ファン
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2020年06月28日

作り置きを作ってもらったなり

東京はコロナの感染者が減る気配がまだなくて、その影響で実家の母が東京に来る予定もまた先伸ばしになりました。

出産後に母親がお手伝いに来てもらった人からすると、その時の母親の存在は神様のようだと聞いていたので、少し楽しみにどんなものだろうかと思っていた所はありますが、それよりも母の事情を考えると今回のように無理に来ることはないなと思いました。

孫に会いたい気持ちがあるけれど、母は80代の両親と近くで生活をしているので、感染に対して敏感になっているとのことでした。

母の親を大切にする気持ちは本当に親孝行だなと感心しました。子供ならば父母が重要なのはいつの時代も変わらずですね。

母親の直接の手助けはなくても、母の願いを受けて父がいろんな物を持ってきてくれたり、いろんな人がお祝いをしてくれたり、そして誰よりも夫の助けがとても大きく、感謝なことが多い日々です。

感謝することが多くても、ここ数日初めての子育ての中、洗濯物をする頻度が増えたこともあって、料理する時間が取りにくくなり、ご飯も簡単に食べるようになり、気がつけば自分のシャワーの時間や睡眠時間を削りがちになったところ、やっぱり精神的に疲れがきて良くないと感じました。

私の幸福度が赤ちゃんにも伝わると、読んだ本にも書いてありました。

夫に話した所、今日たくさん料理を作り置きしてくれました。

牛すじ肉を買ってきてくれてめちゃめちゃ美味しく煮込んでくれたり、カボチャとひき肉の煮物を作ってくれたりしました。
IMG_20200628_215412.jpg
IMG_20200628_215232.jpg


この時期の母親が神様のような存在という体験ではないですが、この時期の夫が神様のような存在であることは実感できたのではないかと思いました。

赤ちゃんのために美味しい物を食べてとお祝いをくれたお姉さんや、赤ちゃんのお祝いにおもちゃを選びながらも迷って買えず、またリベンジすると言ってくれたおば様、買い物に便利なマザーズリュックをくれた妹、お祝いしてくれた上司の方々、お祝いと一緒にたくさん野菜をくれた親戚、洋服や絵本、ベビー用品など準備してくれたたくさんの友人、そしていつも変わらず応援してくれる両親祖父母に改めて感謝でした。

夫婦と赤ちゃんのランチョンマットをくれた友人がもうすぐ誕生日なのですが、猫背矯正ベルトをプレゼントすることになりました笑

柔道整復師が考えた 猫背 ベルト 姿勢矯正 サポーター 背筋矯正 男女兼用 (Mサイズ)

新品価格
¥2,780から
(2020/6/28 21:49時点)




また使ってみてどうだったか、本当に猫背が治るか聞いてみようと思います笑笑

2020年06月23日

母乳外来に行ってきたなり

病院で入院中は母乳をあげた後に粉ミルクを足す日々が続いていました。


出産して5日目に授乳前と後で赤ちゃんの体重がどれだけ増えたかで、どのくらい母乳を飲めたかを量ってみたときには42グラム体重が増えていました。


その時体重は約3400グラムで、助産師さんからは平均して一回の授乳で50くらいを11回くらい飲む感じだと教えてもらいました。


入院中最初の2日目までは粉ミルクの量も一回度で飲む量が20ほどで合計120くらいでしたが、3日目以降は一度に飲む量が40くらいになり、合計150〜200ほどあげていました。


退院してからは母乳の回数が増えて、粉ミルクも40〜50を2回か3回を一週間続けていました。


退院して一週間、初めて母乳外来に行ってきました。


もともと入院中に母乳育児についてわからないことが多かったことと、入院2日目にして乳首が痛かったことから今後の母乳育児に不安があったので予約を入れてもらっていました。


入院中、病院が最初に下さった乳首保護クリームは4日目にはなくなり、自費で新しいものを購入するくらい、たくさん塗って保護していました笑


退院後は授乳に慣れてきたためか少し痛みにも強くなってきていたのを感じていました。


母乳外来では、助産師さんと一対一でお話をして、おっぱいの様子を見てもらって、赤ちゃんの体重を量ってから授乳の流れでした。


いろんなことも質問させてもらいました。


ワセリンをおっぱいに塗っても大丈夫か?
→嫌な風に言ってしまうとガソリンのようかものを口にいれることになるので、選択肢があるなら天然由来の羊油などを使ったものが良い
(結局ピュアレーンを買いました笑)
2020-06-23-12-57-03-036.jpg



