いました笑

持ち物は母子手帳、保険証、医療証の三点以外には、着替えとオムツ、おしり拭きとごみ袋を準備しました。
IMG_20200817_134111.jpg


マスクをしていたのもあって、本当に暑かったです🌞


病院に着いて母子手帳や予診票を出したら、赤ちゃんをパンツ一枚の姿にして待っているように言われました。


その後先生が待つ部屋に呼ばれて、先生に言われるままに赤ちゃんが動かないように抱きながら固定して注射三本と飲み薬一つで予防接種を受けました。


右腕→右ふともも→薬飲む→左腕
の順番でした。


一本目の注射から大泣きしていましたが、終わってから抱っこしていたらすぐに泣き止みました。


終わってカルテにいろいろ書き込んでくださる先生に、赤ちゃんを抱っこしながら予防接種と関係ない質問をたくさんしてきました。


〜今回質問したこと〜


@気になっていた頭の形について


髪の毛がまだ薄いから形が気になるかもしれないけれど、左右対象で綺麗な形はむしろ珍しい。ヘルメットを使った治療は希望してできるものでもなく、よっぽどひどい時にする。


A頭のおでこ辺りの皮膚がポロポロしている


乳児がなりやすい脂漏性皮膚炎。清潔に保つこと。清潔にしてるつもりでも油分の分泌などでなりやすい。 酷くなったり痒がったりしたら薬が必要。


B白湯はお風呂上がりに飲ませた方がいいのか


母乳も水分だから、母乳をしっかり飲んでいるなら特に飲ませなくても大丈夫。


CK2シロップを飲ませる時に哺乳瓶の乳首を使うが、消毒まで必要か


消毒するように指導されるが、先生個人の意見としては、三ヶ月目だし洗って綺麗な所に保管してるなら大丈夫。


D顔に風が当たる時の反応は普通なのか
(驚きながら息を止めるような反応をします)


そんな反応もするだろう。でも不快だろうからあまり風が当たらないようにしてあげて。(気にしたこともないと笑っていました笑。)


〜ここまで〜


先生からは赤ちゃんの全身の皮膚が少し乾燥気味なのでローションを出しておくねと言われました。


注射の後の絆創膏も、血が止まったら取ってよいとのことでした。


いろいろ質問した後に「もう大丈夫?」と聞いてくださったりと、親切に聞いてくれる先生だなと思いました。


顔?雰囲気?が政治家の麻生副総理に似ているような印象の先生でした笑。


お会計でロタリックス2回分の費用約30000円を払って、ローションをもらいました。(ローションは区の補償により費用なし)


初めての注射でめちゃくちゃ泣く姿はやっぱりとても可哀想でした泣き笑い


でも元気な大人になるために打ったと前向きに捉えてこれからも頑張ってもらおうと思います。

2020年08月11日

小児科に行ってきたなり

赤ちゃんの予防接種のスケジュールを小児科の先生と立てるために小児科に行ってきました。


役所から送られてきた冊子によると〜


赤ちゃんは生まれてすぐは母親から与えられた免疫が残っているのですが、生後3ヶ月を過ぎると自然に失われていくため、赤ちゃん自身で免疫を作って病気を予防する必要があるそうです。


そして予防接種のタイミングは感染症にかかりやすい年齢などをもとに決められているので遅らせない方が良いそうです。


なので特に生後2ヶ月から予防接種を受け始めることは大切とのことでした。


法律で受けるように言われているものと、法律では決まってないけど受けた方がいいと言われているものと合わせて何種類あります。


なので夫婦だけではスケジュールを立てるのも難しいなと思っていましたあせあせ(飛び散る汗)


今日は先生と年内の予定を立てましたが、今月から11月まで月に1回のペースで行くことになりました。


たくさん受ける必要はあるけれど、一度に何種類も受けることができるそうで、


8月は
「 ロタリックス(2回必要で1回目) 」、「Hib(4回必要で1回目)」、「小児用肺炎球菌(4回必要で1回目)」、「B型肝炎(3回必要で1回目)」の4種類


9月は
上の4種類の2回目をして、さらに「四種混合(4回必要で1回目)」が増えて5種類


10月は
「Hib(3回目)」、「小児用肺炎(3回目)」、「四種混合(2回目)」の3種類


11月は
「四種混合 (3回目)」に「結核(1回のみ)」が増えて2種類


こんな感じに決まりました!


