2021年11月02日

「新しい資本主義」

菅内閣が終わり、岸田内閣が発足しました。
衆議院選挙を無事に終えて安定多数となった自民党。
そして、経済対策としてのスローガンが「新しい資本主義」です。
そこで、今回はGoogle先生に「新しい資本主義」を聞いてみました。
新しい資本主義.jpg


検索結果のベスト10は以下の通りです。

新しい資本主義実現会議|内閣官房ホームページ

新しい資本主義」は「新しいバブル」にすぎない | 小幡績の視点

岸田首相の「新しい資本主義」がキモいとしか言えない ...

新しい資本主義 希望の大国・日本の可能性 (PHP新書) | 原 丈人

資本主義の新しい形 (シリーズ現代経済の展望) | 徹, 諸富 |本

郷愁漂う「新しい資本主義」 - 日本経済新聞

岸田政権「新しい資本主義」に必須な「企業と市場」目線

「新しい資本主義」を標榜する岸田首相への苦言「経済を理解 ...

【解説】「新しい資本主義実現会議」これまでの成長戦略会議 ...

続投決めた岸田首相、「新しい資本主義」にどう取り組むのか

これを見るとなかなか批判的なものが並んでいることが分かります。
最初に内閣府の定義を見てみます。

新しい資本主義実現本部/新しい資本主義実現会議
 「成長と分配の好循環」と「コロナ後の新しい社会の開拓」をコンセプトとした新しい資本主義を実現していくため、内閣に、新しい資本主義実現本部を設置しました。
 新しい資本主義の実現に向けたビジョンを示し、その具体化を進めるため、新しい資本主義実現会議を開催します。

ということのようです。
基本的には安倍政権からの、成長と分配の好循環、ということで成長してこそ分配できるという当たり前のことを言っているだけで、何か新しいことがあるとすれば、コロナ後の新しい社会の開拓、の部分にあると思います。
ただ、正直、分配が先行しているだけの感じで、これは公明党の給付金を10万円配るという公約とも関係しますが、安倍政権からの積み残しの、副業解禁、これはきちんと法律で原則副業を禁止してはいけない、申告が必要などという手続きは設けてはいけない、という具体的で強制的に会社などが取り組まざるを得ないようにするもの、などを実践して、お金が稼げる人がより自由に稼げるようにすることが大切です。
もう少し新しいことをやらないとなんだかパッとしないという印象しかないのが岸田内閣の残念なところです。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11069770
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
Photo
最新記事
ファン
タグクラウド
記事ランキング
WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!
プロフィール
Google先生に聞いてみた(無料の先生)さんの画像
Google先生に聞いてみた(無料の先生)
プロフィール
最新コメント