飲んだあとに自分の指をしゃぶっている時はやっぱり飲み足りてないのか?
→反射で口の周りのものは口に入れてしまう、遊びの一つとしてしてる時もある。でも今の時期は欲しがったら授乳してあげたらよい


一度にたくさん(80とか)粉ミルクをあげてしまっても大丈夫か?
→母乳も一緒に吐いてしまうかもなので 40、50が適正かと。でも欲しがった時は仕方ないのであげてもよい。


寝てる時に急に息が荒くなったりするけど普通なのか、悲鳴のようなものもたまにあげるけど大丈夫か?
→赤ちゃん色してたら大丈夫。ぐったりしてずっと寝てたり飲まなかったり、顔色など悪いときはすぐに病院へ。寝ている時の声などは、夢の中でしゃべっていたりするものも。


他にも沐浴のこと、生活のことなどいろいろ話をしてきました。


おっぱいを見てもらって、授乳には問題ないことを確認した後に赤ちゃんの体重を量ってみました。


退院の時よりも約400グラムグラム増えていて、日で割ると1日に約60グラム増えていました。


順調に育っていてとても安心しました。
母乳も以前より一度に出る量が増えていました。


確かに退院してから母乳パッドをしていない日にTシャツがべしゃべしゃになってしまった日もあったので、出る量は確実に増えているんですね笑


助産師さんから、この感じなら粉ミルクを足さないで母乳だけで大丈夫になる日も近いと言われました。


それから一週間後、初めて母乳だけで過ごせる日がありました。


次の日は一度足したりしながら、無理なく続けていこうと思いました。


私も赤ちゃんも新米なので、上手く出来ないことばかりですが、それを通して学びながら、お互いを許して認め合いながら、絆を深めていけたら良いなと感じます。


夫も授乳中に良くギターを持って歌ってくれたりしているので、感情豊かに育ってくれることを楽しみに願っています。

2020年06月19日

父が命名式をしに来たなり

お家に父が来てくれて、命名式というものをしました
2020-06-19-16-04-35-829.jpg


産まれた子供の名前を紙に書いて飾り、赤飯と頭から尾までついているうなぎを買ってきて食べました


父の知り合いのお婆ちゃん曰く、頭から尾までついている魚を食べるのは、何でも好き嫌いなく食べる子になるようにというおまじないのようなものだそうです(食べるのは大人でしたが笑)


