2019年03月31日

クラリネットのリードってAmazonでも買えるんですね!

タイトル通り、クラリネットのリードについてです。



(画像をクリックするとAmazonの商品販売ページに飛びます。)


私は今は吹いていませんが、
以前吹奏楽部でクラリネットをやっていました。


クラリネットやサックスはリード楽器で、
リードを取り付けて吹きます。
そのリードというのは消耗品なんですよね。
定期的に購入する必要があります。

私はリードはたしか学校を通じて買っていたと思うのですが
リードが急に必要になるということも多分ありますよね。
そんなとき、楽器店が近くにないと買うことができません。


でも今何気なく「リード」で検索してみたら…… 出ました!
なんとAmazonにありました。
懐かしのクラリネット用リードが。

評価はとても高く、レビューを見てみると購入する人の多くは
吹奏楽部に入っているお子さまがいる方のようでした。
ネットで手軽に、楽器用品が買えるというのは便利ですね。


さらに調べてみると、
なんと消耗品のリードだけではなく
クラリネット本体まで売られていました。

自分が吹奏楽部員だった頃は金銭感覚がなく、
楽器というのは高いものとだけ思っていましたが
クラリネットはどうも、安いものだと一万円前後で買えるみたいですね!
(安いものはやはり初心者向けのようです)

リードは一箱3000円くらいするし、
楽器のメンテナンス代や維持費はそれ以上にかかってきそうですが……。



クラリネット用のスワブやコルクグリス、
クラリネット・オーボエ・テナーリコーダー・バスリコーダー
などに使えるサムレストクッションもありました!









スワブは、他の楽器用に使っている方もおられるようです。
サムレストクッションは、楽器の指かけに付けて
指の痛みを和らげるためのものです。
クラリネットは重いので、
クッションを付けずに吹くと痛いんですよね……。

Amazonでは、他の楽器や楽器用のものも売られているようでした。
なんでもAmazonで揃えられるなんて、便利な時代になったものですね。


ちなみに、楽器に使われる「リード」の語源は
葦(ヨシ・アシ)だそうです。



ではここで終わります。
最後までお読みいただきありがとうございました!

もしご興味があれば、こちらのページもご覧ください。

 ↓ ↓ ↓

【笑える本】嗚呼、懐かしの吹奏楽部……













この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8682660
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
四月一日さんの画像
四月一日
プロフィール