ページ内検索はこちら
棒人間ニュース
【人気記事】
小泉進次郎が年上41才の滝川クリステルとデキ婚!理屈じゃない!
横浜市の新交通システムの逆走事故は自動走行には多くの課題があることを露呈
蒼井優、33歳、妊活のお年頃で妊娠、結婚、休養のパターンだろう
熊本市ではいろんなことがある.女子高生がガールズバーで接客,市議会には乳飲み子と一緒に入場するババア議員もいるところだ
大戸屋のポイントカードが切り替え中、有効期限が一年以内になるという少し改悪
総務省の統計だってデタラメなのに厚生労働省を非難できるのか?
坂上忍が毒舌で嫌われてもバイキングで1日にもらうギャラは120万円以上
小保方晴子のグラビアに需要があるのなら、小保方晴子のヨガのパーソナルトレーナーは商売になる
竹内由恵アナ、33歳が結婚
タグクラウド
ファン
会員数10万人突破!+【タイムチケット】
京の気になるニュース
Google先生に聞いてみた
BBCニュースで英語を勉強しよう
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
stick human's news

2021年02月28日

大久保は今でも現役、ゴールでチームを勝ちに導いた

大久保。
サッカーを昔から見ているひとからすれば今でも活躍しているんだ、という感じ。
Goal.gif

Yahoo!より、
セレッソ大久保、いきなり「ただいま弾」!15年ぶり復帰戦 前半42分にヘッド一撃
2/27(土) 17:03配信
スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/60160edcd7baffeda2da52b5417bad59fa3be91c
記事より、
 ◇明治安田生命J1第1節第2日(2021年2月27日 ヤンマースタジアム長居)

 15年ぶりにC大阪へと復帰した元日本代表FW大久保嘉人(38)が、いきなり開幕戦で今季1号を決めた。

 ホームで迎えた柏戦に2トップの一角で先発出場。0―0の前半42分、右サイドからDF松田が上げた鋭いクロスに反応し、頭でゴール左へとシュートを流し込んだ。

 これが自身にとってJ1通算186ゴール目。C大阪は後半40分にはゴール前の混戦から最後はMF坂元が追加点を奪って2―0で勝利し、開幕戦白星スタート

2021年02月27日

ガースー菅義偉が記者会見での質問を拒否!まともに答えないからなのに最低だ!

ガースー菅義偉というポンコツ大統領。
もういいよ、いらない、税金の無駄。
そもそも、同じ質問が繰り返されるのは、まともに答えないから。
誠実さのかけらもないのはファミリーによる接待攻勢だけで成り上がったから。
新型コロナウイルス感染拡大の帽子もできず、水際対策も間に合わず、変異種がすでに200人。
これはわかっているだけでこの数字であり、専門家ももはやすでに市中感染すると言っているのだ。
国会の答弁も省略するほど総理の器でない菅総理、ガースー。
記者会見もしたくないなら、直ぐに総理を辞任するのが適切だ。支持率ガタ落ちで回復することは2度とない。
ガースーファミリー接待だけで内閣総辞職のスキャンダルだ。
Teach.gif

Yahoo!より、
菅首相、記者団に「同じような質問ばかり」
2/26(金) 22:10配信
産経新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/30265faa96f580eae883b2164bbcadb3a127d54f
記事より、
 菅義偉首相は26日の新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の6府県での解除決定に伴い、正式な記者会見を見送る一方、首相官邸で記者団の質問に答える「ぶら下がり」取材に応じた。記者団に記者会見とぶら下がり取材の違いを問われると、「それは皆さんが考えることじゃないですか」と
 首相はその上で、「まだ首都圏で(宣言)解除の方向性が出ていない。そういう中で、内閣総理大臣として発言は控えるべきだ。(宣言期限の)3月7日まで日にちがある。そこに(残る首都圏1都3県も)解除できるように全力を挙げることが大事なことだ」と
 記者団から繰り返し記者会見を見送った理由を問われ、最後に改めて次回の記者会見では質問を打ち切ることなく対応するかを聞かれると、「だいたい皆さん(質問は)出尽くしているんじゃないですか。先ほどから同じような質問ばかりじゃないでしょうか」と

2021年02月25日

緊急事態宣言の解除で大阪などはリバウンドする可能性が極めて高い!