本当は鯛を食べさせてあけたかったらしく、百貨店も何件か見てくれたそうですが売ってなかったので鰻を買ってきてくれました

大きい鰻を2匹買ってきてくれて、1匹で三人前とれたのでもう1匹は冷凍庫で保存したらいいと父は言ってました
IMG_20200618_145503.jpg


命名式の紙は、昔は半紙に書いていたそうですが、今は命名式用の紙がベビー用品売り場などで売っているのでそちらを使いました


母が赤ちゃんがベビー用品売り場で買って送ってくれたものは三枚入りでした


筆がお家になかったので、父が太めのサインペンを持ってきてくれて夫が書いてくれました


産まれた日付、名前、西後に父と母となった私達の名前を書いて飾りました


その後に父が買ってきてくれた鰻を切ってご飯にのせたものと、父が作ってくれたきゅうりとなすのお漬け物をお昼に食べました


父がすっかりおじいちゃんになっていて微笑ましかったです


ちょうど親戚からお祝いのお金と畑で作っている野菜をたくさん送ってくれたものが届きました

水ナス、トマト、きゅうり、玉ねぎ、ニンニクが入っていました

宅配で頼む野菜よりもたくさんの量が入っていてびっくりしました


もう何年も会ってないのにこんなにお祝いしてもらっていて、本当にこれから親戚も大事にしていきたいと思いました

家族や親戚のためにも、より幸せな家庭の姿を見せてあげれるように家族仲良くやっていきたいです

2020年06月16日

退院したなり

無事に母子ともに健康上問題がなかったので、退院しました


来た時は入院グッズのカバン一つでしたが、帰りは同じくらいの荷物が一つ増えていました


試供品がいろいろ入った紙袋をどーんともらったのと、予め病院から準備されていた入院セットの残りと、赤ちゃんに使わせてもらっていた紙オムツの残りをもらって帰りました


入院中に渡された書類もいろいろありました


出生届、赤ちゃんの足型、1ヶ月後健診の書類、私の入院に対する書類、赤ちゃんの聴覚検査の書類
2020-06-15-08-52-09-902.jpg


それと薬剤師さんが直接説明しにきてくれた、赤ちゃんの今後のワクチンの資料や私の退院後のお薬など


赤ちゃんが退院当日にした、足の裏の血を抜いて検査する「先天性代謝異常検査」の結果は1ヶ月後健診の時にわかるそうです


私に出されたお薬は二種類で、自然に切れて縫ってもらったところの痛み止めと、採血して貧血だったので鉄剤をもらいました
2020-06-06-09-31-12-252.jpg


鉄剤は気持ち悪くなる人もいるため、1錠飲んで合わなかったら食事から摂ることになっていましたが、特に気持ち悪くなったり合わないと思うことがなかったのでいただくことになりました
2020-06-08-18-36-12-911.jpg


入院グッズには産褥ショーツや産褥パッド、母乳パッド、授乳で乳首が痛くないように保湿する軟膏などが入っていましたが、軟膏だけは入院中に使いきって新しいのを買いました(産褥パッドはL5枚、M30枚ありましたが調度くらいでした)


助産師さんからは、授乳になれるまではたくさん 塗るのが良い&夏場だとシャワー以外にも一度胸を洗ったりして清潔にしておくのが良いということでした


その助産師さんからはピュアレーンをおすすめされました(入院グッズにはピジョンのリペアニプルというものが入っていました、これも良かったです)

Medela(メデラ)母乳育児 ピュアレーン100 37g [並行輸入品]

新品価格
¥2,440から
(2020/6/16 12:42時点)





入院中は授乳の前に手を洗う以外に、授乳室に入る度に消毒の必要があったので手が少し荒れました


コロナが流行っていなくても、授乳の前は手を清潔にすることを言われました


スマホも雑菌まみれのこともあるので、授乳中触ったりするのも避けた方がいいとのことでした(授乳を終わらせる時に手を口に入れたりするので)


毎回手を洗うのが難しい時のために除菌シートなど持ってきておいても良かったなと感じました(あとワセリンなど手に塗れるもの…)


友達が目や肩こりをほぐすアイマスクやシートをプレゼントしてくれていたので入院中に使っていましたがとても癒されました笑


出産の次の日から首も筋肉痛のようになっていました


お産の時に首を一生懸命あげたからか、授乳で慣れない姿勢をとっているか、どちらもか


入院する時と退院する時だけは夫も病院の中に(産科棟の入り口の前まで)入ることができたので、そこで赤ちゃんと初めて会うことになり、入院グッズなど持ってくれました


夜は夫が親子丼を作ってくれて久しぶりに一緒に食事ができて良かったです


目標の母子ともに生きてお家に帰ることが達成されて感謝でした

2020年06月09日

入院生活をするなり

出産した次の日から5日目まで病院生活になりました


出産の当日は病院のスケジュールは何もなく、何度か検温と血圧の測定、傷口やお腹の様子を見に助産師さんが来られながら、ご飯を食べて休んで終わりました


出産直後に赤ちゃんに母乳をあげさせてもらいましたが、当日はそのあとは一度も母乳もミルクもあげることはなく、オムツなどもすべて助産師さんがしてくださっていました


シャワーも出産当日はなしで次の日から大丈夫とのことでした


一日目は授乳の仕方を教えてもらいながら、初めてミルクをあげたり、ゲップをさせたりしました


1日目は授乳は毎回する度に助産師さんが付き添ってくれました


オムツの変え方も教わってさせてもらいました


夜になって、病院での記念写真を撮ってもらいました


コウノトリに運ばれてきた背景と、6月なので梅雨をイメージした背景、お父さんの面会ができないので「I miss you パパ」と書かれた背景の3種類撮って下さいました


