広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

まなみ
こんにちわ 全てが初体験ですが、周りの人の幸せが自分の幸せと信じ、がんばる人の為に自分もがんばりたい! いろいろアドバイスが欲しいのです。
リンク集
最新記事
<< 2012年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2012年06月20日
介護6
父親は相変わらず飲んだくれて、寝て起きてはお酒のみ
そんな生活を半年も続けています落ち込み

他人を寄せ付けないから、孤独でしょうね、、
話す相手は私だけです困った

こうなったのも、母を癌で亡くしてからです。
癌って治りませんよねーもう怒
私も母親の存在に頼った考え、生活、行動全てをしていたので、つらいです
でも1人者だら、父親のように年金暮らしで、飲んだくれている場合ではないのです
働け びっくりって感じですね,

ですから、朝から晩まで老体にムチ打ってお仕事してます。
では今日も頑張って行って参ります
本日は意味もなく、つぶやいてみました・・・
皆様もがんばってびっくりびっくり



Posted by まなみ at 06:19 | 介護 | この記事のURL
2012年06月08日
介護5
相変わらず、飲んだくれている父親ですがジョッキ
母親が他界して生きる気力が、どうしても湧いてこないのでしょうね、、

飲んだくれては、寝ての落ち込み生活がつづいてます落ち込み
いぜんとして私が何を言っても、怒鳴り散らすだけで、
情けない話ですね悲しい

それでも前は食事を まずいと言いつつも食べていてくれたんですが、
全く食べなくなってしまいましたダメ
きっと、お腹にたまっていて、カチカチなんです。困った

いつか身体を拭くときにビックリしたんです・・・
酵素が効くと思い購入しても本人には全く飲む気なしですから
そのまま放置です落ち込み

私が使ってたりして女の子
寒天をまぜようにも ろくに食事しないから、まぜようがないし、落ち込み

無味無臭の便秘薬でもあれば、お酒に混ぜたり出来るのにと思う今日この頃
このまま食事しないでのんだくれていると・・・
また病院へ逆戻りして、あの時の看護しさんに、やっぱり!
てまた怒られるんですびっくり

でも本人が食べないし、準備はして出勤するんですがごはん
そのまま放置されていて、、
ダメ
介護センターに相談しても、本人を説得してくれないことには、
ヘルパーさんとか看護士さんが訪問されても追い返されるだけです!
て言われるし、私が言っても怒鳴って帰れ!てびっくり

もう私はどうしていいかわからないから、現状維持でやるしかないかなと、
様子をみながら頑張るのみですよね笑顔



Posted by まなみ at 05:47 | 介護 | この記事のURL
2012年05月28日
介護4
親父殿の退院から約5ヶ月が経ちました。

退院する時に看護士さんに呼ばれたのですが、、
お父さんが1人暮らしなら、また食事が不規則になり、体調を崩して
入退院の繰り返しになるのではないですかはてなて言われました。

私は、やはり私がほったらかしていたから入院になり、これからもそうなるでしょびっくり
言われたみたいで、びっくりして悲しかったです。

入院により、なんとなく父親も気弱になったせいか、私と口も聞いてくれるようになったし、
食事の習慣もつけてもらったので、喜んでいたのに、ショックでした落ち込み

介護保険がいつ必要になるかわからないんだから、早めに手続きを
お勧めします、とも言われ、訳のわからないまま手続きにも行きました。

この親子関係は他人から見たら、私が1人暮らしの老人を
ほったらかしているように見えるんですよね落ち込み
育ててもらった親ですから、そんなことする訳はさらさらなく、
でも入院ということで、結果ほったらかしたってことですよね・・・
はい、認めましたすいません今後は絶対このようなことのないように致しますすいません

今回のことは肝に命じたというか、もう何があってもがんばろう!!!と
心に決めた出来事でした。なにをがんばるかはてな
父親の介護です力こぶ力こぶ

また続きますすいません

Posted by まなみ at 11:09 | 介護 | この記事のURL
2012年05月25日
介護3
病院は私が、父親を病院へ入れて、逃げるとでも思ったのか、
次はいつ来れますかはてな週にどのくらい来れますかはてな
仕事は何時まではてな休みははてななどなどひつこくきかれました。

