広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

TEAC A-650 ¥119.500

TEAC A-650
前面操作型2モーターで12月10月発売(1976年の頃です)。
カタチでいえばカセットデッキ
音質でいえばオープンデッキ
カセットデッキという範中にこだわらずに設計するとこうなります。
録音・再生の理想状態をつくるPLLサーボシステム
操作性・耐久性を高めた2モーター
軽快なタッチでテープ操作プッシュボタンオペレーション
音をより正確に捉えるピークレベルメーター
ひととおりのことではすまない方に録音ミューティング機構
TEAC ティアック A-650 ¥119.000でした。
TEACと言えば、オープンデッキが有名でした。
カセットテープでは、録音できない高域もクリアに録音できました。
テープスピードが速い、38cm/sサンパチと言われていました。
今では、オープンデッキ用のテープを量販店で購入することは難しいですが、オークションではまだまだ取引されています。
オープンデッキは、リールが回転していますので、部屋の中で見ていると、それだけで雰囲気が出てきます。
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
   
プロフィール

昔の記事を書いています
古い物が好きで、古い雑誌を見ては懐かしい製品を見つけるとタイムスリップしてしまいます。 使えば使うほど、使い勝手がよくなり、時間が過ぎるほど愛着が沸いてきます。 写真は、現役の頃のMR2です。 現在はメンテナンス中なので、公道は走っていませんが、来春あたりに復活させたいと思っています。
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。