この日から赤ちゃんと同室させてもらい、夜泣きなど経験させてもらいました笑


2日目はアロママッサージをしてもらいました


お部屋を暗くして、好きなアロマの香りを選ばせてもらい、背中をマッサージしてもらって、終わってからもしばらく休ませてくれていました


赤ちゃんの爪も初めて切らせてもらいました
めちゃめちゃ少ししか切らないことと柔らかいことにびっくりしました


3日目は沐浴の仕方を教えてもらいました
この日以外は毎日朝に助産師さんが赤ちゃんの沐浴をしてくれました


小さいので洗い終わるのもすぐでしたが、ちゃんと支えていないとすぐお湯に沈みそうになるので気を付けようと思いました


夜中に出産したのでまる3日目は経ったということで、縫ってもらった糸のつっぱりからくる痛みをとるために先生が抜糸して下さいました


抜糸しなくても良いように、体に吸収される糸を使ってくれていたのですが、お産直後担当してくださった先生がしっかり目に縫ったことによって痛みがあったようでした


抜糸してもらうとひきつれる感じから解放されて少し楽になりましたが、抜糸が痛かったです


寝不足と授乳で乳首が痛いのとお尻の傷がじんじんするのと、ホルモンの影響で3日目から情緒不安定になりやすいのとで夜は疲れを感じていました


4日目は内診がありました
おりものの様子と、エコーで子宮の様子とを見てもらいました


赤ちゃんも検査があり、母子ともに問題なかったので5日目の明日に退院することが決まりました


退院後の説明を受け、1ヶ月後健診の予約と母乳外来の予約をとらせてもらいました


母乳がちゃんと出ているかの確認のために、助産師さんが二人がかりで横たわった私のおっぱいから数分間母乳を出し続けていました


結果的には赤ちゃんがちゃんと加えてくれたら問題なく出続けるとのことでした


浅く加えさせるとそれに慣れてしまうみたいなので、深く加えるまで何度もやり直してやってみることを勧められました


そうしないと赤ちゃんも楽な方楽な方に癖がついてしまうと言われ、人間は努力が必要な生き物なんだと再確認させられました笑


面会に来る人はいませんが、先生、薬剤師さん、助産師さんがたくさん来られるので本当に支えられている入院期間だなあと感謝です


いろんな先生や助産師さんがいるのも個性が見れて面白かったです

病院からお土産という名のたくさんの試供品セットをいただきました笑
2020-06-09-12-49-42-001.jpg


明日は赤ちゃんの足の裏の血をとる検査が午前中にあり、午後に退院することになりました


ちゃんと家族三人で会えるのが初めてになるので楽しみです

2020年06月08日

産まれたなり

本陣痛のように感じることを連絡すると、夫が急いで帰ってきてくれて、タクシーで病院に向かいました

木曜日の夜に病院に着き、助産師さんに見てもらったら子宮口が4センチ開いていました

そのまま入院することになり、ご飯を食べる気になれなかったので持ってきていないことを助産師さんに伝えると、明日の朝までかかることもあるから食べ物はあった方がいいと言われました

病院の売店は閉まっていたので、歩いて10分ほどの場所にあるコンビニまで夫がいろいろ買ってきてくれました

その後モニターをとり、一度お部屋に戻りました

お部屋に戻ってから二回助産師さんが見にこられながら、一人で深呼吸をずっとしていました

お腹は減ってなかったけれど、力をつけるために買ってきてもらったおにぎりを食べてお水もたくさん飲みました

頭の中では、あまり知識がない無痛分娩に次回は臨んだ方がいいんじゃないかという想像と、陣痛のおかげでお産がきている、良い陣痛だ!というポジティブな思いが交互にきていました

陣痛を1分おきごとに感じるようになったのでもう一度内診をしてもらったらすでに子宮口が9センチ開いていました

このときには考え事してたかどうかもあまり記憶にないけれどとりあえず深呼吸だけ意識していました

そのまま分娩の流れになったので厄除け的な意味で準備させてもらったお塩をひとつまみまかせてもらいました


体を後ろに傾ける方が苦しかったので、ずっと三角座りのような、座りながら上半身を前に傾けてやり過ごしていました

なぜかこの頃は頭の中はだいぶ冷静になってきていたように感じました

途中から足をつねって陣痛をやり過ごすようになってしまい、産後足が傷だらけでした笑


破水にすぐに至らなかったのですが、9センチ開いてから時間も経ってきたのでもう一度内診をしてもらったら、その時にパッという感じがして破水したのがわかりました

このあたりからスマホを触る余裕がなくなりました。分娩室に上がっても夫からの簡単なLINEなどはそれまで読めたので力になりました

そこからお産の準備にはいり、陣痛の波が来るときにいきむように言われていきみ、波がきてないときは力を抜き、それを何度も繰り返すうちに頭が出たり引っ込んだりするようになりました