緊急事態宣言が解除される大阪など。
感染者数の総数しか議論していないが、東京都を見ていても65歳以上の新規感染者数は下げ止まっている。
これは大阪も同様だろう。市中感染が見られることを意味している。
リバウンドは必至だろう。
新型コロナウイルス感染拡大は止まらない。
なぜなら、すでに感染力が5割増しと言われるイギリスの変異株が市中感染しているからだ。
この感染が収まるには半年以上はかかるだろう。
LunchMeeting.gif

Yahoo!より、
宣言解除の検討地域“リバウンド対策”必要
2/24(水) 19:10配信
日本テレビ系(NNN)
https://news.yahoo.co.jp/articles/f52460d41d8491dae1e80bd142f51840bf84da80
記事より、
来月7日の期限を前に緊急事態宣言の解除が検討されている関西圏と愛知県などについて、厚生労働省の専門家の会議は「感染者数がリバウンドしないような対策が必要」との見解を示しました。

国立感染症研究所・脇田隆字所長「(6府県を)解除する場合には新規感染者数がリバウンドしないような対策をしっかり行う。段階的に行っていくと」

専門家の会議は、まず、全国の最新の感染状況について2月中旬以降、感染者の減少スピードが鈍化していて下げ止まる可能性があると指摘しました。

その上で専門家は、歓送迎会や卒業旅行、お花見や宴会などは避けるよう求めています。

バイデン大統領がアベノマスクをコピー!

バイデン大統領。
科学的に政策を進めると言っていたはずだが迷走中。
crowded.gif

Yahoo!より、
米政権が「バイデノマスク」 国産2500万枚無料配布
2/25(木) 9:47配信
朝日新聞デジタル
https://news.yahoo.co.jp/articles/1cd904e29b94a147a936b63173ebffdb723f9ba8
記事より、
 米バイデン政権は24日、新型コロナウイルス対策として、低所得者や人種的マイノリティー向けに布マスク2500万枚を無料配布すると発表した。米国ではマスク着用が政治問題化。バイデン氏は政権発足後100日間のマスク着用キャンペーンを始めており、「バイデノマスク」で後押しする。

 配布する布マスクは米疾病対策センターの指針に沿ったもの。「米国製」を強調しており、洗って再利用できる。低所得者に総合診療を提供する地域保健センターや食料配布を行うフードバンクを通じて、3〜5月に無料で配布するとしている。

 トランプ政権も全国民にマスクの配布を計画したが実施していなかった。バイデン氏は、以前から感染拡大防止のためのマスクの着用を呼びかけており「マスク着用は政治的(行為)ではない。愛国的(行為)だ」と繰り返している。

 新型コロナの感染状況が世界最悪の米国では、アフリカ系やヒスパニックなどの人種的マイノリティーが特に影響を受けている。ホワイトハウスのザイエンツ新型コロナ対策調整官は「全ての米国民がいつもマスクを手にできているわけではない。マスクが平等に行き渡っているわけではない」と話し、社会格差がマスク着用の格差に及んでいると指摘した
タグ:マスク

2021年02月24日

緊急事態宣言が続くのは首都圏のみ、東京オリンピック2020開催のためだろう

緊急事態宣言がいつまでたっても解除されない首都圏。
東京オリンピック2020をまだ諦めていないからだろう。
ぎりぎりまで緊急事態制限を続けて感染者数を抑え込みたいというのがみえみえ。
だが、結局は抑え込めずに経済だけ破綻することになるだろう。
LunchMeeting.gif

Yahoo!より、
緊急事態宣言、首都圏以外は月末解除で調整 週内判断
2/23(火) 6:00配信
朝日新聞デジタル
https://news.yahoo.co.jp/articles/98f3426fdcbb86363963d283231f8799e75cb66f
記事より、
 政府は、新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づいて10都府県に出している緊急事態宣言について、首都圏以外の6府県で先行解除する方向で調整に入った。3月7日までの宣言の期限を前倒しして、2月いっぱいでの解除を想定。専門家の意見を聞いた上で、26日にも決定する
 複数の政府関係者が明らかにした。先行解除が検討されているのは、愛知、岐阜、京都、大阪、兵庫、福岡の6府県。政府は24日に関係閣僚会議や厚生労働省の助言組織であるアドバイザリーボード会合を開くなどして、感染状況などについて意見を交わす。その上で、早ければ26日に専門家による政府の諮問委員会に諮り、対策本部で解除を判断する
 大阪、京都、兵庫の関西3府県は23日に政府に対し、宣言解除を要請する予定。愛知と岐阜、福岡でも解除要請に向けた調整が始まっており、政府は6府県の解除判断を同時に検討

緊急事態宣言の関西の解除は東京など首都圏ではどうなるかという実験のために行うのだろう。
結果は、もう、何度も繰り返されている通りで、またパンデミックになることは確実だ。