この中で「ロタリックス」とやらを射つことになりましたが、これは法律で予防接種するように最近まで決められていなかったもので、費用は自己負担でした。


今年の8月から生まれた赤ちゃんは費用がかからないです。先生もあと2ヶ月遅かったら (費用が)かからなかったんだけどねと言っておられました笑


ちなみに「ロタリックス」か「ロタテックス」かを選べることができます。


どちらのワクチンを射つのかを決めるのですが、違いは3つあると教えてくれました。


@ロタリックスは2回飲むワクチン、ロタテックスは3回飲むワクチン
→ ロタリックスの方が早く対策できるという面ではメリット


Aロタリックスは分割でなければ28900円、ロタテックスは分割でなければ27600円。
→どちらも高価だけれどロタテックスの方が1300円安い


B吐き戻したときにロタリックスは1回だけ保証があるがロタテックスはない
→ロタテックスを吐き戻してしまうと1回9000円さらき自己負担費がかかる


吐き戻しても少しでも飲めていたら良いそうなのですが、実際にどのくらい飲めたのか計るのは難しいので〜とも言われていました。


効能としては大きな違いはないそうで、私達は早く予防できるメリットを選んでロタリックスにしました。


何曜日でも予防接種はできるのですが、他の病気の子からなるべつ移らないように、毎週月曜日に予防接種をするようにされているそうです。


最後に先生から、帰りに受付で次回の予約をするときに、お母様から何の予防接種をするかを伝えてくださいと言われました。


時たまお母さん達の中で、完全に病院に任せてしまって何の予防接種をしてるか把握されない方がいるそうで、それは事故に繋がりかねないからと言っておられました。


次回は8/17の14:40の予約ですが、暑い中に赤ちゃんを移動させることになるので、何かしら対策していかないとと思いました。
IMG_20200811_142650.jpg

赤ちゃんをメインに作ったアルバムを両親に送ったのですが、母からは涙が出そうになったと返事がありました。(私は愛されてきたことを思い出して作りながら泣いてしまいましたが笑)

お盆も帰省しませんが、テレビ電話で今ちゃんと幸せに生活している姿を見せてあげられたらいいなと思います。

2020年08月07日

赤ちゃんが生まれて2ヶ月経ったなり

赤ちゃんが生まれて2ヶ月が経ちました。

本当に成長が早く、日に日に大きくなっています。

最初に用意していた新生児用の下着や服、布オムツカバーは小さくなって、大きなサイズに変わりました。
IMG_20200807_214149.jpg

表情も豊かになって、嬉しそうな顔と悲しそうな顔もたくさんするようになりました。

まだ言葉は話せませんが、出せる音がだいぶ増えてきました。

私の手が腱鞘炎になりそうなくらい、体重も増えて、生まれたときの倍の重さにはなりました。

私も授乳にだいぶ慣れて乳首も痛くなくなり、精神的にも産後1ヶ月の時より妊娠以前のような状態に近くなったと感じます。

抱っこの仕方が良くなかったので腱鞘炎気味になり、薬局で手のサポーターを買って、手のストレッチも少しするようになりました。(自分の手は大丈夫だと過信して抱っこしてました)

2ヶ月経ったので、国から乳児の予防接種の案内が届きました。
IMG_20200807_214426.jpg

産んだ病院では、夜の対応がなく入院できないため、助産師さんからはお家の近くで小児科を探すように言われていました。

今回予防接種の案内に載っている小児科から、夫と相談して土曜日対応していて、入院もできる所を探して決めました。

お家の近くにあったので良かったです。電話してみると、まずは今後の予防接種のスケジュールを立てて、その次から注射していく流れだと教えてもらいました。

スケジュールを立てる時間は30分ほどで、赤ちゃんは連れて来なくても大丈夫ということでした。

夫婦で予防接種のスケジュールを立てないといけないと思っていたのでとても助かりました。

ネットでも赤ちゃんの生年月日を入力すると、だいたいのスケジュールが決められるカレンダーが簡単に作れましたが、細かい日まで決めるのは一苦労だと感じていました。

私も親にたくさん予防接種に連れていってもらったんだなと、今まで忘れていたことをまた一つ思い出しました。

もうすぐお盆ですが、コロナの影響で帰省しないことになり、東京に来てもらうことも難しいので、お盆はテレビ電話でおじいちゃんおばあちゃんと顔を合わせることになりました。

今日は親に赤ちゃんのアルバムを送りました。普段から写真や動画をLINEで送ってはいますが、もっと私達のことがわかるように、赤ちゃんの成長を喜んでもらえるようにと思って作れました。

本当に少しずつ親孝行していければいいですね。
検索
最新コメント
予防接種に行ってきたなり(3回目) by 管理人 (10/18)
予防接種に行ってきたなり(3回目) by おにぎりせんべ (10/14)
4ヶ月経ったなり by 管理人 (10/14)
4ヶ月経ったなり by ぽたぽたやき (10/11)
絵本を借りるなり by 管理人 (10/03)
タグクラウド
プロフィール
今も唾液が止まらないさんの画像
今も唾液が止まらない
ホームページを見てくださってありがとうございます! 今まで大きな事故や病気もなく、精神的にも健康で生きてきた中で、初めてつわりで地獄のような経験をさせてもらい、病気の人や苦しんでいる人のためにもっと生きていきたいなと思ったと同時に、自分が親になるということで、幸せな暮らしや夫婦・親子の関係も求めていきたいなと感じるこの頃です。
プロフィール