早く会いたいと、苦しいと、親は皆こういう気持ちを通過してきてるんだなということなどいろいろ浮かびました

あと何回かいきんだら出てくるよと言われて信じがたかったのですが、本当に数回したら頭が出て、そのあと体も出てきました


痛い痛いと二回言った記憶がありますが頭が挟まっていた時なんだと思いました


出産後すぐに産まれたことをスマホで夫に連絡したら、助産師さんに冷静だねえ!と笑われました笑


あとは胎盤がずるっと出て、自然に切れてしまった子宮口辺りの傷を先生が麻酔してから縫ってくれました


助産師さんから陣痛が始まった時間を聞かれて、夜中の2時だったのか夕方の4時頃だったのか、判断がつかないことを話すと、特にどちらでもよいみたいで選ばせてくれました笑


夜中の2時からと記録しておくと、大変だったんだねえと言われ、夕方の4時からなら、スムーズに産まれてきたんだねえ、と言われるかの違いだけだということでした笑


迷っていたら助産師さんが、一応夜中の2時からだったことにしておきましょうかと言われたのでそうしてもらきました


傷を縫ってもらったあと、母乳が出たので分娩室で横になったまま左右10分ずつIMG_20200608_152913.jpg
授乳させてもらいました


母乳が出たことも赤ちゃんが上手に吸っていることもとても不思議で神秘的でした

母子ともに生きてお家に帰ることが一番の目標だったので、無事に達成できて本当に感謝でした。

2020年06月04日

前駆陣痛か微弱陣痛がきたなり

昨日前駆陣痛かなと思う痛みがあったまま寝て、夜中の2時頃に痛みがあって起きました


そこから定期的に痛む時間と痛くない時間がやってきたので、初めて胎動カウンターなるものを使ってみました
IMG_20200604_172452.jpg


すると5分〜7分おきくらいに、1分ほど続く痛みがありました


痛みとしては生理痛のしんどいときの、立っているのが辛くてしゃがみこんでしまうけれど話すことはできるような痛みでした


それが朝方まで続いていたので、5時頃になって病院に連絡してみました


2時頃から5時頃まで、痛みの強さが強くなっていないこと、痛みがくるまでの時間も短くはなっていないことから、前駆陣痛と本陣痛かもう少し様子を見ましょうということで、また一時間後に電話をするように言われました


一時間立って、たまに4分おきに痛みがくるようにはなりましたが、痛みに大きな変化はありませんでした


電話では助産師さんから、夜中から始まった痛みは、朝方になって落ち着く場合もあるので、今はアプリもそこまで気にせずに様子を見て下さいと言われました


痛みが変わったり破水した場合はまたいつでも連絡して下さいとのことでした


お昼前になって、寝不足からうとうとし始め、その間も痛みがきたのですが、15分おきなど少し時間の間隔が開きましたが、目が覚めるとまた5分おきくらいに戻りました


お昼にまた電話してみたところ、病院で経過を見ても良いけれど、まだ陣痛でない可能性もあるので、その場合またお家に帰らないといけないこともあると教えてもらいました


なのでもうしばらくお家にいることにしました


午後から夕方にかけて、何度かおしるしがあったり痛みが強くなってきたようにも感じるので、また夜に電話してみようと思います


陣痛に関して、今日はこの言葉が印象的でした↓
【私たちがすべきことは何でしょうか。娘が嫁に行って、つらい陣痛を経て赤ん坊を生みました。赤ん坊を生んだのち、実家のお母さんに何と言うでしょうか。お母さんの手を取って泣きながら、「お母さん。お母さんが私を生むときも、このように大変だったの?」と言いながら、お母さんを慰労してあげなければなりません。】

入院するまえにオリーブオイルが切れそうなので買おうと思います!
我が家ではこちらを購入していますがおすすめです

KIRKLAND SIGNATURE  ピュアオリーブオイル5.4Kg(2.7Kg×2)

新品価格
¥3,739から
(2020/6/4 17:30時点)


