広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

ワードプレス StatPress



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
おはようございます。

昨日は、またまたブログを さぼりました。



  ごめんちゃい


おじんちゃん別サイト充実が 

   おじんの 腐れかかった 脳ミソ の

      5分の2 に なりつつあります…

    が、相変わらず しょぼいです。



ワードプレス の プラグイン

 いろいろあって 使いこなせれば いいなあ 

  T★Mさんや 都築くんなど 

      いろいろな方の ブログを チェックしてみます。



ワードプレス

 StatPress

  Overviewで見た時


   「Last search terms」でのキーワード 


            要注意なのか?



\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
ポジティブランキング ブログ評価中
         前向きドリンク チャージ ♪
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

  ^^^^^^^ 今日の川柳 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


塞翁が馬

人間、良いこともあれば悪いこともあるというたとえ

あまり不幸にくよくよするな、とか幸せに浮かれるなという教訓として生かされる言葉

       人間万事塞翁が馬


(個人の精神修行として、ウィキペディアを参照させていただいております)

国境の近くにあった塞(とりで)の近くに住んでいた翁(老人)は、何よりも自分の馬をかわいがっていた。その馬は、周りからも評判が立つほどの駿馬だったが、ある日突然、蜂に刺された拍子に飛び出してしまう。一向に帰ってこない馬の様子に、周りからは翁に同情するほどだったが、翁は「これがきっかけで何かいいことが起こるかも知れない」とだけ言って、我慢強く待ち続けた。すると、どうだろうか。しばらくして、その馬が別の白い馬を連れ帰ってきたのだ。しかも、その白馬も負けず劣らずの優駿で、周りの者は口々に何と幸運なことかと囃し立てたが、翁は「これがきっかけで、別の悪いことが起こるかもしれない」と自分を戒め、決して喜ばなかった

それから、かわいがっていた息子がその白馬から落ちて、片足を挫いてしまった。周りはまた同じように慰めの言葉を掛けたが、翁はまた同様に「いいことの前兆かも知れない」と告げる。それからしばらくして、隣国との戦争が勃発した。若い男は皆、戦争に借り出されて戦死した。しかし息子は怪我していたため、徴兵されず命拾いした。そして、戦争も終わり、翁は息子たちと一緒に末永く幸せに暮らした

    >>次へ
<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事 ♪
カテゴリー ♪
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。