ファン
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2020年10月23日

「82年生まれ、キム・ジヨン」を読んでみたなり

IMG_20201023_210134.jpg

お義母さんが育児書と一緒に、「82年生まれ、キム・ジヨン」という本も送ってくれましたノート2(開)

82年生まれ、キム・ジヨン




お義母さんからメールで「日本で明日から映画が公開されるよ」と聞いてはいましたが、最近その映画のニュースも目にしたこともあってさっそく読んでみましたにこにこ


私も以前この本は本屋さんで見かけたこともあり少し記憶に残っていましたが、世界中のいろんな国で翻訳されるほどのベストセラーとなっていて驚きました熱


ネタバレになってしまうので、ネタバレが苦手な方はこの記事は読まないで下さい平謝り


主人公はタイトルにある通り、キム・ジヨンという女性。


結婚して出産して育児を始めていた女性が、ある時から少しおかしなことを言うようになって病院を訪れるのですが、そのカルテとしてキム・ジヨンの生まれてから現在までの体験が書かれています。


なので題目は
・二〇一五秋
・一九八二〜一九九四年
・一九九五〜二〇〇〇年
・二〇〇一年〜二〇一一年
・二〇一二年〜二〇一五年
・二〇一六年
となっています。


内容は
現在から一年前のキム・ジヨンの異変に夫が気づいた場面


→キム・ジヨンの出生から小学校までの内容と母親や祖母が受けてきた女性としての生きずらさ。妊娠したけれど女の子だとわかって堕胎することを選ぶしかなかった母親の過去。


→ キム・ ジヨンが中学生になり生理が始まってからのことや女学生が学校側から受けてきた差別や今で言うセクハラ。


→大学生になり就職活動を始めるようになって知る、あまりにも男子が優遇される社会や面接でのセクハラ。


→就職してから知った男子優遇の職務内容や妊娠・出産に対して整っていない制度や妊娠・出産の苦しみに対する理解のなさ。子どもを授かるまでの上の世代の親戚からの理解のなさや、夫も理解の追い付いていない実情。


→現在。カルテとして書き記していた精神科医の話。キム・ジヨンの過去を通してただの産後うつや育児うつでない大きな問題を感じとっていながらも、皮肉にもこの精神科医も今までの慣習に浸かっていることが読書に伝わって幕を下ろす。


公園でコーヒーを飲んでいたときにサラリーマンに言われた「ママ虫」という言葉があり、それを聞いたジヨンが夫に気持ちを伝えるシーンは涙が出てきました涙ぽろり


本当に全ての国の女性が共感を覚えざるを得ない本書ではないかと思います。


また母親という存在が家事や育児をしていく中で感じる苦痛もありありと書かれていますが、親になることについては父親と母親の両方の役割の重要性がもっと広まってほしいと感じます。


赤ちゃんが大人になった頃には、より男女のあり方が誰にとっても生きやすく幸せを感じやすいものになってほしいです。
検索
最新コメント
予防接種に行ってきたなり(3回目) by 管理人 (10/18)
予防接種に行ってきたなり(3回目) by おにぎりせんべ (10/14)
4ヶ月経ったなり by 管理人 (10/14)
4ヶ月経ったなり by ぽたぽたやき (10/11)
絵本を借りるなり by 管理人 (10/03)
タグクラウド
プロフィール
今も唾液が止まらないさんの画像
今も唾液が止まらない
ホームページを見てくださってありがとうございます! 今まで大きな事故や病気もなく、精神的にも健康で生きてきた中で、初めてつわりで地獄のような経験をさせてもらい、病気の人や苦しんでいる人のためにもっと生きていきたいなと思ったと同時に、自分が親になるということで、幸せな暮らしや夫婦・親子の関係も求めていきたいなと感じるこの頃です。
プロフィール