もともと私は、仕事を辞めて母親の介護で病院へも毎日いったし、時間のある限りは、
母のそばにいましたから。
もちろん今回もそうするつもりだったし、家では、父親が何でも1人でやると言い張るし、
私を罵倒するから、放っておいただけで、望まれるなら、喜んで看病しますよね、
自分の親ですから笑い

流石の父親も気弱になったか、
夜中に普段いらいもしない、私が無理やり持たせていた携帯電話ですが。
何故か、夜中に、不安になるのか、看護婦さんが少なくなるせいか、知りませんが、
頻繁にかけてきて、もらしたから替えをたくさん持って来いびっくりとか今持って来いびっくり
とか明日朝一新聞持って来いびっくりとか・・・
私はそう必要とされて嬉しくてがんばりましたよ笑い
あんなに私をよせつけなかった父親が頼りにしてくれて、
まあ私しか頼る人間はいないのですが、

だから、看護婦さんから勧められた初めてのオムツも、どう言おうかと悩んだ甲斐もなく
これは便利じゃびっくりと喜んだりして・・・
もう怖いばかりの父親も老人なんだ、て気がぬける思いでした。

仕事は初めて1年半の朝から事務のパート、夜はホテルのフロントでしたが、辞めるほどではないなと思ったので、時間をずらしてもらったりして
毎日病院へは行きましたよ笑い

食事の習慣もついて完食できるようになったし、年末だったから早々と年内には、
ということで4週間位で退院しました。
が、ここからが新たな私の地獄、父親との新たな戦いへと発展していくのでした。
続く悲しい

Posted by まなみ at 12:56 | 介護 | この記事のURL
2012年05月19日
介護2
2年間、父親は、まともな食事をとらず、お酒を 飲んだくれては寝るといった生活をずっと続けていたんです。
誰とも口を利かず、家に閉じこもり、もちろん私とは、敵対し、
食品を買い置きしても手をつけようともせず、平気で、腐っても知らん顔、
話しかけても、恐ろしい顔をして、怒鳴り、無視をし、おまえなんか大嫌いと言われ、
手がつけられない状況になっていったんです。
私も、どうしていいかわからないし、、
母親の看病で、、仕事を辞めてしまっていたので、1人借金をしながら、マンションがあるし、
父親のように悲しみにくれることも出来ず、働かざるおえない状況だったので、
実家から仕事へ行き、実家に帰り、自分のマンションに帰る生活でした。
マンション維持の為、夜もホテルのフロントで働き、2年が過ぎていったんです。
ある日、父親が、目で私を見ていたので、どうしたのか聞くと、動けなくなった、、、と
すぐ病院へ連れて行きました。母親のいた病院は嫌だと言うので、
ちょうど、土曜日で、他の病院は、閉まっていて、泣きながら、近くの消防署へ行ってました。
事情を話すと、開いている病院を紹介してくださり、急いで、実家へ帰り、父親をひっぱるように
病院へ連れて行きました。
即、入院です。
理由は、きちんとした食事をとる為でした。
病院に事情を話すと、私が白い目でみられました。
何故、ここまで、ほっておいたと言わんばかりに、、食事の習慣が出来て、元気になったら
退院するという約束までさせられました。
病院の気持ちもわからなくはないけれど、
私は、自分が犯罪者にでもなったような、後ろめたい気持ちになると同時に、
もちろん反省もしたし、情けなくって、悲しくて、毎日病院へ行きました。
続くすいません

Posted by まなみ at 11:09 | 介護 | この記事のURL
2012年05月18日
介護
今日はgannbaruのタイトルにした理由といいますか、何を頑張るかびっくり
介護、
ていうところまではいえないけど。。。
母親を亡くして3年経ちました、落ち込み
残された父親と私、最初の3ヶ月は二人で寂しさ紛らす為か、よく食事に外出しました。
、だけど、父親の私に対する態度が、段々とイライラを解消するはけ口かのように、
厳しく、冷たくなり、私も段々と避けるようになっていき、実家には毎日、通いましたが口を利かない日々が過ぎていきました。
2年が経つころ、酒びたりの父親に異変が。。。
続きは後ほど。落ち込み

Posted by まなみ at 10:05 | 介護 | この記事のURL
 

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。