2020年06月03日

前駆陣痛について調べるなり

今日は下痢気味で、朝から午後で5回も下痢に近い便が出ました


昨日は便秘で1回も便が出なかったので、出る量は多くないのかもしれませんが、ずっとお腹に鈍い痛みがついてきてしんどいですね


お腹の張りもありながら便が出る時の鈍い痛みがあって、とにかくお腹を暖めていました
(久しぶりにカイロを使いました)
2020-06-03-15-23-38-426.jpg

さすがに便が多くて気になったので、何が原因なのかネットで調べてみました


〜心当たりのある原因〜
@冷えによる下痢
A昨日カレー蕎麦を食べた刺激による下痢
B 前駆陣痛


@
昨日の夜寝る前にお腹をちゃんと暖めずに布団に転がっていた時間が長かったことが1つ目に思い浮かびました


A
夫の職場の同僚の方のお嫁さんも妊娠しているのですが、インド人の方で、インド式の陣痛ジンクスを教えてくれました


・パイナップルを食べる
・パパイヤを食べる
・辛いものを食べる
・運動する、早く歩く
・夫と階段を上り下りする
・温かいお風呂に入る


でした。
なのでさっそく昨日はパイナップルも買って食べていたのですが、お昼にパプリカをたくさん入れた辛口のカレー蕎麦も食べていました


この蕎麦が刺激的だったのかなと思いました


B
前駆陣痛の特徴は様々なようで、足の付け根の痛みや腰痛、生理痛に近いもの、下痢に似たものなどありました


前駆陣痛が1ヶ月前からある人もいれば、全くなく本陣痛がある人もいるとのことでした


私の場合、予定日が近くなってお尻の付け根が痛かった症状も前駆陣痛の一例にあったので、二週間前から実はあったのかもしれないですね


前駆陣痛の頻度や継続時間も個人差がありバラバラで、今日の症状が前駆陣痛かどうかはっきりわからないですが、


もしそうなら、生理痛の時の鈍い重たさと下痢に近いというものが私にも当てはまる症状でした


お腹が張る感覚も今までは何となくこれかな〜と思っていたくらいでしたが、今日はっきり実感しました


お腹の張りの感じ方も人それぞれのようなので私の場合も一例ですが、言葉で表すなら、子宮辺りが重たく感じ、お腹の上の方までパンパンでじんじんするような感じでした


私の母は二人促進剤を利用して出産したので特に何も思っていなかったのですが、周りの意見を聞いていると陣痛促進剤を使わずに出産したいなと思い、夫とも相談した結果、安産灸を試してみようとなりました


東京が子育て世代に支援している利用券で鍼灸もしてもらえるようなので、また近々行ってみる予定です

2020年06月02日

高位破水かどうか検査してもらったなり

昨日の夜、おりものがサラサラで量がいつもより多く感じたので、お風呂に入る前に念のため病院に電話してみました


すると、サラサラは破水の可能性もあるので病院に来て下さいと言われました出る感じが続いているわけでもないこと、明日の検査まで待たずに行った方がいいのかも聞いてみましたが、とりあえず検査してみないとわからないので来てくださいということになりました。


あとは血は混じっているか、お腹は張っているか、赤ちゃんは動いているかなど聞かれました


検査して何もなければそのまま帰り、もし破水なら即入院なので入院カバンも持って来て下さいとのことでした


検査の結果が出るまでに二時間かかること、その間にモニターで赤ちゃんの様子も見ることなど教えてもらいました


夫も仕事から遅く帰ってきて、今からお風呂に入ろうかというタイミングで病院に行くことになったので本当にお疲れ様だったと思います


タクシーを呼んで病院に着き、夜間受付から入って産科棟に向かいました


夫の付き添いは普段病院の入り口までしかできないことになっていますが、電話で助産師さんが「産科棟の待合室で待ってもらって大丈夫ですよ」と言って下さったので、久しぶりに一緒に病院の中まで入りました


破水かどうかの検査は本当に短かかったです笑笑


二時間かかるというのは、破水かどうかの簡単な検査で分かりにくい場合のようでした


簡単な検査は内診の時のように少し奥に検査のために中に入れて、おりものが酸性かアルカリ性かをチェックするというもので、私の場合はその場ですぐ破水ではないとわかりました

サラサラのおりものが出ることもあるし、臨月なので量が増えることもあるのでと言われました

あとはこまめにナプキンを変えてみて下さいねと

その後はモニターで40分ほどいつものように赤ちゃんの様子をチェックして、元気にしていたのでそのまま帰ることになりました
2020-06-01-21-49-18-739.jpg


もともと次の日の朝が健診の予定でしたが、もうそれはなくてよいとのことで、次回は6/5になりました


帰り、病院から駅までのバスはもうないので、病院から駅まで夫と歩いて帰りました


入院カバンが重たかったのですが、夫がずっと持っていてくれて本当に感謝でした


お義母さんからも今回のことを気遣って下さるメールがきて気持ちも少し楽になりました


鈍感なので高位破水になったらまた自分では気づかない気もするので、できたら分かりやすく破水するか陣痛がきてお産になったらいいなと思いました


帰ってきてから夫が、立ち会えないからせめて今日一緒に産科棟まで行けたことが感謝だと言っていて、そういう感謝の仕方もあるのかと感心しました


お騒がせしてしまった申し訳なさもありましたが、こう言ってもらえてまた少し楽になりました

2020年06月01日

高位破水について調べるなり

妊娠後期になると、おりものが増えてくるのと頻尿になって尿漏れをすることもあるらしく、高位破水との違いがなかなかわからないそうです


私もいつもとおりものの様子が違うように感じたので、今日は高位破水について調べてみました


高位破水は破水なのですが、子宮の高い所で破水するために、羊水の出てくる量が普通の破水と比べて少なく、尿漏れと間違いやすいとのことでした


だいたい特徴としてあがっていたのは、
・無色
・無臭or生臭い
ということで、病院に行ってみないと判断がなかなかつけられないようでした


高位破水でも胎動が止まったりするわけではないのですが、赤ちゃんが感染症にかかってしまう可能性が出てくるので高位破水とわかり次第即入院だそうです


そして場合によっては帝王切開になることもあるそうでした


明日健診ですが、夜もおりものの様子が気になりそうなら明日まで待たずに一度病院に電話してみます


私の住む区でも、妊婦さん向けに「育児パッケージ (こども商品券)」というものを準備してくれました


私の住む区では、対象者は区民で妊娠されていて、妊娠期面接を受けた方だそうです。
4月1日から6月30日の間で出産された方も対象とのことでした


今月から申請の案内封筒が 送られてきて、それに書かれてある管理番号によってネットや郵送で受付してくれるとのことでした


陣痛タクシー以外にも使えそうなので、受け取りが出産後になったとしてもとてもありがたいなあと思いました


陣痛タクシーの補助券などについて、区の質問受付のメールで聞いていたのですが、電話に出れないでいたら封筒で返信が来たので少しびっくりしました(メールで返信が来ると思っていました)

今日は出産に入ると夫のご飯を作れないので、いくつか冷凍保存てきるものを作りました


作ったのはお好み焼きと卯の花でした
2020-06-01-18-48-50-805.jpg


お好み焼きは研究室に居たときもよく作りおき冷凍して、お昼に解凍して食べていたのを思い出しました笑(あの時は12枚くらい一度に焼いていました)


入院から帰ってきてからも食事の準備をすることが難しいと思うので、いくつか体によさそうな冷凍食品も頼んでみようかと思います
こちら辺りをまず試してみようかと…↓





何はともあれ赤ちゃんの良いタイミングで無事に産まれてきてほしいですIMG_20200601_184202.jpg
検索
最新コメント
フライパンを買い換えるなり by あゆれでぃおじさん! (09/26)
3ヶ月経ったなり by 管理人 (09/25)
3ヶ月経ったなり by あゆれでぃおじさん! (09/17)
育児書を読んでみるなり by 管理人 (08/29)
育児書を読んでみるなり by いもほり (08/25)
タグクラウド
プロフィール
今も唾液が止まらないさんの画像
今も唾液が止まらない
ホームページを見てくださってありがとうございます! 今まで大きな事故や病気もなく、精神的にも健康で生きてきた中で、初めてつわりで地獄のような経験をさせてもらい、病気の人や苦しんでいる人のためにもっと生きていきたいなと思ったと同時に、自分が親になるということで、幸せな暮らしや夫婦・親子の関係も求めていきたいなと感じるこの頃です。
プロフィール